投稿者「yuu」のアーカイブ

久保建英はスタメンで良いと思う

昨日の中国戦は1-0で勝利し、最終予選まずは勝ち点3を獲得しました。連敗はさけられましたが未だに不安は多く、10月の2試合で2勝しておかないとこの状況は続くと思われます。サウジとオーストラリアですがここで1敗でもしてしまうとかなり追い込まれます。やはりオマーン戦の敗戦はしばらくは影響するということです。

ただ、昨日の試合を見ても個々では良くはなりつつあると思います。また、久保建英はやはりスタメンで良いのかなと個人的には思います。次戦は伊東が出場停止ですので堂安律とのコンビでいくのもありなのかなと思います。

どうやら、森保監督は古橋のワントップをやるつもりはなさそうですのでそうなってくると大迫のサブにオナイウが招集されると思われます。また、個人的は岡崎慎司を招集しても良いと思います。岡崎はワントップも可能ですし動き出しもよく何とかポストプレー出来ます。古橋のワントップをしないのであれば明らかに駒不足だからです。

左サイドについては南野がいればひとまず安心ですが、中島翔哉がポルトガルで調子を取り戻せば招集するのもありかもしれませんし相馬や三笘、場合によっては乾あたりまで検討の余地はあると思います。

話が逸れましたが、言えることとしては久保はトップ下でも右サイドでもひとまずスタメン起用で良いということが中国戦で明らかになったとは思います。


またも初戦で敗戦、しかも嫌な予感すらする状況・アジア最終予選(カタールW杯)

昨日、アジア最終予選の初戦であるオマーン戦が行われ、これといって何も出来ないようなひどい内容で何と敗戦というスタートになりました。前回の最終予選も初戦を落としておりますが、その時よりあきらかに内容はなく、今後の展開がかなり心配になってきました。

もちろん、メンバーは強力なので個の能力で勝ち切ることもアジアでは可能な場面もありえますが、戦術的にほぼ厳しく、さらに昨日のような個でも勢いがなく、さらにはコロナ禍もあり多少観客は入りますが、ホームの雰囲気は半減してしまったり、色々と混乱状態であるためこの先に嫌な予感すらする状況に負けたことで一気になってしまった気はします。

当然ながら、最低でも引き分けておくべき試合(普通は普通に勝てるはずですが)で、また、あの時間帯に失点ということで緊張感含めて色々と残念な試合を久々に見ました。

これといってよかった選手もいなかったし、コンディション不良な選手がいたのであるならば、最初から古橋亨梧と久保建英、堂安律を起用しておくべきだったと思います。前回記事にも書きましたが、ワントップにポストプレー的な選手を起用するのであれば、大迫は良いのですが、サブにも同様な選手が必要です。古橋亨梧はそのようなタイプではありませんが、裏抜けやマークを外す動き、得点力があり、中央で起用した方が良かったのはあきらかです。大迫が不調だったのであれば普通に古橋と交代で戦術を変更した対応してほしかったところです。古橋がいくら好調でも左サイドではそこまで生きてきません。

また、鎌田大地もかなり不調っぽく、またそこまでのプレスや体を張るということも見えなかったため、このコンディションであれば最初から久保建英、または後半頭から久保建英で良かったのではと思われます。

あとは、CBは冨安、吉田麻也、板倉滉がおり、今回冨安と板倉滉がいなかった状況でも植田直通や昌子源がいて層が厚いなと思っていたところ、昨日の植田直通のコンディションもかなり悪く、とても最終予選の緊迫した試合で起用できるレベルではありませんでした。このあたりのコンディションの確認等は酒井宏樹の離脱を考えても監督がどこまで把握していたのか疑問が残ります。

初戦にベテランを起用したい気持ちはわかりますが、結果的にコンディション不良もあったりし試合にも負けたのでこの先は思い切った起用方法が必要だと思います。

ということで、ネガティブかつ結果論を書いてしまいましたが、何れにしても最終予選は進んでいくので、まずは中国戦では確実に勝ち点3を取るサッカーをして確実に結果を出すことを期待したいです。もしここで2連敗するとなるとかなり厳しくなり、下手をしたらアジアレベルではこれだけ強力なメンバーを揃えながらワールドカップに出られない可能性も多少考えなければならないかもしれません。

