月別アーカイブ: 2018年4月

W杯メンバー・選手選考はかなり難しいのではないか?

元々前線の選手はかなり多く、特に左サイドは激戦区となっておりました。ただ、やはりハリルホジッチ前監督であれば選手選考は良い意味で思い切ってくるし、また、試しているメンバーも比較的決まっていたので、予想外の選手が外れる(海外で活躍していても)こと&ある程度予想は可能でした。例えば、乾貴士がいくら活躍しても外れることがあったり、武藤もそうです。そうとは思っても宇佐美貴史が活躍すればすぐ呼ぶといったこともあり、やはり合う合わないというのと、その時の調子の良さというのを重視していたと思います。

もちろん、西野監督になっても調子が良い選手を呼ぶのは当然だとは思いますが、良い意味でも悪い意味でも日本人らしい選考になるのではなかろうかと思うわけです。

そうなってくると、現状の前線のメンツの選考には頭を悩ませていると思われます。普通に考えても、ヨーロッパで活躍している良い選手、流れを変えられるような特徴的な選手というのがかなり多いからです。

ハリルホジッチ前監督の時では恐らく伊藤達哉が呼ばれることはないとは思っていましたが、ここ最近のプレーぶりを見ると可能性が高まってきていると思います。また、堂安も同様です。あとは武藤も活躍し始めました。

つまり、ここにきて3名が新たに可能性が高まってきていると思うのです。(個人的にはではありますが)

そうしますと、大迫はほぼ確定だとして、サブに武藤ということも考えられるし、岡崎も考えられます。左サイドは原口、乾、中島翔哉、宇佐美貴史(宇佐美は右でも良いのではないかと思う)、伊藤という争いになりますし、右サイドは久保、本田圭佑、堂安、宇佐美を右と考えれば宇佐美も、または岡崎もおりますのでかなり多いです。

さらに言えば、中盤も多いです。香川真司、柴崎岳、森岡亮太が恐らくポジションがかぶりますし、清武弘嗣も考えられます。小林祐希もおります、大島僚太もかなり良いです。

考えられることとしては、中島翔哉と本田圭佑を中盤に考える、または本田圭佑はワントップとしていく、何回か書いておりますが、宇佐美を右にする、柴崎岳をボランチとして考える、伊藤はスーパーサブ的な感じで行くなどですが、それでも上記から何名かは外さざるを得ません。(メンバー人数構成上)

当然ながら、ボランチに守備が強い選手を入れておきたいですのでそういう意味でも人数がオーバーしてしまいます。例えば堂安が入ったら久保が外れるということも考えられるかもしれないですし、もしかしたら森岡亮太も活躍しているけど外れる可能性もあるかもしれません。逆に清武弘嗣がJで復活しておりますが香川と柴崎でいくかもしれませんし、小林祐希を入れれば柴崎が外れる可能性もあるでしょう。例えばですが。

なんだか混乱してわけわからなくなりましたが、良い選手がかなり多いのは確かだし、一昔前であれば上記であげている各選手は全員代表に入れたと思うし、中心選手だったと思います。

果たして西野監督はどういったメンバーを選んでくるのか、という部分はかなり注目になってきました。ハリルの時もかなり注目ではありましたが、やはり積み上げもあったし好みもある程度わかってはいたのでそれとは違う感じで注目になってきたと思います。


結婚とかで一緒に住む時はトイレは絶対に2つ欲しい[過敏性腸症候群]

記事タイトル通りのことですが、この話(一緒に住む時はトイレは絶対に2つ以上欲しい、絶対に…)を彼女とか友達に話すと理解されないことが多かったです。もちろん真剣に悩んでいるので深刻な顔で伝えるのですが、中々理解されないことが多いようです。※あくまでも私の周囲での話です。理解してくれる方も多くいると思います。

もちろん普通に家を購入したりして1階と2階にトイレがあるのはある程度普通だと思いますし、私の実家もそうなっているのでそのような場合は良いのですが、例えばマンションだったり、賃貸の物件(特にアパートやマンション)だったりすると基本的にはトイレは一つしかないことが多いかと思いますのでそれだと私は少々厳しいという意味です。

過敏性腸症候群の方であれば多少この気持がわかってもらえるかもしれませんが、やはりこの症状がつきまとっているとトイレの場所やトイレの数は生活する上で非常に重要になってきます。

