月別アーカイブ: 2017年11月

浦和レッズがACL優勝・これは熱い

本日、ACL決勝の第2戦目が行われ、浦和レッズが1-0でアルヒラルに勝利し、久々に日本勢の優勝を観ることが出来ました!

特に浦和レッズファンというわけではないのですが、日本人としてというかJリーグファンとして本日はレッズを応援していたのでとても嬉しかったです。
もちろん浦和レッズの宿敵チームのガチファンとかであればアルヒラルを応援したかもしれませんがそういうわけでもないので今日は完全に浦和レッズ応援です。

かなりしびれる試合でした。

やや押され気味で0-0が長く続いていたし、後半中盤からはこのままいけば優勝、しかし1点取られれば準優勝か延長が濃厚になるという状況でしたので。

そして、終了間際にラファエル・シルバのスーパーゴールが生まれるわけですが、あの状況、体勢からゴールに持っていくのはさすがに助っ人外国人だけはあるし、1戦目が終わってからなんだかサウジのサポーターと思われる人らから差別的な投稿がラファエル・シルバのInstagramに投稿されたりということもあったんで、このゴールは個人的には特別に最高だったし、熱いものがありました。

とういうことで、ただの感想だけになりますが、久々にJリーグクラブのしびれる熱い国際試合を観ることが出来て興奮しました。
正直あのレッズのサポーターは本当に凄いと思いますね。あの雰囲気は普通は中々出せないし、南米や欧州のような、といっても日本らしさもある、本当に熱い・凄いファンだと改めて思いました。


運動不足解消には歩く(ウォーキング)のがおすすめ

社会人になり30代を過ぎてくると結構な割合で「運動不足なんだよね」っていうような話が多くなったりします。確かに、徐々に健康に気を使いたいようになってくるし、または実際に太ってきたり、中々脂肪が落ちにくくなってきたり、ということもあり運動不足を感じるわけです。

もちろん、運動不足ではない人もいるのですが、私の周囲では不足の人が多いです。

そこでおすすめなのが、ありきたりではありますが、「歩く」ことです。運動不足を認識し始めたらやることとして筋トレがあるのですが個人的にはより有酸素運動的なことをやっておいた方が良いと思いました。(もちろん筋トレも手軽に出来て良いですが両方やると良いという意味です)

理由としては、継続的に続けることがある程度可能だからです。これがジョギングのように走ったりするとなぜか続かないケースが出てくるようで、それだったらもっと手軽なウォーキングが良いのではと思って始めたらかなり定期的かつ継続的に出来ております。

例えば、ある程度歩ければ何でも良いんですよね。友達と長電話になりそうなら電話しながら公園とかで歩いても良いと思いますし、気分転換で晴れている日に外を散歩しても良いでしょう。もちろん、ある程度の時間はかけないと意味はないので20分~30分程度は歩くと良いのかなと思います。

歩くのは思った以上に簡単でそんなに苦にならないということで続けることが出来るのだと思います。当然ながらもっと負荷をかけた方が効果的とはいえ、続けられなければ単発的な効果しかありません。

ということで、ごくごく当たり前の記事内容になりましたが、結構忘れがちな重要なことなので書いてみました。
歩くことで色々とアイデアが出たりすることもあるし、それこそ気分転換になるので一石二鳥効果もあると思います。運動不足解消としてはすぐに効果が出なくても続けることで徐々に解消になっていきます。とにかく運動はずっと続けてこそ意味があるので忙しい社会人や時間がない人や運動自体が続かない方は、単純に歩くだけというのを心がけると良いと個人的には思います。


森岡亮太とガンソは似ているのか?

最近、森岡亮太が日本代表に招集されてちょこちょこ出場したことからか、森岡亮太とブラジルのガンソって似てるのか?という質問が知人からちょこちょこあります。

ブラジル留学したこともありブラジルサッカーマニア(勝手に言っているだけですが)の私からみて、森岡亮太とガンソのプレースタイルは似ているのか?と聞かれれば、

「少し似ている」

となります。

似ている部分を挙げますと、

まず、パスセンスです。どちらも非常に非凡なパスセンスがありとんでもないスルーパスを通して決定的チャンスを生み出すことが出来ます。2、3枚のDFの裏に絶妙なタイミングで糸を通す的な感じでパスを出します。
ガンソファンに怒られるかもしれませんが、タイミングや瞬間的なパスセンスだけ見ると森岡亮太はガンソに少し似ていると個人的にはですが思います。「パスセンスだけ」に着目すればですが遜色ないレベルの時もあります。ただし、ガンソは左利きなのでその部分で違いがあります。(個人的にはそこは結構な違いますが)

