月別アーカイブ: 2016年1月

リオデジャネイロ五輪・アジア最終予選(サッカー男子)、あと1つ

リオ五輪最終予選が行われておりますが、ベスト4が出揃い、日本も何とか勝ち上がっておりますね!いよいよあと1つで出場が決まります。

もちろん、まだ決まってはいないとは言え、正直な話、始まる前はこの大会方式(途中からトーナメントで上位3チームが出場権獲得)+今回のメンバーおよびチーム力を考えると今回は結構厳しいのではなかろうかと個人的には予想しておりました。

登録メンバー選考に関しても色々と思うところはありましたし、実際北朝鮮戦を観る限りではやっているサッカー、内容も厳しかったので大会が始まってからも今回はひさびさに五輪出場が難しいかなと思ってしまっていたのです。

ところが、2戦目にメンツを入れ替えてタイに大勝し、その次のサウジ戦でもターンオーバーで危なげなく勝利し1位通過したあたりからもしかしたら期待できるのでは?なんて思うようになってきました。また、サウジ戦の失点はなかったようなものなのでまずは失点をしない守備は固めのチームになっていると思いました。

そして決勝トーナメントのイラン戦、ここでも手倉森監督はオナイウ阿道を先発にしたりサウジ戦で活躍の大島僚太ではなかったり南野がベンチだったり色々と面白いというかある意味大胆な采配をしたようにみえたのですが見事に勝利しなんだかんだベスト4へ進出してしまいました。

イラン戦では運も良かったと思いますし、下手したら負けていた可能性も十分あったとは思うのですが、最終的には中島翔哉のスーパープレーも飛び出し個のレベルでも押し切りました。また、ベンチ含め選手皆を見てもチームが一丸となっているのが伝わりました。

準決勝はイラクですが、何とかここで決めてしまいたいところです。3位決定戦もあるので2試合はチャンスがあるわけですが逆側は開催国カタールと韓国なのでどちらが3決にきてもやっかいです。ですので、何とかイラク戦で決めて欲しいなと個人的には思います。もちろん、最終的には今大会優勝して欲しいです。

また、当然ではありますが、ここまでなんだかんだで素晴らしい戦い方(大会の進め方や失点が少ない)で粘り強く勝ち上がっている日本ですが準決勝で敗れて3位決定戦でも負けてしまったら厳しいようですが上記が無意味に近いことになってしまいます。結果が全ての戦いでもありますので。

ということで、やはり繰り返しにはなりますが当初あまり期待していなかった五輪代表ですがここまできたら絶対に出場を決めて欲しいと思います。やはりサッカー好きとしてはリオ五輪に日本がもし出場出来なければ悲しいので・・・。逆に出場出来ればどんな形であれど今年の夏は熱く楽しめそうです。

とにかくまずは準決勝を全力で応援したいです。


良性発作性頭位めまい症が再発

昨年の11月の頭らへんに激しい回転性の目眩に見舞われて病院に行ったりしたのですが(参照記事:良性発作性頭位めまい症というのになったっぽい)、その後しばらく完全に落ち着いていました。

ところが、運悪くこの年末年始に再発してしまいました・・・。今回はかなりの回転性の目眩で酷いものになりました。

あくまでも私のケースではありますが、状況としては、そのかなりの回転の前日に肩こりというか首が変だな(下を向くと変な感じがするような)とは思っていたのですが、次の日横になりながら知人と電話をしていたらクルクルと回る感じがして電話を切り、そのまま横を向いたとたんに物凄い目眩(回転)に見舞われた感じです。数十秒するとおさまったのですが、今回はかなり酷い目眩だったのでその後吐き気までありました。

たまたま年末の午前中にやっている耳鼻科があったためそこに行ってはきたのですが、前回と同じく良性発作性頭位めまいではなかろうかということでした。

そこでよく思い返してみると、昨年の11月以外にも、かなり前(5~6年くらい)にも立ちくらみ(特に朝起きようとした時)からの軽い目眩が続くことがあって、その時はちょっと心配で大きめの病院で一通り検査をしたことがあったのですが、よくよく考えてみると最近の症状に似ていたのかもと思ったりします。

その当時は色々検査をしたけども脳や心臓などにも何も異常がなく、様子見になってその後症状がなくなったのでそのままになっていましたが、もしかするとと思った次第です。インターネットで色々調べると再発もちょこちょこあるようなので・・・。

※上記はあくまでも私のケースですので似たようなことがあっても他の原因もありえますので病院で医師に相談した方が良いです。

というわけで、最初の酷い目眩から日に日に症状は改善されたとは言え、年末年始にまたがって軽めの症状は続いてしまいました。そのため、今年の休みはあまり良い印象はないです・・・汗笑

ただ、今の時点では症状はほぼなくなっています。そのため、その後病院には行っておりませんが今後もまた再発するのかと思うと少し憂鬱です。というのは、耳鼻科に行ってもとくに処置や薬が処方されるわけでもなく運動療法的なものの紹介くらいしかされないし、自分でもなんだかよくわからないからです・・・。

もちろん、今のところ症状自体は数十秒で消失するし、その後の似たような軽めの症状も数日経過すれば良くなるのでそこまでは影響はありませんがそれでもあのクルクル回転するのは結構気分は良くないです。

ひとまずは予防的に運動療法をしばらく行ってみようとは思っています。

あとは、ちょっと文字が小さくて読みにくいのですが、

「メルクマニュアル 家庭版・http://merckmanuals.jp/home/index.html」の良性発作性頭位めまい症のページや、YouTubeなどで手技や運動の方法が紹介されているので参考にしてみるつもりです。