前回も初戦を落としていますが、その後は冷静に確実に勝点を積み上げたので、今回もここから完全に切り替えて本来の強さを発揮して出場を決めてもらいたいです。


強力なメンバーになっている日本代表だけど食い込めるポジションはある

前回の記事(日本代表の前線のポジション争いはかなり熾烈になりつつある)でも書きましたが、現在の日本代表はかなり強力なメンツが揃っていてポジション争いが熾烈になっています。
海外でプレーする選手やJリーグにも良い選手がおり、代表レベルだと思う選手もJリーグ見ていてもそこそこいるのですが、特に中盤で選ばれるというのはかなり難易度が高くなっているとは思います。また、センターバックもいまやかなり強力でサブ含めて揃っているのでここもそこそこ難しいとは思います。

※CBは今回冨安が合流が遅れたり、板倉滉が怪我かもしれないという状況でも吉田麻也、植田がいますし、2018W杯レギュラーの昌子源もいたりします。

しかし、ポストプレー的なワントップ(現状なら大迫のサブ)やGK、サイドバックは今でも活躍次第では全然食い込めると思います。※もちろん、上記で挙げた中盤やCBでも活躍次第では食い込めますが、難易度的なことで書いております。

FWは、古橋亨梧の圧倒的な活躍により現状でもメンツは良いのですが、古橋亨梧はポストプレー中心の選手ではないです。ワントップが古橋で戦術を変更することで良いとも思うのですが、森保監督がどう考えているのかまだわからず微妙なので、ポストプレーが可能で身長もあってフィジカルも強いテクニカルな選手が海外でもJでも圧倒的に活躍すれば食い込めそうです。
オナイウ阿道や鈴木優磨がおりますが、今回は入っていませんし、まだ大迫のかわりは明確にいないと言えるでしょう。

また、サイドバックは酒井宏樹と長友がいますし、山根視来や中山もいるとはいえ、昔の代表のサイドバックの戦力としてはやや落ちるとは思います。以前は長友、酒井宏樹、内田篤人、酒井高徳らといった選手がいて長友も全盛期でしたのでかなり強力ではありましたが、いまは酒井宏樹はまだまだ全然いけるとしても、その他は活躍次第ではポジション争いに食い込めると言えそうです。GKも同様で、確実に絶対的にスタメンという選手がいない気はしています。

そんなわけで、以前と比較してもかなり強力ではあるものの、やはり入り込む余地は全然ありますので個人的にはとくにFWに関しては古橋亨梧を中央起用を試したりすることを期待したいのですが、それをしないのであれば、大迫のサブ、または大迫とポジション争いをする選手の登場に期待したいところではあります。


日本代表の前線のポジション争いはかなり熾烈になりつつある

最終予選(オマーン、中国戦)のメンバーが発表されましたが、率直に言って前線のメンツがかなり揃っていてポジション争いはかなりレベルが高いと思います。
もちろん、最終予選ですので、日本が勝ち進んでワールドカップ出場がまずは最も大事なので誰が出ていても勝てば良いのですが、どのような布陣になっていくのかは興味深いところです。普通のメンバーであれば、大迫、左から南野、鎌田、伊東という感じではあるのですが、久保建英、堂安、古橋亨梧も起用したいからです。
伊東を左にして久保を右に起用するのも考えられますし、鎌田を左気味にして堂安と久保を同時起用というのもやり方次第では可能でしょう。また、古橋亨梧のワントップはなさそうかもしれませんが、個人的にはありだと思っており、その場合大迫が外れる可能性もあるかもしれません。あとは南野も調子は良さそうですが試合に出場していないので久保や古橋、堂安の調子次第では絶対スタメンといえるかはわかりません。もちろんリヴァプールでポジションをつかむほどの高難易度ではありませんが、現在の日本代表の前線も上記の通りかなりメンツが揃っていてそれぞれに特長があるので安泰というのはあまりなさそうです。

個人的な考えで言えば、久保建英と古橋亨梧はスタメンで良いと思っています。伊東はジョーカーまたは左も可能だと思うし、鎌田は両サイド&トップ下全部可能だと思われるのでその組み合わせも試してほしいとは思います。

ただ、最終予選であり、絶対的に落とせないゲームしかないので、ある程度安定したスタメンを組んでくるのだろうとは思いますので最初はいつも通りなのかなと予想されます。

繰り返しになりますが、特に前線はかなりの強力なメンツが揃っていると言ってもよく、ベンチから途中出場を含めて中々頼もしい布陣になりそうですが、森保監督がどのような采配をするかはやはり興味深いところです。


Amazonの梱包と置き配、ポスト投函(主に梱包の件)

