その他・日記」カテゴリーアーカイブ

宅建試験・2021は今からでも間に合うか(初学者)

今年もすでに5月ですが、今から初学者でも2021年(令和3年)の宅建試験(合格に)に間に合うか?ということであれば、個人的には間に合うと思います。(一昔前より勉強時間を確保する必要はありますが)今年もコロナの影響から10月と12月といったような昨年のように分けたかたちで開催される可能性もあるようですが、12月はもちろん、10月の試験においても5ヶ月あることからです。

ただ、宅建試験は昔より難しくなっている?で書いておりますように、昔と比較すると合格するのはあきらかに難しくなっていると個人的には感じております。
ですので、よく言われるような初心者でも300時間で受かる的な情報はひとまず参考程度にしておき、それ以上(300時間以上という意味)勉強時間を確保することをおすすめします。今から1日2時間の勉強時間を確保したとするとぱっと計算しただけでも300時間以上(10月試験)にはなるはずですので、例えば土日に勉強時間をさらに増やしたり直前期に猛勉強したり、スキマ時間を有効に使ったりし、可能な限り多めに勉強しておいたほうがいまの宅建試験では良いと個人的には思います。

そうすると、350時間とか400時間とかも普通に見えてきますし、それ以上の時間も5ヶ月あれば十分可能です。
※もちろん、少ない勉強時間で受かるのがベストですが、繰り返しになりますが最近の試験は一昔より受かるのが難しくなっていると感じるため、1回で絶対に合格したい!という意味では多くやっておいて損はありません。効率的に勉強し、短期間で受かるのが良いのは間違いないところですが、惜しくも受からなかった場合、来年も受けることにり結果的に試験勉強&合格まで長期化になりかねないからです。

また、権利関係はやや難しい傾向があるので、単純な暗記というよりもある程度最初にテキストを読み込み一定の理解を深めた方が良いのかなと思います。権利関係以外は暗記でゴリ押ししてもある程度良いのですが、権利関係(民法)に関してはそういうわけにもいかない部分、問題も出ているので、そこで理解を深めて点数を取ることができれば他と差を付けられる可能性があります。最近の試験は結構シビア(合格点が38点とかもある)なので、権利関係を完全に捨てるとかなり厳しくなってくると個人的には思います。

もちろん、権利関係だけを勉強しすぎて他を落とすのは配点的にはもっと厳しくなるので、宅建業法は完璧にしつつ、法令上の制限、税その他も可能な限り完璧に近づけ、免除科目の統計を丸暗記した上でというのも非常に重要になります。※丸暗記は面白くはないのですが、宅建試験ではどうしても暗記が多くなってしまいます。

繰り返しになりますが、例えば、昨年の10月のように合格点38点ということになってしまうと、宅建業法とかでは失点がほぼ出来なくなります。(20点中18点以上は欲しいところ)また、宅建業法はしっかり勉強すれば比較的点数が上がりやすいので、恐らく多くの人が結構点数を積み上げてきます。つまり、差が付きにくい場合もあるので難しい権利関係(民法)でもある程度点数をつみあげるしかないというわけです。(※もちろん他にも戦略はあるかとは思いますが、私は上記のスタイルが良いかなと思っています)そのため、勉強のやり方も工夫がより必要だと思います。

なお、具体的なやり方(使用教材など含め)は、ミスが出来なくなりつつある最近の宅建業法の勉強のやり方のページ宅建・独学のメリットとデメリット、使用教材や勉強時間(体験談含む)のサイトも一つの参考にしてみてください。

また、自分に合った勉強方法やより効果的なやり方も全然あるかと思うので、勉強法の本をいくつか読んだり、YouTubeでそれ系の動画を参考にしたりしておくのも良いと思います。ただ、今年受ける場合はなるべくはやく取り掛かることを意識したほうが良いと思います。


よく行っていた病院が閉院になっており意外と色々大変だった

タイトルのままですが、よく行っていた病院が閉院になっていると意外と色々大変だということがわかりました。といのも、新型コロナが流行する前は定期的に行っていた病院(皮膚科)があるのですが、2020年は行く回数が減り、ギリギリまで待って行くという感じで11月か12月かあたりに行ってから行っていなかったところ、つい最近薬がなくなったので行ったところ閉院となっておりました。

