宅建試験・2021は今からでも間に合うか(初学者)

今年もすでに5月ですが、今から初学者でも2021年(令和3年)の宅建試験(合格に)に間に合うか?ということであれば、個人的には間に合うと思います。(一昔前より勉強時間を確保する必要はありますが)今年もコロナの影響から10月と12月といったような昨年のように分けたかたちで開催される可能性もあるようですが、12月はもちろん、10月の試験においても5ヶ月あることからです。

ただ、宅建試験は昔より難しくなっている?で書いておりますように、昔と比較すると合格するのはあきらかに難しくなっていると個人的には感じております。
ですので、よく言われるような初心者でも300時間で受かる的な情報はひとまず参考程度にしておき、それ以上(300時間以上という意味)勉強時間を確保することをおすすめします。今から1日2時間の勉強時間を確保したとするとぱっと計算しただけでも300時間以上(10月試験)にはなるはずですので、例えば土日に勉強時間をさらに増やしたり直前期に猛勉強したり、スキマ時間を有効に使ったりし、可能な限り多めに勉強しておいたほうがいまの宅建試験では良いと個人的には思います。

そうすると、350時間とか400時間とかも普通に見えてきますし、それ以上の時間も5ヶ月あれば十分可能です。
※もちろん、少ない勉強時間で受かるのがベストですが、繰り返しになりますが最近の試験は一昔より受かるのが難しくなっていると感じるため、1回で絶対に合格したい!という意味では多くやっておいて損はありません。効率的に勉強し、短期間で受かるのが良いのは間違いないところですが、惜しくも受からなかった場合、来年も受けることにり結果的に試験勉強&合格まで長期化になりかねないからです。

また、権利関係はやや難しい傾向があるので、単純な暗記というよりもある程度最初にテキストを読み込み一定の理解を深めた方が良いのかなと思います。権利関係以外は暗記でゴリ押ししてもある程度良いのですが、権利関係(民法)に関してはそういうわけにもいかない部分、問題も出ているので、そこで理解を深めて点数を取ることができれば他と差を付けられる可能性があります。最近の試験は結構シビア(合格点が38点とかもある)なので、権利関係を完全に捨てるとかなり厳しくなってくると個人的には思います。

もちろん、権利関係だけを勉強しすぎて他を落とすのは配点的にはもっと厳しくなるので、宅建業法は完璧にしつつ、法令上の制限、税その他も可能な限り完璧に近づけ、免除科目の統計を丸暗記した上でというのも非常に重要になります。※丸暗記は面白くはないのですが、宅建試験ではどうしても暗記が多くなってしまいます。

繰り返しになりますが、例えば、昨年の10月のように合格点38点ということになってしまうと、宅建業法とかでは失点がほぼ出来なくなります。(20点中18点以上は欲しいところ)また、宅建業法はしっかり勉強すれば比較的点数が上がりやすいので、恐らく多くの人が結構点数を積み上げてきます。つまり、差が付きにくい場合もあるので難しい権利関係(民法)でもある程度点数をつみあげるしかないというわけです。(※もちろん他にも戦略はあるかとは思いますが、私は上記のスタイルが良いかなと思っています)そのため、勉強のやり方も工夫がより必要だと思います。

なお、具体的なやり方(使用教材など含め)は、ミスが出来なくなりつつある最近の宅建業法の勉強のやり方のページ宅建・独学のメリットとデメリット、使用教材や勉強時間(体験談含む)のサイトも一つの参考にしてみてください。

また、自分に合った勉強方法やより効果的なやり方も全然あるかと思うので、勉強法の本をいくつか読んだり、YouTubeでそれ系の動画を参考にしたりしておくのも良いと思います。ただ、今年受ける場合はなるべくはやく取り掛かることを意識したほうが良いと思います。


久保建英の来シーズン以降に注目したい

記事タイトルではこう書きましたが、もちろん、今季の残りの試合が現時点では最も重要なのでチャンスがあったら可能な限り数字を残して欲しいというのが前提ですが、来シーズン、またはそれ以降についても注目していきたいと改めて思います。(ちなみに今日はも出場すらなかったのでこれでは数字をあげることは出来ないのでやはり今季は厳しい状況ではあります)