次に、運動量+守備(ゆっくり走る的なものを含め)です。ガンソは昔より改善したっぽいですが、運動量が豊富なタイプではないし守備面での期待は少ないのですが、森岡もどうやらそのようです。ただ、日本の監督はハリルホジッチですので、代表ではあれでも走って戻っている方なのだと思われますし、森岡の運動量がないとは思わないのですが、周囲とは違う使い方をしているのかなというところです。
ベルギーリーグでの試合は少ししか観たことがありませんが、神戸の時もあのような感じだった記憶があります。ただ、ガンソよりは運動量は豊富だとみえます。スピードはわかりません。

ただ、この手の選手は好みがあるとはいえ、運動量が少なかったり周囲とはリズムが違ったとしても、例えば歩いていてもボールがくれば何かを起こし、さらに決定機を生み出すので使い方次第では非常に貴重だし、試合中に少なくとも1回以上(多い時は何度も)は観ているものを驚かす可能性が高いです。

似ていると言えば、個人的にはこのくらいです。

ただ、やはりガンソの方が総合的にはやや上なのかなとは思います。また、魅せるという意味でもガンソの方が派手だなと思います。足裏を使うテクニック、股抜き、ブラジル人特有のリズムです。森岡も巧いですけどこの点だけみるとガンソは化物レベルだと思っています。

なお、個人的な意見ですが、部分的ではありますが、森岡はガンソよりも昔ヴェルディ等で活躍した石塚啓次っぽいなと思ったりもしました。あとはベナユンっぽいとこもあります。

しかし、石塚を含めて、上記で挙げた全員が天才的な選手であると思います。現代サッカーでは少なめかもしれないんですが、個人的には消えて欲しくないプレースタイルです。


長谷部が出ていなかったが中盤は良かった&その他感想・ベルギー戦

先程終わったベルギー戦ですが、0-1で負けという結果に終わりました。途中までそこそこ良かったので最低でも引き分けたかったと思いましたが、収穫は結構あったのかなと。

まず、長谷部が出ていなかった中盤ですが、山口、井手口、長澤というJリーガーの3人でタレント軍団のベルギーの中盤とある程度のレベルで戦えたのは評価出来るでしょう。
面白い面白くない良い悪いは別として、ハリルホジッチのサッカーでは強豪相手ではこのスタイルで勝点をもぎ取るというパターンは見えてきております。そんな中、長谷部がいない場合でもある程度出来るというのはまず良かった部分です。
また、浅野についても決して技術的に巧いわけではないとはいえ、世界レベルでもフィジカル&スピードで負けないし(特徴が明確)、動き出しもそこそこ良くなったとは思います。久保裕也の調子がいまいちでも何とかなったというか、むしろ浅野がスタメンになるかもしれません。(あくまでもこのハリルのサッカーではという部分もありますが)

もちろんこうなってくると、香川と本田はどこで使うのか?という話しですが、久保裕也の調子が上がらず、本田の調子がこのまま上がって本調子を維持すれば、もしかしたら右サイドでも本田の可能性はありえます。また、杉本健勇をどう評価しているかにもよりますが、大迫の控えに本田という手もありえるでしょう。もしくは本田のワントップでも個人的には良いのかなとも思えます。ただ、本田が中盤(インサイドハーフ)ということはこのサッカーでは見えにくいのかなと今回で思いました。

香川については厳しい状況だと思いますが、入るとしたら今日であれば森岡亮太の位置だと思うのでこのポジションであとは柴崎岳の調子なども影響するのかなと。個人的な意見としては香川は必要だと思っておりますが、現在のハリルホジッチのやりたいサッカーではポジションがあまりないんですよね・・・。
もちろん今日で言えば森岡亮太の部分があるんですけど例えば森岡と柴崎岳より香川の方が圧倒的にこのサッカーに合うのかと言えばそういうわけでもないようにも思います。ただ、最終予選のアウェーのオーストラリア戦での香川は確か守備でまともに動けていたのであのようなかたちであれば入る余地はあるかと思っています。しかし、あくまでも中盤においてはですが香川の持ち味が出るようなサッカーとは思えないので少々難しい部分ですかね。
もちろん、組み合わせ抽選後、対戦相手によっては色々と変わるだろうし、あと半年はあるのでクラブでの活躍で十分可能性はあるとは思います。