それ自体は仕方ないことですが、やはり薬や治療は必要なので別の病院を探して行くことになったのですが、症状をいちから説明し、薬はこれこれを使ったり飲んでいたと伝えたりはしたのですが、やはり医師によっては方針や使う薬が違うようで、以前と同じ薬をだしてほしいと言ったものの、結局一部の必要な薬(自分にとっては)は処方してもらえませんでした。自分はお薬手帳を持っていかなかったのですが、お薬手帳があっても同じようなことを言っていました。(※ただ、お薬手帳は一応持っておりますが、忘れることが多く完全に記載されていない)

また、閉院した病院は待ち時間もあまりなく、院内処方で色々とスムーズでしたが、新しく探して行った病院は非常に混んでおり、混み合っているところで待つのも個人的には嫌なので外で車の中でまっていたんですが、1時間半ほど待った上に上記の通りで、さらに処方箋や会計までの待ち時間も遅く、かなり時間がかかりました。自分にはとてもあっていてその薬を処方してもらえると思っていたのが処方されず、非常に時間がかかるということで今後はどうしようかと現在検討中であります。

また違う病院に行くことにするかもしれませんが、そこでも同じようなことが起きる可能性もありますし、やはりある程度2019年以前のように閉院した病院にいくなりし、閉院の際にかわりの病院などを聞いたりするべきだったと思ったりもします。そして、お薬手帳もきちんと管理しておくべきでした。

もちろん、医師の判断で現在の薬がでたはずなので、それを使用しておりますし、しばらくはそうするつもりではありますが、いつも同じで一定の効果が出ていたという安心感みたいなものがあったため、それが処方されなくてやや困っております。

皮膚科だったのでそこまでの影響はないかもしれませんが、これが例えば心療内科に通っている方などはもちろん、私が個人的に過敏性腸症候群で通院中の病院(胃腸科)であればどうなるのだろうかとふと思ったので(過敏性腸症候群はいまはある程度コントロール出来ていますが、やはりひどいときは生活に影響するので、いまと同じ治療が出来ないとどうなるのかという意味です)、今後はお薬手帳の管理はもちろん、病院が閉院になったらどうするかというところまで想定し生活しようと思った次第です。
※ただ、心療内科、メンタルクリニックなどでは薬が変わったりしたら状況によってはさらに生活に影響があると思われるのでさすがにその場合は話を聞いてくれたりお薬手帳で対応してくれるのではないかとは思います。


色々と改善されつつある

結構最近ですが、スーパーのサッカー台の対策もしてくれるとより良いと思う
という記事を書いたのですが、こちらに関しても私が行くスーパーやドラッグストアではだいぶ改善されつつあるようです。(もちろん何か直接言ったわけではなく自然に色々と改善されていく)

※前にも、アルコール消毒のポンプ式について触る部分が気になっていたのですが、今は足で押すタイプのものや手をかざすだけで出てくるものなど色々と改善されています。

スーパーやドラッグストアのサッカー台に水が置いてあるのですが、それがアルコール消毒に変わっていたり、水とアルコール消毒両方が置いてあったり、エタノール入のものが付着するようにしてあったりと、袋をあけるときにあれこれ考えなくてもすむようになりつつあります。(こちらはあくまでも私がいく店舗ではですが)

上記の記事でも書きましたが、レジ袋有料化でレジ袋を購入したりすることもあるのですが、袋に商品を入れるときに袋をひろげにくく、置いてある水を使用すると楽ではあるのですが、当然皆使うと思うのでそこも汚れていると思われ、神経質な私は出口でもアルコール消毒をまたおこなったり、持参しているアルコール消毒をしたりと手間がかかっていたのです。

同じことを思っている人が比較的いたのか、店舗内でもそのようなことを考える人が比較的いたのかはわかりませんが、数ヶ月経過したいまは上記のとおりアルコール消毒がそばに置いてあったり、水のかわりに使えるようになっていたりと、単純に水を使うよりは衛生面で安心感があるように変更されたのは個人的には良かったです。

また、このような改善は日々行われており、最近はそれらが結構すぐに実行されるようなのでその点も以前と比較して良い点だなと改めて思いました。

 


スーパーのサッカー台の対策もしてくれるとより良いと思う

前にも書いておりますが、ここ最近のスーパーは(スーパーに限らず色々なお店も同様)入り口にアルコール消毒があるのは基本になっているのですが、足で踏んで噴射するタイプや手をかざすと出てくるタイプなど手を接触せずにアルコール消毒が可能になっていることが多くなっていて以前より安心感はあります。