家にトイレが一つしかなければ、緊急時に誰かが入っている可能性が複数トイレがあるよりは高いです。また、汚い話ではありますが、下痢型の場合、やはり何度もトイレに行ってしまうこともあるし、音が出たりすると恥ずかしかったりするので、そういう意味でも可能であれば自分専用のトイレが欲しいというわけです。個人的にはトイレは2つどころか3つあっても良いと考えているほどです。

そうなると、結婚とかで一緒に住む時は「確実にトイレが2つある物件じゃないと嫌だ!」という、ある意味柔軟性のない人、ヘンテコなこだわりがある人だと思われてしまうことが人によってはでてくるというわけです。(もちろん繰り返しになりますが、これは私の周囲の話で理解がある方は沢山いるかと思いますが) ただ私の周囲ではいまのところあまり理解者がおりません…

そのため、また最初に戻りますが、同居生活をするなら一軒家を購入(トイレを複数設置)するか、はたまたトイレが2つある物件を借りるかという選択肢を切実に希望しますが、それを伝えるととあまり理解されないことが多いということなのです。

その昔、同棲を検討して賃貸を探したことがあるのですが、やはり中々トイレが2つある物件ってそんなにないんですよね(私が住んでいる地域だけかもですが)… もちろん、戸建てならあるのですがそうなると家賃が高すぎてしまったりするのです。(当時は今よりもっと若かったのでよりそう感じました。)

また、頑張って一戸建てマイホーム(新築でも中古でも)を購入すれば解決するかもしれませんが、家はマンションが良い!ということを切望されると中々トイレが2つあることがないわけです。

部屋をぶち抜いたりして(リフォーム的な?)作るような感じになるのか、家を2つ購入するか、最低でも共用部分にトイレ複数があるなどではないと個人的には難しいし、そういったことを考えれば考えるほど高額になっていき無理が出てきてしまうのです。

※なお、メゾネットタイプのマンションであればたまに2つトイレがあることがあるのでそういう物件を探すと良いかもしれませんが、色々探した結果地域によっては中々ないような気がします。たまにありますが。

そんなわけで、今回はこんな個人的な悩みを書いてみましたが、何か良い方法がないかさらに情報収集してみようと思います。とくにマンションに関して。

このままでは、結婚はもちろん、同棲はあきらめるか、または超金持ちになって金で解決(トイレを2つ以上設置)するしかないのでは思ってしまい、とても残念な気持ちになることがあります。※もちろん根本的な解決には過敏性腸症候群をどうにかするしかないとも思います。

やはり私の周囲でいくら深刻な顔でこの話をしても、「もっと他に悩むことあるだろ!」って感じになってしまいがちですし、確かに過敏性腸症候群になる前なら私もそう思ったとは思いますが、今は真剣に悩んでおります、。


リボ払いには気をつけた方が良いと改めて思う

私は不必要な借金はしないように心がけておりますが、以前、楽天カードはさらに使い勝手が良くなったと感じるのページでも書きましたが、稀に高額商品を購入したりするときにリボルビング払い(いわゆるリボ払いと呼ばれるやつ)を利用することがあります。(楽天カードに限らずです)

利用頻度は多くはないので今までそこまで気にしておりませんでしたが、前に購入したもののリボ払い残高をしっかりと確認してみた際、あまりにも残高が減っていなくて驚きました。これは中々支払いが終わらないなと思ったのです。
もちろんリボ払いの仕組みをよく学べばわかることだし、確かにリボ払い自体はそれなりにメリットもあるし便利な支払い方法だとも思うのですが、一歩間違えると大変なことになりかねないなと改めて再確認した次第です。そのため、今回はどこかで一括で払ってしまおうと思いました。

また、4月ですし、新社会人の方や学生の方もクレジットカードを持つことになる方もいるかと思いますが、最近のクレカは最初の設定がリボ払いになっているということもあるし、そもそも「リボ専用カード」というのもあって、あまり知らないまま何気なく作ってしまうと面倒なことになる可能性もありえるので多少の注意が必要だと思います。(あくまでもリボ払いが不要な方という意味はありますが)

上記の通り、リボ払いの支払いというのは中々終わらないものです。そのポイントは一定額しか支払わなくてよいというのとその一定額を払ったらまた枠があく、つまりまた使えるからということもあります。そして、高い金利手数料支払っていくわけですし、長期に残高がある状態となるのでこれは借金と言ってもよいわけです。(さらに利用限度額が大きくその全てがリボ払いになっているとかなり長期化してしまいます。)