先月にもAmazonの梱包が雑になりつつあるで書きましたが、少し前というか昨年から目立っていたことでAmazonの梱包が雑すぎると感じるという不満が個人的に出ていました。※簡単に言えば梱包と配送の質が昔と比較してかなり落ちたと感じる。
そんな中、つい最近比較的高額な商品を購入したのですが、サイズが小さいこともあったのかやはり雑な梱包で、また、置き配にしていたはずでしたが、ポストに投函という形になりました。ポストに入らないと思っていましたが、かなりギリギリに入るサイズのものだったようです。

最近の雑な梱包(簡易的)であるので(個人的には雑に感じるといういみで)、当然ながらポストに投函すれば封筒が多少変形するので商品によっては曲がったりすると思われます。多少のクッションが付いている封筒的な入れ物に何も梱包せずそのまま入れてあるためです。

今回は、曲がったり凹んだりする製品ではなかったということと、幸運にもとくに問題ない状態だったので良かったとはいえ、このような配送スタイルになったのであれば今後の不安はあります。また、気になったので問い合わせもしてみたのですが、商品の金額では判断していないとのことでどのような場合にその梱包方法になるのかよくわからない感じでした。

ただ、同様の問い合わせは結構あるようで、その都度担当部署には伝えているということなのでもしかしたらいつか改善されるかもしれませんが、今のところ何か曲がったり凹んだりする商品(例えば新品のコミックや本など)で傷がつきたくないような場合、またはやや高額なものを買う時はしばらくAmazonで購入するのをやめようかなと改めて思った次第です。

あとは、配送先(お届け先住所)をクロネコヤマトセンターやAmazonロッカーにすると上記のようなトラブルは少ない気もするのでその方法で何度か試してみようとも思います。

どちらにしても、個人的にはですがAmazonで購入→自宅に配送(置き配含め)はしばらくやめるつもりです。


久保建英、マジョルカにレンタルで復帰

久保建英がマジョルカへの復帰(レンタル)が決定したようです。個人的には良い選択ではあるのかなと思いました。

もちろん、噂にあがっていたレアル・ソシエダやその他より強いクラブなどに行き活躍するというのも選択肢としてはありですが、出場時間の多さの可能性の高さや愛着含め色々な角度から判断したのだと思われますし、かなりの覚悟を感じます。

また、レアル・マドリーは良い条件であれば完全移籍で売却ということも出来る的な報道もありましたが、やはり久保をまだ手元に置いて成長を期待していることも改めてわかりますのでやはり今シーズンはほぼ確実に結果を出す必要があるとも思います。逆に言えば、ビジャレアルやヘタフェの時のようになるとレアル復帰自体が難しいとも言えるので、上記の通りかなりの覚悟を持っていると思います。(マジョルカは今季は昇格組で現状はどうしても残留がまずは目標のクラブだと思うのでそこまで攻撃的ではないはずだからです)

前回のマジョルカ時代は久保は18歳でしたが、序盤は多少苦戦したりもしたものの、途中からかなりのハイパフォーマンスモデルを見せて4ゴール4アシストでした。後半の久保の活躍(レアル戦やアトレティコマドリード戦などはとくに)は客観的に見てもすごかったのですが、あのレベルの活躍を全試合で出すのは無理かもしれませんが、あのレベルの活躍を前回のマジョルカ時代よりシーズン通して増やし、少なくとも数字としては前回以上、可能であれば二桁を狙って欲しいと思うし、そのくらい圧倒的な活躍をしないとレアル・マドリーに戻るのは難しいとも言えます。

とにかく、この1年は大きな勝負になるのは間違いありませんが、オリンピックで試合感も戻ったとおもうし活躍(数字も出た)はしたので自信も取り戻しつつあるはずです。とにかく今季の爆発を期待したいです。


3位決定戦、メキシコに敗退・五輪男子サッカー

昨日の銅メダルをかけたメキシコ戦ですが、3-1で負けてしまい、4位でオリンピックが終了しました。もちろん、準決勝進出は立派な成績ですが、やはり観ている側も落ち込みは大きいですね。

負けるとしても僅差だと予想していたのですが、一時は3-0という大差となっていてその時点で厳しいと思いましたが、選手は諦めずゴールを狙い続け最終的には3-1でした。やはりどうしても交代の意図や遅さなどが目立っており、結果論ですが色々と改善点は多いような気はします。

2-0で負けていても銅メダルを絶対取る!という状況なので3点は必要な状態でしたが、後半開始からは旗手怜央を相馬と交代しただけでした。もちろん内部でしかわからない意図はあるとは思いますし、旗手怜央は素晴らしい選手でスタメン起用でも良いと思うほどですが、あの状況でFWを入れない、または攻撃的な選手を増やさないのはやや疑問です。

