月別アーカイブ: 2016年6月

この時期は定期的にすね毛だけ脱毛(除毛?)する

あまり毛深い方ではないので昔は気にならなかったのですが、最近はハーフパンツをはくことも多いからか、定期的にすね毛を脱毛するようになりました。
家庭用脱毛器を使う場合ははたまに、周囲からは「男なのにキモい!」的なことを言われますが、よく聞いてみると実際はすね毛は無いほうが良いと思う人が多かったりするのはこちらとしては「どっちなんやい!?」という感じではあります。無いほうが良いなら家庭用脱毛器を試しに使用してたっていいじゃないかと思うわけです。

ただ、しかし、その家庭用脱毛器ですがあくまでも私の感想、私が使用した製品だけの話にはなるのですが、ほとんど効果を感じるレベルにならないということは感じています・・・。もちろん、かなり粘り強く長期的に使用し続けてようやく僅かに少し薄くなる程度というのは聞いてはいたのですが、あまり効果がないものを時間をかけて行うのは効率的ではないなと思うようになってきてしまったのです。(※あくまでも私の考え方です)

そして、基本的に私が使用していた製品は脱毛する前には毛を剃っておく必要があるのですが、剃っておけばしばらくはすね毛はどのみちツルツルになってはいるので、いくら家庭用脱毛器を使用したところで粘り強く根気強く使用する場合は常にある程度ツルツルになっているわけです。(わかりにくくてすいません。どっちみちツルツルになっているという意味です)

夏が終わって回数が減ってくると伸びてきてから剃るので伸びてきたときにどの程度薄くなるのかわかるかもしれませんが、今のところそれでもあまり薄くなったとは感じたことはありません・・・。(昨年までの話ですが)

ですので、今年からはもう使用せず、ただ単に定期的に除毛だけしておこうかなと思っています。家庭用脱毛器を使うとなんだかんだで結構な時間を取られるし、そのわりに効果を感じないので先程も書きましたが、効率的ではないとかなり感じてしまうようになってきたからです。

今の考えでは、クリニックにて医療脱毛をするか、メンズエステサロンに行くかですが、行くとすればクリニックにてしっかりやってもらいたいと考えています。私の場合はすね毛だけでもある程度確実に減毛するかツルツルにしてしまえばよいと思っていますし、永久脱毛的なことはクリニックしか出来ないからです。

ただ、あまりありえないことではありますが、今後もし、すね毛が合ったほうが良い!すね毛男子を目指そう!と考えが変わった時に生えてこないのは困るだろうから少しだけ考えてしまいます。もちろん、ほとんど可能性はないとは思いますが。

ちなみにこれは私の場合はヒゲ脱毛にも言えることで、以前、ヒゲ脱毛も考えたことがあったのですが、将来的にヒゲを伸ばしたスタイルをしたいと思った時どうしようかと思い、思いとどまったことがあります。

ということで、最後は話が逸れてどうでも良いような話になりましたが、今年に関しては除毛クリームをたまにやる程度+毛を剃るで対応したいと思います。家庭用脱毛器はもし徹底的にやるとなれば、質の高い製品を購入して、夏以外でも使用をし続けるような感じにしないとなと思います。とくに秋と冬も根気強くです。

ただ、そうなると上で書いたように効率的ではないと感じてしまう(あくまでも私の場合)のでやはりいずれかはクリニックでの脱毛を検討するとは思っています。

関連参考記事:脱毛についての基本的な情報 [体験談あり]


その後の状態・ようやく落ち着いてはきた[過敏性腸症候群]

ここ最近、過敏性腸症候群関連の記事ばかりになってしまっておりますが、その後の状態を少し書いてみようと思います。※前回の記事で玄米と漢方をやめてみるからの状況です

今年は季節の変わり目から結構長引いていた症状ですが、ようやくだいぶ落ち着いてきました。一時は、いつもはイリボー2.5µgのところ5µgに切り替え、普通は頓服なところ、ほぼ毎日飲むということになっていたのですが、今のところイリボー2.5µgだけか飲まないか(整腸剤程度は飲む場合はあります)というところまで落ち着いてはきました。

何が良かったのかはやはりわからないのですが、やったことと言えば前回の記事(最近悪化している理由を探る)で書いたことくらいです。

玄米と漢方は良かれと思って取り入れていたことだったのですが、私にとっては症状を悪化させているような気がしてきていたので一時的にやめてみたのです。

それが良かったのかは全くわかりませんが、その後しばらくして症状が落ち着いてきた次第です。

ただ、このようなことは毎年大なり小なりあるのでいつもの季節の変わり目の症状が今回はちょっと長引いただけなのかもしれません。

ということで、3月~4月あたりから続いていた不調はだいぶマシにはなってきたのでだいぶ生活がしやすくはなってきました。もちろん、梅雨のだるさは多少ありますが、それでも過敏性腸症候群の症状が和らいだだけでここまで楽になったのでいかにあの症状が嫌なものなのか再確認した次第です。

なんとか根本的な解決に向かって欲しいのですが、こればかりはすぐには難しそうなので、しばらくは今まで通りうまく付き合っていくしかないのかなと考えております。

ちなみに、症状は落ち着いてきましたが、ほぼ毎日玄米を食べるというのは今のところ止めました。(漢方はイリボーを処方してもらっている医師相談したら様子を見ながらで良さそうだったので再開しました。今のところ悪化していません)

健康のために良さそうな玄米は続けたかったのですが、こればかりは仕方ありません。。※勿論、これは私のケースなので玄米が悪いわけではないですし人によって色々だと思います。また、何かあった場合は自己判断ではなく医師に相談するようにするのがやはりベストです。