最初はクレジットカードのリボ払いの利用からはじまりそういった癖が出来てしまい(便利は便利なので)、その後カードローンやキャッシングを必要以上に利用してどうにもこうにもいかなくなるという人も私の周囲で見てきました。もちろん、繰り返しになりますが、リボ払いにもメリットがあるので上手に使うことが出来ればそれなりに便利ではありますが、とくに自制心がない方はとても注意が必要かなと強く感じます。


過敏性腸症候群がやや悪化気味で薬が増えてしまった

ここ最近は比較的安定していた過敏性腸症候群の症状ですが、3月の終わり頃から症状がやや悪化しておりました。寒かったり暖かかったり、後は比較的長期の旅行に行った時があったということが原因なのかなんなのかはわかりませんが、季節の変わり目や環境の変化があると悪化することはよくあるのでその可能性があるのかなと個人的には思っておりました。

ただ、いつもと違うのがイリボーからの便秘気味というのがかなり出ているという点です。いつもなら下痢型的な感じのみでイリボーを常時飲むと多少便秘気味になるとはいえそこまで不快感はなかったのですが最近は不快感が増長されており生活に影響が出ていました。(特に朝ですが)

それが1ヶ月近く続いていたので最近病院に行って相談したらイリボーの他に新たにポリフルという薬が出ました。かなり昔にコロネルという薬を飲んでいたことがあるのですが医師曰くそれと同じとのことでした。

グミみたいな名前の薬ですが結構錠剤は大きくガッツリしている感じの薬でやや飲みにくいです。(写真は今回貰ったポリフル)イリボーはOD錠もあるのでそれと比較するとですが。

このポリフルは下痢型と便秘型の両方に有効という優れものなのですが、私は基本的には便秘型ではないしイリボーで便秘気味になっているだけだったと思っていたので、なぜ出たんだろうと思いましたが飲んでいると腹の調子が改善しつつあります。気分的な問題もあるかもですが個人的には明らかに効いているなと感じました。

イリボーとの併用が良いのかは聞くのを忘れたんですが、実際にイリボーと一緒に出ているし薬局でも何も言われていないのでたぶん大丈夫なんだと思われます。(あくまでも個人的な予想ですが)しかし、イリボーは元々頓服および飲むとしても2.5μgと男にしては少なめだったし、ポリフルを飲み始めてからはその量も減った感じではあります。2.5μgを半分にして飲むなど。

しかし、改善されたとしても恐らく下痢型に関しては治らないのでやはりこの季節の変わり目から夏になれば恐らくイリボー頓服のみに戻るんだろうと思います。

そして、やはり感じたのは、いまは良い薬があるのである程度コントロール可能ではありますが、根本的な解決には生活習慣の改善や食事の見直しが大事だと強く感じます。ここが習慣レベルまでに改善されないとまた繰り返すんだろうなと思います。


1日の間、少しでも運動することが大事かもという話し

どの記事かは忘れましたが、有酸素運動について20分という数字にこだわる必要はないとの記事をいくつか見ました。1日の間に普通に生活しているだけでも脂肪燃焼はしているから運動だけで20分ということにこだわりすぎなくても良いような感じの記事だったかと思います。

確かに、私も20分という数字は昔から結構意識しており、ウォーキングとかジョギングとかでも20分以上を行うようにしていたし、20分過ぎてからが燃焼している的な感じで行動しておりました。また、室内で行うようなステッパーやエアロビクスステップをやるときもだいたい15分から20分を目安にし、その後は外を歩いたりして時間をかせぐこともありました。

ただ、「こだわる必要はない」的な記事をみてから、あまり意識せず運動するように最近しております。すると、細切れの時間なども利用して細かく運動するようになっていき、軽めとはいえ運動自体をかなり継続できるようになっております。

例えば、ステッパーやエアロビクスステップで10分とかならテレビを観ながらやっていれば意外と苦になりませんしすぐ10分程度経過してしまいます。それを一回やっておいて、あとは例えば本屋に行く時に歩いていくとか、ちょっとコンビニに行く時に少しだけ遠いコンビニに歩いていくとかやっていると恐らく合計で20分以上歩いているというか運動している状態になります。スキマ時間に運動している的な感じです。

勉強とかもやはりスキマ時間って大事だったし、電車の中とか結構有効に使えたりしたものです。その考えを運動に応用し少しだけ意識するだけで1日の運動量が増えるのではないかというわけです。