さらに言えば、この試合は遠藤航も疲労でコンディションが悪すぎなのか非常に悪く、板倉滉を最初から出場させても良い感じでしたし、堂安も吉田も疲れが見えました。コンディション調整というかローテーションの下手さや、サブメンバーの戦力ダウンなど色々な要因はありそうですが、何れにしてもこの試合だけ見れば先発や交代、後半開始の攻め方含め謎は多いです。

三笘と上田綺世が出てきてから状況が変わりましたが、それでも残り30分程度しかなく、ここから3~4点取るのはかなり無理はありました。昨日の三笘は本来の非常に素晴らしい三笘でしたのでこれも結果論ではあるかもしれませんが、スタメン、または後半頭から出した方が良かったと思うし、上田綺世もスタメンで良かったかもしれません。

ということで、非常にネガティブな記事となってしまいましたが、それでも今大会日本の力は示したし、ベスト4進出したということは一定の評価は出来ます。特に選手は非常に頑張っていたし、準決勝までは結果を出していたと言えるでしょう。

コロナの状況だったり、自国開催なのに無観客だったり、と様々な難しい状況での大会だったのですが、最低限の結果は出したとは思います。しかし、これだけのメンツを揃えて準備も恐らく他国より整った上で出来た状態であったが、結果としては目標は達成できなかった(仕方ないとはいえスペインとの差はかなりあった)、また、3位決定戦でも崩れてしまったという事実もあるので反省点をしっかりと分析し、今後に生かして欲しいと強く思います。

個人的には久保建英が試合に出続けたことでコンディションや自信をあげたはずということ、悔しくて挫折を味わったことはある意味今後につながると思いますし、他の若手選手もこの短期間であっても確実に成長したと感じます。

また、このような大会でのコンディション調整・ローテーション、きめ細かい戦い方やしたたかな進め方の重要性が改めて浮き彫りになったことも、早急に改善しなければならないという意味でポジティブにとらえられるとは思います。


2020年から現在で色々と変わったが、髪型も変化

新型コロナウイルスが流行りだしてから色々なことに変化が起きておりますが、髪型もその一つです。(個人的には)

昨年の最初の緊急事態宣言の時は自分でバリカンで丸坊主にしましたし、その後もセルフカット的なことは結構したりしております。また、最近の感染者数が増加したり少し減ってまた増加したり、さらにはここのところの急拡大ということもあって、今は伸ばしっぱなしでロン毛まではいかないもののかなり伸びてしまっています。

もちろん、感染対策をしている美容室がほとんどだし、上手に行けばカットは普通に可能だと思いますし、実際丸坊主にした後は美容室に行っていましたのでそこまで神経質になりすぎているわけでもありませんが、よくいく美容室の切ってくれる人がここのところわけのわからないことを言うようになったのもあり、また、美容室を変更するのに探すのも面倒&コロナ感染者急拡大で今は伸ばしっぱなし状態です。

わけのわからないことというのは、陰謀論というかやばめのオカルト的な話(コロナに関連するものも)がかなり多くなりはじめ、それ自体はその人の考え方だし自由だと思うので良いのですが、考えを強要気味になったり、やたらとしつこかったり(カット中に動画や何かの書物を見せられたりする)、さらには感染対策がおそろそかになったり(鼻だしマスクの上にくしゃみ連発)して、個人的には不快感が出てきたので行くのをやめた次第です。

話が逸れましたが、2020年から生活はかなり変化しましたが、髪型もその一つで、今まで色々とやりすぎていたというのもわかったし、もう若者とは言えなくなっている男の私はそこまでこだわらなくても良いかもという考え方の変化もあったりし、これはこれで(髪型)何とかなると思っています。

近いうちにワクチンの2回目が終わりますが(終わっても当然ながら感染対策は続けます)、それでも上記の美容室にはもう行かないと思うので、(あとはいつかコロナが落ち着いて収束したとしてももう行かないと思う)また気楽に新しい美容室を探してラフにやっていこうとは思っています。


日本、集中して守ったが延長で失点し敗退・五輪男子サッカー

やはり予想通り緊迫した試合となり、さらに延長までもつれ込む展開となりましたが、最後失点してしまい準決勝敗退となりました。

失点するまで一時的に日本のチャンスが続いていたりしたので、ひょっとするとという思いもあったり、PKまでもつれこめば勝てる可能性もまだあると心では思っておりましたのでやはりあの失点は観てるほうもダメージが大きかったです。