話が逸れましたが、今回の遠征は連敗だったので良くないとは言え収穫というのは意外と多かったと思います。上記の部分もそうですし、あとは槙野が使えるということもわかりました。ただ、吉田麻也と酒井宏樹が怪我をしてしまった場合というのは非常に心配です。戦力をあまり落とさずに変更可能な選手というのが現状見当たらないからです。


インフルエンザ予防接種をやってきた

毎年インフルエンザの予防注射をやっているのですが、今日はそのつもりではなくて前に書いた皮膚炎の薬を貰いにいったらそのついでにやっていきますか?って感じになったのでついでにやってもらいました。

ニュースとかでワクチンが不足しているとか言っていたので今年は来月出来たらで良いかなと思っていたので助かりました。ちなみにその病院で聞いたところでは普通に予約なしでも受けることが出来るとのことでしたが、都内の一部では断られることが増えているようで受けにくる人が増えているというようなことを言っていました。

実家に90歳を超える祖母がいたときは結構早くから予防接種を受けることが出来たり、関心があってこまめに調査していたのですが、現在はややラフになっていて今年は少ないというニュースもありもしかしたら出来ないのかなと思っていたので今日受けられて良かったです。

インフルの予防接種の効果についてはよく聞かれますが個人的にはある程度の効果があると思っています。というのは、もうかれこれ10年はインフルエンザになっていないからです。もちろんたまたまかもですが。

ちなみに大学生のときはお金がなくて親からもらったインフルエンザの予防接種代を他に使ってしまい(どうしようもない学生ですが)何度かかかった記憶がありますが、それ以降は記憶の中では一度もなったことはありません。その間毎年予防接種をしております。
もちろんたまたまかかっていないというだけの可能性もありますが、これだけインフルエンザにならないとやはり毎年予防接種を受けてしまいます。インフルエンザは辛いのでなるべくなりたくないですからね。

有効性をめぐって色々な意見や考え方があることも知っておりますが、個人的には受ける意味はあるのかなと感じているので受けている次第です。

ということで、今年はもしかしたらできないかなと思っている中、ラッキーなことに本日受けることができたので何とか今シーズンも乗り切れたらなと思います。


昨年に比べると落ち着いている

昨年のこの時期あたりはやるゲームが多すぎて色々と並行して遊んでいたので寝不足が続いていたのですが、今年に関しては比較的落ち着いております。コール オブ デューティ ワールドウォーIIは少々迷ったのですが、今回は購入しませんでした。

昨年のこの時期(秋から冬にかけて)はBF1にはまりつつ、FF15やまたはこの時期にディビジョンに再度はまったり、もちろん毎年年中やっているFIFAをやったり、ウィッチャー3ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディションをやったりしていたのですが、今年はそういったことがないわけです。
bf1やFIFAは普通にやっていますが、昨年ほど長時間はやっていない感じです。

ということで、ここにきてそこそこ暇になってきたので最近はダークソウル3をやり始めました。のんびりやっていますが結構面白いです。まだ1周目が終わったところですが、まだまだ遊べそうです。ちなみに、来月に仁王 Complete Editionを買おうと思います。ダークソウルと似たようなゲームのようですが、今年はこれらをのんびりやる感じになりそうです。

まぁ直近で注目のゲームとしては1月に発売のモンスターハンター:ワールドになるかと思われますが、こちらも今のところ買う予定ではないです。色々と動画をみたりして面白そうだったら買う可能性もありますが。

そう言えば、今年は前半が仕事やら勉強やらで結構忙しくて、大好きだったFF12(今年出たゾディアックエイジ)HDリマスターは一切遊べていないので年末年始にやろうかなと検討しています。ちなみにドラクエ11も時間がなくて遊べませんでした。。

そんなわけけで今年はこんな感じで過去作品や遊べなかったものを遅れてプレイする感じに落ち着きそうです。仁王とFF12ならがっつり楽しめそうだし。

ウィッチャー3のような感じで新しいタイトルのゲームにまたどっぷりはまりたい気もしますが、来年も前半はやや忙しそうなのでどうなることやらという感じです。(※来年の発売タイトルはあまり把握していないのであれですが)