もちろん、がっつり鍛えたい!という場合は普通に20分以上ウォーキングとかジョギングをしたり、スポーツクラブに行って数時間トレーニングした方がより良い(効果が出る)とは思います。しかしながら、目的にもよりますが、普通に日々の運動不足の解消だけであれば1日の運動量を意識的に増やすだけでも良いのかなと最近は思います。ちょっとした運動不足の解消で20分以上ウォーキングとかジョギングをしたり、スポーツクラブ通いというのは毎日は続かないことが多いので、そういった継続させるという意味でも良いのかなと。

私が見た記事では数分の運動でも脂肪を消費することは出来るとのことでしたし、何かをしているときもわずかに消費しているとのことだったので、それに加えて先程書きましたように、エアロビクスステップで10分程度であれば比較的簡単だし毎日続けられそうです。

少しでも毎日運動をした方が良さそうなので、それなら可能な限り楽で続くほうが良いと思います。もちろん繰り返しになりますが、アスリート並にトレーニングしたい方やがっつりダイエットしたい場合などはまた別だと思いますが、ちょっとでも運動不足の解消(健康維持を目的とした)をしたい場合はという意味です。

ちなみに、エアロビクスステップとは雨の日は室内で運動・「EGS(イージーエス) エアロビクスステップ」を使ってみたのページで書いておりますが、価格が安いし軽いし収納スペースもそんなにいらないので結構おすすめです。足踏みしているだけなのにひさしぶりに行うと意外にもふくらはぎが筋肉痛になるのでまぁまぁの運動にはなるんじゃないかなと思われます。


いらないゲームソフト等を売りに行ってみた(買取のお店)

ここのところ、家の整理をしておりまして、結構いらないものを処分したりしたのですが、売れるものは売ったほうが良いということになり結構買取ショップに行っております。

以前ならヤフオクに出したりしましたし、今ならメルカリとかもあるのでそういった形で売ったほうが良い(高く売れるという意味で)のかもしれませんが、やはり多少の手間がかかるため今回は近隣の買取店に持って行ってざっくり売却しております。

今回はいらないゲームを売りに行ったのですが事前に色々調べました。これも昔であれば恐らく何も考えずにブックオフ一択だったかもしれないんですが、今回は色々と調査した結果、ゲオが良さそうということに気付きました。

なぜかと言うと、買取アップキャンペーンをどうも「ほぼ常時」やっているからです。私の地域のゲオではほぼ毎日のようにそのキャンペーンがやっているようです。(微妙に終わったりするかもですが私が知る限りほぼ常時やっておりました)

そのキャンペーンというのは、対象商品ですが3本まとめると600円アップや6本で1500円アップ、10本で3000円UP、15本で5000円UPといったものです。大量に売るものがある場合、これはかなり熱いです。15本あれば5000円UPしますので。また、友達とかき集めてまとめてもっていっても良いので結構簡単に15本いくと思います。

というわけで、ここ最近はゲオを中心に売却しておりました。もちろん、ブックオフとかでも何かしらキャンペーンをやっていることもあるのですが、私が調査した時期ではゲオが最も良かったし常時やっていたので助かりました。3本でも600円UPですが細かいですが地味に嬉しいものです(笑)

そこで思ったのですが、こういったキャンペーンをやることによってお店にも商品が集まりやすいというメリットもあると思うのですが、ゲームソフトやCD等以外でもこのようなキャンペーンがあったら面白そうだなと思いました。例えば、バイクとか車とか。車は少し難しいかもしれませんが。他にも色々な場面で考えられるかと思います。※もちろんこのような、または似たようなキャンペーンをやっているかもしれませんが。

もし知人と売りたいタイミングが重なれば2台持ち込みで○万円UPとかならとてもお得感がありそうです。まぁゲームソフトとかと比べればやはりこういった大物を2以上売るときが重なるというのは少ないとは思うので難しそうですが、もし重なればお得なのは確かです。

少し話が逸れましたが、このような買取キャンペーンは両者にメリットがあるのでとても良いなと思いました。


ハリルホジッチを解任、後任は西野朗氏…今はもう4月9日なんだが、。

どうやら、ハリルホジッチ監督解任からの西野朗(技術委員長)でワールドカップに行くことが決定したようです。

率直な感想としては、今はもう4月9日(日付変わって現在10日ですが)なんだが、、ということ、なぜ手倉森氏ではなくて西野朗氏なのか?ということ、あとは日本サッカー協会は一度解体した方が良いのではないだろうか?そもそも田嶋幸三会長もやめるべきだろう、ということを思いました。(会長の会見を見てさらに思った次第です)