※もちろん、以前も手で押したあとに結局消毒するので問題はないとは思うのですが、一度汚れることに個人的に疑問を持っておりました。押す部分は色々な人が押すため。

ただ、もう一点若干気になるところがあるとすると、スーパーのサッカー台です。レジ袋有料化とはいえレジ袋を購入したりすることもあるのですが、袋に商品を入れるときに手間がかかるのです。どういうことかと言うと、シンプルに袋をひろげにくいわけです。水が置いてあることも多いのですが、当然皆使うと思うのでそこも汚れていると思われます。もちろん、手をペロッと舐めるのも衛生的に個人的には無理なのでなんとか自力であけるのですが結構たいへんです。

置いてあるそれ専用の水を利用し、出口でアルコール消毒をして帰ったり、持参したアルコールジェルなどですぐに手を消毒すれば良いのですが、単純にサッカー台にアルコール消毒を置いておけば良いと思ったりします。アルコール消毒で手が一時的に濡れるのでそれでレジ袋をあけやすいはずだと思いました。

細かいかもしれませんが、神経質な私はそこも対策してくれたらより良いのになと最近は結構思います。袋をあけるためだけにアルコール消毒を利用するのはもったいないかもしれませんが、結局は消毒にもなるのである意味合理的だと個人的に思います。


花粉症の症状が強くではじめている

2月から症状はありましたが、2月後半から3月に入りしだいにひどくなってきております。鼻に関しては鼻うがいをしっかりやっていることでかある程度コントロールできていますが、目がやばいです。かゆいというより痛いという感じになってきていて集中力が低下している感があります。

また、今年は(昨年もですが)コロナの影響で何か重症的なことだったり定期検診以外であれば、ちょっとしたことではあまり頻繁に病院には行かないようにしているので目薬がもつのかとかも不安になっています。
もちろん、花粉症は個人的にはちょっとしたことではないので病院に行きたい気持ちもあるのですが、やはりこの時期は花粉でくしゃみをする人は増加すると思われるのであまりそういった場所にピンポイントで何度も行くのは控えている次第です。

ということで、一度はやい段階で眼科にいって処方してもらっていた目薬と市販のアレグラ、あとは鼻うがいと前にも書きましたが昔から使用しているバイオネットというもので対策しております。普通の状況であればアレグラとか飲み薬も病院で処方してもらっていますし、目薬もこのシーズンはあと1回か2回は病院に行くはずですが上記の通りですので今年は何とかこのまま乗り切りたいとは思っております。

ただ、花粉症はきつくて毎年何とかしてほしいと思うものの、やはりそれより何より新型コロナウイルスが出来るだけはやく落ち着いてある程度普通の生活になってほしいと当然ながら強く思います。


花粉の症状がではじめてきた

この数日から花粉症の症状が少しづつ出てきています。少し前から多少出ていたのですがこの数日で結構悪化し、今日には目が痛い感じになりつつあります。

一応、アレグラを飲んだりと鼻うがいはちょっと前からやっていたのですが、すでに症状が出てきたので今年は昨年よりひどいかもしれません。※ニュースをチェックするとどうやら昨年よりは多いということらしいのですが、平年以上の超酷いというわけではなさそうとのこと。

コロナの影響から、マスクはかなりあるのでその心配は今のところしていないのですが、やはりマスクをしているとはいえ、私を含め外でくしゃみをしそう、する人が気をつけていても多少は増える傾向になると思われるし、目を無意識にこすりたくなるかもしれないので昨年に続き今年もコロナに合わせて対策をしないとと思っています。
また、病院にもあまり必要以上に行きたくはないので、いつもならこの時期はこまめに眼科や耳鼻科に行く場合もあるのですが、可能な限り多めに処方してもらうか、オンライン処方を検討したいです。


すき家のドライブスルーは便利だけどデメリット(仕組み上の)もある

最近は10日に1回程度ではありますがすき家のドライブスルーを利用しております。ドライブスルーなので車で乗っていき降りる必要もないし、豚汁を頼めたり、メニューも多く便利ではあるのですが何点かデメリットがあります。(個人的な感想ではあります)

デメリットとして考えられることは、

・混んでいる&立地によって並ぶときに道路にはみ出たりする可能性がある

・混んでいるときは車を止めて中で注文し持ち帰った方がはやい可能性あり

・店舗に直接問い合わせが出来ない(※これはドライブスルーに限らない)