森岡亮太と井手口陽介の可能性

今日はブラジル戦がありましたが、残念ながら3-1という結果(前半はとてもひどく点差以上の試合でしたが)でした。相手がブラジルということや、ある程度の惨敗ということで明日(日付変わって今日)には色々な記事や意見が出てくるかと思うので試合内容は省きますが、個人的に注目した2選手について簡単に書いてみたいと思います。

まず、後半途中から投入された森岡亮太。率直にうまいですね。パスセンス、タイミングが抜群。そこそこ身長も高そうですし体もそこそこ強そうです。もちろんヴィッセル神戸時代からスルーパスのセンスは光っておりましたが、選手として色々と数段レベルアップしていると感じました。個人的にまだ見たい選手だし、今のファイト出来る森岡なら代表レベルだと思いましたが、最終的(W杯メンバー)に正直どうなるのかなと予想は2つに別れるのかなと。

ハリルホジッチ監督なのか誰なのかはわかりませんが、試合中に「森岡!」という叫び声的なものが何度か聞こえましたが、やはり全線からのプレスだったり、走力だったりが足りないと思われたのか、はたまた違う面で呼ばれていたのかという部分が気になりました。

ただ、このブラジルとの試合に途中出場したということからもわかりますが、練習だけ見るのではなく、実際に試したい、観てみたい、という期待はあるのは間違いないと思われます。
ハリルホジッチは期待すれば使うし、駄目なら使わないというか呼ばなくなるというのが結構あると個人的には思うので、次のベルギー戦、またはその次の招集時にどうなるのかというのは注目したいです。どちらに転ぶのかというのは正直わかりません。

しかし、個人的には浅野の決定的チャンスに繋がったプレー(起点になった)のパス1本だけでもかなりの才能を魅せつけたとは感じました。代表で使い所はあるのかなと思う選手です。※当然ながらロシアW杯以降も期待できるでしょう。

もちろん柴崎岳や香川真司、清武弘嗣もいるので森岡亮太が入るとすればハリル監督の日本代表ではその中からおそらく何人かが外れることになるでしょう。前に書いたかもですが、もし森岡亮太が使えると判断されれば、本格的に香川が外れる可能性も出てくるのかなと、。個人的には両方観たいんですけどね。ただ、ハリルホジッチのスタイルでは上記のプレースタイルの選手はそんなに多く必要ない可能性もあるので。

続いて井手口陽介ですが、この日は失点につながるミスがありましたが、やはりこの先とんでもない選手になる可能性があると再度思いました。まだ若いですしミスもありましたがブラジル相手でも普通にやれますし、奪えます。そして戦えます。また、キープ力や中長距離のパス・キック精度も高いです。今後、順調にステップアップしてほしいし、一皮剥ければ一気にもっと凄い選手になるのではないでしょうか。

ということで、記事タイトルにある井手口陽介の話が少なくなりましたが、この2選手には改めて注目して観ていきたいと思いました。


本田圭佑はメキシコでサッカーを楽しんでいるように見えた

本田圭佑がメキシコに移籍してから少し経過しましたが、今まではハイライトとかでしかプレーを観ていなかったのですが、今回は最近やっていた試合を観てみました。

率直に言ってサッカーを楽しんでいるなと感じました。イタリアもラテン系ではありますが、メキシコのような中南米の感じが本田には性に合っている可能性があると何となく思いました。もしかしたらブラジルリーグとか南米も合うかもしれません。

海外ではシャイと言われることもあるかもしれませんが、本来、本田は恐らく関西系のノリで楽しそうな性格っぽいですし、サッカーのスタイル的にもテクニカルで繋いでいくスタイル、観ていてある意味楽しいスタイルが合っているのかなと。今の日本代表とは多少違うスタイルではありますが。

乾貴士がスペインに行ってから伸び伸びプレーしていることからもやはりこのような合う合わないというのは選手に取って大きいと感じます。
もちろん合わなくてもアジャストするのがプロですし一流だとも思いますが、根本的なところでは合う場所でプレーしている方がサッカーは楽しいと思うしストレスも少ないでしょう。