ただ、やはりスペインとのクオリティの差はかなりあり、普通に負けたという展開ではありました。回させているというよりボールが取れないという感じだし、あのスペインに対して前線が林の1枚(交代でも上田の1枚)ということになっていたのでスペインもやりやすかった可能性もありそうです。

しかし、それでもいくつかのチャンスはありました。まず林大地は1点は決めて欲しかったし、久保建英もあと1本はブロックされずに枠に飛ばして欲しかった(久保の能力なら十分可能)し、前田大然も決定的チャンスがありました。もちろんスペインはそれ以上にチャンスがありましたが、日本の守備陣は非常に集中していてGK谷も素晴らしい状態だったので大量失点はしない感じでしたので日本が1点取ることができればというのはありました。

そして、延長に入る前の後半試合終了前に堂安がテクニックとフィジカルで独走っぽくなり、たぶん上田綺世だと思いますが、裏を狙っており、そこに出せば可能性がありましたが、明らかに意図的なファールで止められてしまい、その後すぐに試合が終了しましたが、あそこも無理やりパスを出していればと結果論では思ったりします。※もちろん、審判もあとワンプレーくれても個人的には良かったと思いますが。

また、延長に入って堂安を交代させましたが、これも結果論ですがそのまま起用してほしいところでした。久保建英はこの試合も強力な攻撃力を示しましたが、やはりかなり疲労が見えていたので交代は仕方ないかもですが、堂安をそのまま起用していた方がチャンスも作れたはずです。(※追記:なにかの記事によると堂安の体は限界だったようです。代わって正解だったと言っていたような記事を見ました。)

さらに言えば、前田大然をもっと前線で起用して欲しいとも思いました。上田がいたのでワントップではなかったのかもしれませんが、2トップ気味にしても良かったとも思いました。スペインもさすがに疲れていたので前田のスピードは確実に嫌だったはずなので。

ということで、最後はやはりくやしさからかネガティブな文章になりましたが、それでも率直な思いとしては選手はよく戦ったと感じましたし、気持ちも伝わりました。

ここからメンタルをすぐ立て直してメキシコ戦に向かうのは大変むずかしいと思います。もちろん疲労もかなり蓄積されていると思いますし。

しかし、あと一試合、また、オリンピックなので勝てば銅メダルを獲得出来るのでやはりここは何とかふんばって最後もう一度勝ってほしいと思います。

田中碧は非常に素晴らしい選手ですが、さすがに疲労がマックスだと思われますので、ボランチに板倉滉の起用はありだと思います。あとは思い切って三笘をどこかの時間で起用というのも見てみたい気はします。


苦戦したがあと2つ・五輪男子サッカー

昨日のニュージーランド戦はPKまでもつれこむ大苦戦でしたが、勝ちは勝ちでいよいよメダル争いに食い込んできました。
あと2つ勝てば金メダル、とにかく一つ勝てばメダルではあるのですが、ここまできたらやはり目標の金を徹底的に目指してほしいです。このようなチャンスはあまりなく、今回は準決勝がスペイン、決勝がブラジルかメキシコとはいえあと2つというところまできているので何とかものにしてほしいと強く思います。

昨日の試合では大苦戦し、延長を戦った上でのPKということ(疲労)や、冨安が出場停止になるなどネガティブな点もあるのですが、酒井宏樹が復活するはずですし、板倉もいるのでそこまで崩れないはずです。遠藤や田中がカードを貰わなかったのも大きいでしょう。

あとは恐らく、スペイン戦では上田をスタメン起用する可能性もあると思いますが、そろそろゴールを期待したいです。

いずれにしても、次のスペイン戦は昨日より苦戦するのは間違いなく、また、テストマッチを見てもわかるように日本よりレベルが上です。しかし、圧倒的すぎる絶望的な差があるわけでもなく、勝つ可能性は十分あるとは思います。恐らく緊迫した試合になり、ギリギリの1点差勝負、または延長、さらにPKもありえると思われます。

個人的にははどこかで三笘を起用し勝負に出ても良いのかなとも思いますが、左サイドは相馬か旗手をスタートで起用し、途中からという方向になるかもしれません。ただ、ニュージーランド戦でそこまでの働きはなかったとはいえ、瞬間的な輝き、独特なタイミングはやはりありましたし、決定力もあるので個人的には三笘には期待したいところです。

なお、昨日の試合では意外にも日本のメンタル面の強さを感じこのU24の選手も逞しいなと思い始めてきました。