このような感じです。(※もちろん、すき家に限らないと思いますが、私はすき家をよく利用するのでここではその点を含めて書いております。)

現在、緊急事態宣言が発令されており、そのようなことも重なってドライブスルーを利用する人も多いと思いますが、そうなってくると時間によっては結構混んでおります。一人ひとり注文して出来るのを待つ感じなので立地によっては渋滞した上でエリアからはみ出る場合があります。これは心理的にもあまり好ましくないので(通行の妨げになりそう)そうなった場合は私はいったん帰りますがこの点はデメリットの一つかもしれません。マクドナルドのようにすぐ出来ない場合もあるのでそういった時は結構車の行列状態になったりするため、立地によっては待ちにくいです。

また、混んでいる場合車の中で待っていることになるのですが、普通にすき家の駐車場に止めて店内で持ち帰りをしたほうが早かったりすることもあるみたいです。待っている方からするとやや納得はいかないとはいえ、ドライブスルーではなく自分でタッチパネルを押しての持ち帰りなのでこれは仕方ないかもしれません。ただ、もう少し仕組みを検討してほしいとは思いました。順番にするなど(店舗によっては順番になっているかもしれませんが、私が行くとこは持ち帰りの方がなぜかはやいのです)

次に、これはドライブスルーに限らないのですが、店舗には直接電話が出来ないようです。(現時点)出来るのかもしれませんが、お客様相談については代表番号しかなく、そこから店舗に伝えてくれるシステムのようです。(違っていたら申し訳御座いません)

ドライブスルーの場合でもなぜか豚汁を頼んでいて入っていなかったり、温玉になっていなかったり、または箸やスプーンを頼んだのに何も入っていないということがたまにあるのですが、スピーディーに連絡のしようがないのです。

ということで、今回はデメリット(店舗による面が多いですが)ばかりを書きましたが、それでもこのご時世メリットは多いものです。車で店舗まで行き、ほぼ接触なしで受け取れますので安心感はありますし、美味しいメニューも多いです。そのため、私は今後も利用していきますが、やはり上記のデメリットは多少気になるのでその点も想定しつつ利用する予定です。(上記デメリットはある程度対応可能なことが多いからです)


Amazonの返品の流れ・手順が驚くほどスムーズだった

少し前に、Amazonで間違えて購入した商品を返品(買い直し)したのですが、驚くほど簡単に返品が出来ました。

結構昔に返品したときより流れがスムーズで、まず連絡をすると返品可能かどうかをすぐ調べてくれ、返品可能となった場合はその場で手続きをしてくれた上であとは商品を送り返すだけなのですが、それ自体が非常に簡単なのです。

私の場合は、クロネコのネコピットからやったのですが、すでにメールでQRコードが届いていたのでそれをクロネコにてかざして、出てきた送り状を箱に貼り付けて出すだけという感じでした。

※この返品の流れは「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」となっている商品においてだけかもしれません

返品というのは手間がかかるのでやめる(返品するか迷う程度であれば)ということは過去にたまにあったのですが(Amazon以外のネットショッピング)、このAmazonの手順であれば以前なら手間が面倒で返品をしない人であっても気軽に返品するのではないかと少し思いました。
もちろん、間違えて購入したり開封していないといったものになるかと思いますが、以前であれば「返送などの手間もかかるしそもそも安かったし使えるから使うか」とか一瞬考えて「まあいいか」なって返品せず使う場合でも、ここまで返送の流れが楽だとそうは思わなくなる場合も多そうだからです。

この仕組は「Amazon.co.jp が販売、発送します。」という商品だけかもしれませんが、とにかく返品の流れというか手順、仕組みが非常に良く出来ていると思った次第です。


暖かくすることで睡眠の質が上がっているっぽい

以前にも寒さ対策の記事を書いておりますが、寝るときに寒さ対策を徹底し、暖かくすることで睡眠の質が上がっているのは確かっぽいです。(個人的には)

以前の記事↓
手軽な寒さ対策にNウォームはおすす
寝る時の寒さ対策

具体的には、夜中にトイレにいくことが減ったことと、寒くて目が覚めるということがなくなりました。暖房をつけて寝るのも良いのですが、電気代や乾燥で心配もあるので最近は寝具やパジャマをより徹底させることでなんとかなることがわかりました。