この前も久保建英・レンタルでも長めの期間も視野に入れても良いかもしれないの記事でも書きましたが、ある程度腰を据えてシーズン戦い続けるというのは大事だと個人的には思います。

もちろん、こういったことは私がただ個人的なことを書いているだけで、当然ながら久保建英の希望や目標が最も大事なのは言うまでもないのですが、単純な個人的な記事として書いてみようと思います。

まず、理想的なのは何か?と勝手に思う点、妄想的な感じであれば、一番はレアル・マドリーで戦うことですが、それ以外であればバルセロナに移籍というのもほぼ無理であろうとは思いますが理想ではあります。やはり久保のスタイルは確実にバルサに合うと思うからです。
次に、最近少し話題になりつつあるアーセナル行きというのも結構興味深いです。ここ最近のアーセナルはあまり見ていないので完全にはわかりませんが、伝統的にテクニカルだと思うし、プレミアの中では合う方だと思われます。

もちろん、試合に出られるかということになるかもしれませんが、アーセナルであればあえて挑戦するということだと興味深いです。

ただ、他のプレミアリーグのクラブであれば慎重に選んだ方が良いとも思います。フィジカル的な問題もより強く出てくるからです。

また、オランダやイタリアへレンタルで修行というのも選択肢としてはありだとは思います。オランダの攻撃的なクラブであれば恐らくフィットしやすいと思いますし、スタメンで起用されシーズン通して活躍できれば自信も出てきて一気に成長する可能性はありそうです。あとはイタリアで堅い試合をしながら守備面も学ぶというのもありでしょう。(もちろん、守備面であればスペインでも良いですが、いまのところうまくいっていないように見えなくもない)

という感じで、完全に妄想的な記事にはなりましたが、いずれにしても、次の移籍先は十分に検討した上で行くことになるはず(今までもそうだとは思いますが、ある意味うまくいっていない原因もわかったと思うので)なので、久保建英の来シーズン以降にはますます注目してきたいと思います。


ヴィッセル神戸の戦力が強力

最近は毎年のことではありますし、このブログでもちょいちょい書いてはおりますが、今季もヴィッセル神戸の戦力が結構やばいことになっています。アユブ・マシカは既にフィットしつつありますし、リンコンも鹿島アントラーズ戦に途中出場しました。この2人だけでもJの前線では極めて強力だと思うのですが、ここに古橋やドウグラス、郷家友太らもいるし、そもそも中盤やDFラインもかなり強力です。

ぱっと思いつくだけでも、イニエスタはもちろんのこと、サンペール、山口蛍、フェルマーレン、酒井高徳です。また、菊池流帆良いですし、さらには井上潮音、佐々木大樹もからんでくることでしょう。戦力的にはJリーグ屈指ではありますので、戦術がはまって勢いに乗れば爆発する可能性はありそうです。とくにリンコンは試合数を把握した上で15~20点は取りたい的なことを言っていたのでそれを実現してくるとしたら川崎に対抗するクラブとして興味深いことになるかもしれません。

個人的に気になるところとしては、毎年戦力は際立っているし昨年はACLでベスト4になるなど結果を出し始めているが、Jでは最終的にトップ争いは出来ていないという点や前線の戦力が多くうまく使いこなせるのだろうかと個人的には思うところがある点などですが、今年に関してはいよいよ上位進出するのではないでしょうか。リンコンが爆発すれば高い確率で上位進出するはずです。

今シーズンも川崎が強すぎるというのはありますので、リーグ優勝は難しいかもしれませんが、首位争いにからむことは十分に予想出来ます。実際現状も負けは少ない(引き分けが多いが)のでここから勝ち点3を増やしていければすぐに上位に入るとは個人的には思います。

いずれにしても、今季もヴィッセル神戸には注目したいです。繰り返しになりますが戦力はかなり熱いと思います。


久保建英・レンタルでも長めの期間も視野に入れても良いかもしれない

今シーズン、残りの試合で結果を残すこと&チームに貢献(残留など)することに集中することがまずは最も大事なことですが、来シーズンについてはある程度腰をすえてレンタル移籍しても良いのかなと個人的には思いはじめてきました。