乾の場合はドリブラーでテクニックもスピードもあるので今の日本代表でも合いますが、そういう意味では本田や香川といった選手は現在の日本代表ではやや合わないとも最近では思ってしまいます。実際外れておりますし。(森岡亮太は入っているのでどういう意図かは個人的に不明ですが)

話は逸れましたが、現在の本田のメキシコでのプレーは純粋にサッカーを楽しんでいるという点やサッカー感の合うと思われる仲間と戦っているというのがとても現れていると感じられ、メキシコ移籍は良かったのではないかと思いました。

調子が上がってくればやはりまだまだやりますし、パンチもあります。本調子であれば日本代表で観たいですね個人的には。


寝具もコインランドリーはおすすめ

以前、コインランドリーを定期的に利用していることを書きましたが、その時は主にダニ対策についてだったかと思いますが、それはもちろんのこと、普通に日中忙しい人にもコインランドリーの利用はおすすめです。特に寝具が個人的にはおすすめだと感じます。

やはり、毎日寝る場所というか寝床は綺麗にしておきたいものですし、コインランドリーで毛布やシーツ、枕カバー、毛布等を洗うだけでもかなり気持ちよく寝ることが出来るようになります。(乾燥もですが)

もちろん普通に天気の良い日に洗濯したり、干したりすれば良いことではあるのですが、忙しい社会人の方の場合、中々思うようにいかないことがありますし、土日にまとめてやることになる場合もその時に雨が降ったりすればどうしようもないです。

つまり、最近のように雨が続いたりしていると比較的長い間寝具を洗ったり干したり出来ないことになりかねないというわけですね。※私はそのような状況の時が過去にあり、随分長いこと放置していたことがありました・・・。

そういう場合にコインランドリーの活用は極めて便利だし寝具を清潔に保てるのでとても良いと思います。普通の洗濯物や乾燥機の利用だけでも良いのですが、普通の洗濯であれば部屋干しも可能だし、そんなに天気が良い日ピンポイントで干すということではないのでやはり個人的には寝具がおすすめです。

多少のお金はかかってしまいますが、多少のお金をかけても良い部分なのかなと個人的には思うので、特に社会人一人暮らしの今は積極的に活用しております。私の地域だけかもわかりませんがコインランドリーは探せば結構あるようです。※ただ地域によると思います。

長期的に放置している寝具で寝るのと、清潔な状態の寝具で寝るのでは、個人的にはですが、寝心地というか睡眠の質にも影響するのではないかと思うほどです。それくらい気持ちよさに違いを私は感じました。※あくまでも個人的にそう思ったというレベルの話しですが。


Amazon利用の際、届け先を近場のセンター(ヤマト運輸)にすると便利だった

私はかなりの頻度でAmazonを利用しているのですが、やはり自宅にいないことも多いのでどうしても再配達やドライバーさんとのやりとりなど数手間かかることが多かったのですが、結構前から購入するときに「お届け先」を近場のセンター(ヤマト運輸)に設定し、そこに届けてもらうということにしたらだいぶストレスがなくなりました。

家にいなくてもいつ届くのかとか早めに帰らないとということが全くなくなったし、不在票が入ることもないし、自分の好きな時に荷物を取りに行くことが出来るからです。

もちろんこれは私の家からヤマトのセンターがかなり近いというのもあるのですが、コンビニ受け取りとかも購入時に設定出来るのでもしヤマトセンターが近くにない場合は他の選択肢もあります。ただ、個人的にはヤマトがオススメかなと思います。理由としてはかなり配送というか到着がはやいからです。ですので、比較的急ぎの場合はヤマトセンターにしておくのが無難かなと思います。

話が逸れましたが、
私だけかもしれませんが、ネットショッピングを利用する時、便利でとても良い反面、日中自宅にいないことが多かったり、時間指定をしておいても今度はその時間に家にいないとと思ってしまったりして少々煩わしいと思うことが自己中ですがあるのですが、届け先を上記のようにするようにすれば全てが解決してとても良いと思いました。
また、ドライバーさんも何度も再配達ややりとりなどをする手間が省かれるかもしれないのでそういう意味でも良いのかなと少し思いました。

もし私と同様によくAmazonを利用する方&上記のようなことが面倒だなと感じている方は、届け先を別の所にしておき、自分の都合の良い時間にそこに取りに行くのは個人的にはとても楽になったので一つの選択肢としておすすめです。