上記の記事にもありますように、ニトリのNウォームという毛布や敷きパッド、ズボンは裏ボアをはいた上でさらに重ねてもう一枚ジャージをはく、上はユニクロの温かいやつとかなんでもよいので下に一枚着た上でさらに重ね着をするという感じです。重ね着、重ねてはくということをすることになるので大きめのサイズを選んだほうが良いと思います。(私は見た目は気にしていませんが重ねすぎるとギャグみたいにはなります。しかし温かいです)
エアコンを切っている場合は顔だけは寒いのですが、ギリギリまで顔をうめれば個人的にはどうにかなりました。

※デメリットとしては朝起きるときに布団の中が快適(暖かくて)すぎて出る気がしないというのは少しあります。

いずれにせよ、寒さ対策を徹底することで睡眠の質は上がるのは間違いないと思われるので、この寒い時期はなるべく多めに対策をした方が良いと思います。ゆっくり寝れたことは起きたときの自分の状態で個人的にはよくわかります。
なお、最近の乾燥対策としては寝る部屋に濡れたタオルを何枚か干しています。こちらは他に何か考えようとは思っておりますが、タオルも1枚ではなく何枚も干すことにより体感的には比較的良さそうですので今年はそのままにしております。


ミスが出来なくなりつつある最近の宅建業法の勉強のやり方・宅建

ここ最近の宅建試験は思った以上に難化していて、10年以上前のイメージで勉強をはじめると合格まで以外にも苦労する可能性もある試験になりつつありますが、宅建試験は昔より難しくなっている?のページでも書きましたように、権利関係やその他が難しい反面、宅建業法は比較的簡単であるため(とくに2020年10月試験など)、宅建業法はほぼミスが許されない感じになっております。

つまり、宅建業法については引っ掛け問題にも気をつけつつ9割~満点を狙うべきだと個人的には思います。多くのライバルが同様に得点してくると思われるので、ここで差をつけるというよりはここを絶対に落とさないという感じです。令和2年10月については宅建業法が簡単だった上に合格点が38点という高いラインでしたのでとくにその傾向が強かったと思います。(宅建業法は落とさず他で得点を積み重ねるほうが差が付きやすい)

そこで、まずはその宅建業法を完璧にするにはどのように勉強をしていくのかということですが、基本的には過去問をひたすら繰り返すのがシンプルですが重要です。

初学者の方はまずはテキストを一通り読み、すぐにでも過去問を開始し、とにかく何周も繰り返すことで宅建業法は自然と得点出来るようになるかと思います。過去問については何でも良いのですが、12年分などのもの(Amazonなどネットおよび書店の資格コーナーや宅建の場所で普通に買うことが出来ます)を一冊購入し、さらにもう一冊宅建業法のものを用意するとより安心です。

具体的には、「出る順宅建士ウォーク問過去問題集 2 宅建業法」というのがおすすめです。12年分のものを繰り返しつつ、それに加えウォーク問過去問題集も時間の限りひたすら繰り返すことでほぼ完璧になってくる可能性が高いです。(個人的にはそう思うという意味ですが)
少なくとも5周以上ほどはやりこみ、間違えやすい問題はチェックしておきさらに何回もやると良いでしょう。

ここまでやっておけば、宅建業法については9割ほどは取れる実力はついてくると思われるので、あとは本番でのケアレスミスや引っ掛け問題に注意することに集中すれば大きな失敗はないかと思います。

宅建業法が完璧(9割以上取れるレベル)であれば、その時点で18~20点確保出来ます。その時点ではそこまで差はつかないかもしれませんが(宅建業法は比較的簡単で他の人も得点をする可能性があるため)、最低ラインはクリアです。
あとは権利関係(民法)を捨てずに理解しながらしっかりやり、法令上の制限などの部分で丸暗記していけば合格レベルにはなっているはずだと個人的には思います。私の考えとしては、宅建業法を完璧にし、法令上の制限、税、統計は丸暗記、あとは権利関係をじっくりやって高めの点数を目指すというのがおすすめです。(権利関係で満点は難しいですが、捨てずにしっかりやって14問中9点以上程度取ることができれば他の人と差をつけられる可能性が高いからです)

※あくまでも私が取り組んだやり方になります。もっと効率的な方法はあるかと思いますし、人によっては他のやり方の方が良い場合もあると思います。