もちろん、スペイン以外でも良いですし、スペイン内であっても1年以上、例えば2年とかそういった形も視野に入れても良いのかなと。2年間レンタルでも22歳であることを考えるとその選択肢もありだとは思います。途中で大活躍すれば違う道も出てくる可能性があるようなことはもちろん、やはり2年であれば1年目の起用もチームとして監督も前向きになるはずだと思われるからというのもあります。

やはり、行くとこ行くとこで最初の数試合起用され助っ人としてあまり結果を出せなかったり、守備面での課題が出てくるとスタメン起用が少なくなります。
守備面やフィジカルは久保の課題とはいえ、試合に継続的に出場すれば結果をだしてくると個人的には思います。それがやはり助っ人レンタル選手ということですぐに結果が必要になるわけですし、チームとしても今シーズンしかいない可能性が極めて高い選手であればあまり結果が期待出来なければ自チームの選手を起用するのはある意味当然の流れです。

これがメッシやクリロナ、ネイマール、またはイブラらであれば数試合で結果を出し、さらにゴールをかさねていきチームに貢献するだろうし、そこまでの要求はいまの久保には出来ないとしてもやはりチームの助けという意味では攻撃的選手なので数字が必要にはなってきます。

話がそれましたが、来シーズンもレンタルで修行となると恐らく1年になるのだろうと思われますが、個人的には繰り返しになりますがある程度腰を据えても良いのかなと上記の理由から思うようになってきました。マジョルカの後半戦のパフォーマンスを考えると、下手したらレアル・マドリーでプレー可能だとも思うほどでしたが、ビジャレアル、ヘタフェではあまり思うようにいっていないのはあきらかです。

ゴール数が足りない、アシストが足りない、守備が不安と言われてしまえばそれまでですが、やはりある程度腰を据えて戦えば久保であれば結果は出てくると個人的には思っています。

ただ、まずはヘタフェでチャンスをもらったら結果を出すことに全集中し、最終的にある程度の数字を残してチームも残留してほしいと思います。


よく行っていた病院が閉院になっており意外と色々大変だった

タイトルのままですが、よく行っていた病院が閉院になっていると意外と色々大変だということがわかりました。といのも、新型コロナが流行する前は定期的に行っていた病院(皮膚科)があるのですが、2020年は行く回数が減り、ギリギリまで待って行くという感じで11月か12月かあたりに行ってから行っていなかったところ、つい最近薬がなくなったので行ったところ閉院となっておりました。

それ自体は仕方ないことですが、やはり薬や治療は必要なので別の病院を探して行くことになったのですが、症状をいちから説明し、薬はこれこれを使ったり飲んでいたと伝えたりはしたのですが、やはり医師によっては方針や使う薬が違うようで、以前と同じ薬をだしてほしいと言ったものの、結局一部の必要な薬(自分にとっては)は処方してもらえませんでした。自分はお薬手帳を持っていかなかったのですが、お薬手帳があっても同じようなことを言っていました。(※ただ、お薬手帳は一応持っておりますが、忘れることが多く完全に記載されていない)

また、閉院した病院は待ち時間もあまりなく、院内処方で色々とスムーズでしたが、新しく探して行った病院は非常に混んでおり、混み合っているところで待つのも個人的には嫌なので外で車の中でまっていたんですが、1時間半ほど待った上に上記の通りで、さらに処方箋や会計までの待ち時間も遅く、かなり時間がかかりました。自分にはとてもあっていてその薬を処方してもらえると思っていたのが処方されず、非常に時間がかかるということで今後はどうしようかと現在検討中であります。

また違う病院に行くことにするかもしれませんが、そこでも同じようなことが起きる可能性もありますし、やはりある程度2019年以前のように閉院した病院にいくなりし、閉院の際にかわりの病院などを聞いたりするべきだったと思ったりもします。そして、お薬手帳もきちんと管理しておくべきでした。

もちろん、医師の判断で現在の薬がでたはずなので、それを使用しておりますし、しばらくはそうするつもりではありますが、いつも同じで一定の効果が出ていたという安心感みたいなものがあったため、それが処方されなくてやや困っております。

皮膚科だったのでそこまでの影響はないかもしれませんが、これが例えば心療内科に通っている方などはもちろん、私が個人的に過敏性腸症候群で通院中の病院(胃腸科)であればどうなるのだろうかとふと思ったので(過敏性腸症候群はいまはある程度コントロール出来ていますが、やはりひどいときは生活に影響するので、いまと同じ治療が出来ないとどうなるのかという意味です)、今後はお薬手帳の管理はもちろん、病院が閉院になったらどうするかというところまで想定し生活しようと思った次第です。
※ただ、心療内科、メンタルクリニックなどでは薬が変わったりしたら状況によってはさらに生活に影響があると思われるのでさすがにその場合は話を聞いてくれたりお薬手帳で対応してくれるのではないかとは思います。


色々と改善されつつある

結構最近ですが、スーパーのサッカー台の対策もしてくれるとより良いと思う
という記事を書いたのですが、こちらに関しても私が行くスーパーやドラッグストアではだいぶ改善されつつあるようです。(もちろん何か直接言ったわけではなく自然に色々と改善されていく)

※前にも、アルコール消毒のポンプ式について触る部分が気になっていたのですが、今は足で押すタイプのものや手をかざすだけで出てくるものなど色々と改善されています。

スーパーやドラッグストアのサッカー台に水が置いてあるのですが、それがアルコール消毒に変わっていたり、水とアルコール消毒両方が置いてあったり、エタノール入のものが付着するようにしてあったりと、袋をあけるときにあれこれ考えなくてもすむようになりつつあります。(こちらはあくまでも私がいく店舗ではですが)

上記の記事でも書きましたが、レジ袋有料化でレジ袋を購入したりすることもあるのですが、袋に商品を入れるときに袋をひろげにくく、置いてある水を使用すると楽ではあるのですが、当然皆使うと思うのでそこも汚れていると思われ、神経質な私は出口でもアルコール消毒をまたおこなったり、持参しているアルコール消毒をしたりと手間がかかっていたのです。

同じことを思っている人が比較的いたのか、店舗内でもそのようなことを考える人が比較的いたのかはわかりませんが、数ヶ月経過したいまは上記のとおりアルコール消毒がそばに置いてあったり、水のかわりに使えるようになっていたりと、単純に水を使うよりは衛生面で安心感があるように変更されたのは個人的には良かったです。

また、このような改善は日々行われており、最近はそれらが結構すぐに実行されるようなのでその点も以前と比較して良い点だなと改めて思いました。

 


国際親善試合・日本対アルゼンチン(U24)

連続で代表関連のサッカー観戦が続いていて、こういった状況は久々な感じがしております。

日付変わって昨日ですが、U24の日本対アルゼンチンがありました。結果は0-1で敗戦でしたが、強化という意味では非常に良い試合だったと思いました。アルゼンチンも強化しないとということでかなりガチできていましたし、フィジカル的な面でも日本としては極めて良い経験になったはずです。ここにラウタロらも入ると思われるアルゼンチンはかなり強力なチームで、メダルを狙う日本としてはこの時期にその相手と試合が出来たからです。(五輪が予定通り開催されればというのはありますが、いずれにせよ選手にとってはとても良い経験にはなる)

例えば、三苫がこの試合では持ち味を出しきれないのはJリーグとは全然違うアルゼンチンの守備が原因であるのはおそらく間違いないですし、この体験から三苫は打開策を実行するはずなので経験値は積み重なります。もちろん、試合中にこの強度になれて修正してほしかったのですが、この試合ではほぼ何も出来なかったと見えました。(らしさの少しを魅せた部分はあるので打開してくるはずです)

また、やはりワントップやボランチはやや強度が足りないし、状況によってはここにOAを入れるだろうというのが現実的になってきたと思いました。個人的には大迫と柴崎岳だと思っておりましたが、遠藤航も良いかもしれません。

なお、個人的には旗手怜央はかなり面白い選手だと思いました。昨日は代表(五輪)でもサイドバックでしたが、無難にこなしていたし、技術が高い上にメンタルもタフそうです。身長は低めとはいえフィジカル的にもそこそこ優れていそうだしサイドバックとしてA代表でも計算できると思いました。

そして、相馬は途中から出場して流れを変えられるためメンバー入りは十分ありそうです。


親善試合・日本対韓国

日付変わって昨日ですが、日本対韓国戦があり、3-0で日本が快勝しました。久々の日韓戦でしたがまずは圧勝したのは非常に良かったと思いました。

韓国がベストメンバーではないとはいえ、3-0でほぼ何もさせなかったし、下手したら5-0もありえた試合でした。また、日本も完全なベストメンバーではないはずですが、新戦力が結果を出したのも大きいです。

また、冨安と吉田、遠藤航と守田英正の中央の守備は非常に安定していて、このDF,ボランチの布陣は基本になるかもしれません。もちろん柴崎岳もいるので攻撃的なときは柴崎岳も起用可能ですし幅が広がったのは良いです。

そして、攻撃陣は改めて激戦区ということが明らかになりました。正直今日の布陣(鎌田大地、南野、伊東、大迫)であってもベストメンバーと言えなくもないレベルではありますが、ここに堂安律や久保建英、三苫もいるし、上田綺世、鈴木優磨らもいるからです。もちろんベテラン勢もありえます。そして浅野拓磨はもちろん、江坂や古橋も当然計算できるため前線の戦力はワントップ以外が充実していると言えます。

今後、五輪代表メンバーも入ってきたらどのような布陣になるのかは興味深いです。

今回は親善試合でしたが、ひさびさに代表のしっかりしたサッカーを観ることが出来たなと思いました。


久保建英、数字が出たのは良かった(アシスト)

昨日(一昨日)のヘタフェ対エルチェで久々に先発した久保建英ですが、ひとまず1アシストと結果が出ました。今までも良いプレーをすることはありましたが数字としてあがっていなかったのでひとまず1アシストは良かったと率直に思います。

ビジャレアルでのプレーも入っているので今シーズンはやや難しい展開かもしれませんが、残りの10試合くらい?で数ゴール期待したいところです。色々とプレッシャーはかかっているとは思いますが、ひとまず1アシストついたので個人的にはここから2ゴール3アシストくらいには最終的になってくるのではないかと予想します。期待したいです。

よく考えるとマジョルカでの爆発的活躍をしはじめた昨シーズンの後半戦からまだ1年前または1年も経過していません。(コロナの影響もありますが)サッカーの世界は評価が短期間に変化するし、数字は重要ですが、逆に言えばここから数ゴール、数アシストを付けられれば結果的に再評価されるはずです。


スーパーのサッカー台の対策もしてくれるとより良いと思う

前にも書いておりますが、ここ最近のスーパーは(スーパーに限らず色々なお店も同様)入り口にアルコール消毒があるのは基本になっているのですが、足で踏んで噴射するタイプや手をかざすと出てくるタイプなど手を接触せずにアルコール消毒が可能になっていることが多くなっていて以前より安心感はあります。

※もちろん、以前も手で押したあとに結局消毒するので問題はないとは思うのですが、一度汚れることに個人的に疑問を持っておりました。押す部分は色々な人が押すため。

ただ、もう一点若干気になるところがあるとすると、スーパーのサッカー台です。レジ袋有料化とはいえレジ袋を購入したりすることもあるのですが、袋に商品を入れるときに手間がかかるのです。どういうことかと言うと、シンプルに袋をひろげにくいわけです。水が置いてあることも多いのですが、当然皆使うと思うのでそこも汚れていると思われます。もちろん、手をペロッと舐めるのも衛生的に個人的には無理なのでなんとか自力であけるのですが結構たいへんです。

置いてあるそれ専用の水を利用し、出口でアルコール消毒をして帰ったり、持参したアルコールジェルなどですぐに手を消毒すれば良いのですが、単純にサッカー台にアルコール消毒を置いておけば良いと思ったりします。アルコール消毒で手が一時的に濡れるのでそれでレジ袋をあけやすいはずだと思いました。

細かいかもしれませんが、神経質な私はそこも対策してくれたらより良いのになと最近は結構思います。袋をあけるためだけにアルコール消毒を利用するのはもったいないかもしれませんが、結局は消毒にもなるのである意味合理的だと個人的に思います。