個人的には、日本代表、かなりひどい内容でホームで韓国に負ける [E-1選手権]で書きましたが、一時の感情的な気持ちではなく、客観的かつ冷静になると、ハリルを信頼して腹をくくるべきだと思っておりましたし、2017年12月の段階でも監督交代は遅い(短期型かつハリル以上の監督が来てくれるなど状況によるが)とは思っていたのでさすがにあと2ヶ月に迫った4月に監督交代というのは驚いております。

確かに、一時はやっているサッカーはあまりおもしろくなかったし、アジアでも危機的状況もあったのでもう少し前(2次でシンガポールに負けたり最終予選でUAEに負けたあたりなど)であれば比較的解任には賛成な気持ちもあるのですが、2018年に入った状況での解任からの西野朗監督誕生というのはどうにも納得はいかない部分はあります。

そもそも遠征後に西野(そのとき技術委員長)は、「現状はこのままハリルホジッチ監督でいく、まったく現場が成立していない感じは持っていないです」的なことを言っていましたからね。その数日後、ハリル解任からの自分が監督就任ということになったわけです。※もちろん選択肢が限られていたので仕方ない面はあるとは思いますが。

確かに選手との一体感がここ最近あるとは思えない状況は見て取れましたが、それでもこのベルギー遠征のみだったような気はします。※かなり良くない雰囲気だなと思ったのは。実情はわからないのであくまでも表面的な個人的感想です。

また、この遠征はあくまでもテストマッチ(確かにとくにマリ戦の内容はかなり酷かったが)ということで、本戦では策士っぷりを発揮することを少なからず期待してはおりましたしここまできたら信頼して腹をくくるしかないと思っておりました。

さすがにこの時期に解任となると正直言って色々と期待や希望は持ちにくいです。それほどW杯は甘いものではないと思う部分もありますが日本サッカー協会に全く期待が出来ないと言った感じです。もちろんチームが好転して結果を出す可能性も僅かにはあるとは思いますが、確率は低いでしょう。そして仮に結果が出たとしても、このような協会の体質はどうにもならないので一度解体するべきだと強く思いますね。

実際、昔からそうではありますが、直近でもアギーレを呼んだにも関わらず契約解除、からの全く違うスタイルのハリルホジッチを呼び、ここで解任、そしてどこに責任があるのかはあいまいなままというのはあきらかに異常体質です。

アギーレだってそもそもあの段階で契約解除にする必要もあったかどうかもわかりませんし、もっと言えば疑惑があるということを事前情報収集(リスク調査・きめ細かい身辺調査)出来ていなかったかもしれないというのは問題とも言えます。

ハリル監督だって当初こういったサッカーを日本に植え付けて欲しいとビジョン共有した上での契約だったはずで、それを色々ありながらも遂行している中(また、W杯出場を決めその集大成をみせるわずか2ヶ月前)、ここにきていきなり解任というわけです。

この4年間(そもそもいつも4年で考える時点でおかしいが)はかなり無意味なものになったのはもちろん、非常に酷い状況であると思われます。2010年の岡田監督の時も事前に色々ありましたが、それとは性質が違うやばさはあるでしょう。
もちろんこの時期でこんな思い切ったことをしたわけなので、真相はわかりませんが、想像以上に何か代表内(監督と選手、協会の方針との差異、構想の共有のなさ等)に問題があったんだとは思いますが、。

西野朗監督もこのワールドカップまでが任期でしょうからその後のプランや計画についてのある程度の一貫性などは具体的に示してもらわないと困るわけです。はい、だめだったから今度はこっちの国の監督、はい、オール日本人で!とかその場の流行的なものはやめて頂きたいなと。

いずれにせよ、大会後は一度責任を明らかにし、協会自体は一度解体するなりして新しくすることを強く希望したいところです。

そして、このような状況だと今後しばらくは優秀な監督はもちろん、ハリルやアギーレ、ザックといった最強ではないもののそこそこ高レベルの監督も来なくなる可能性もありえるかと思います。今回の解任の流れの世界的な印象は結構悪いはずなので…,

まぁこんなことになってしまいましたが、私自身は日本人として日本代表を応援することには変わりはありません。ただ、気持ち的には非常にもやもやする感じでワールドカップ観戦になるのは確かだし、これで惨敗ということになればさらに今後にも多方面にてかなり影響はあるかと思われます。

ただ、ネガティブなことばかり言っていても仕方ないのでこうなってしまった以上、今できることをしっかりやり、限られた時間で最高の準備をして大会に行って欲しいとは思います。

もはやどん底まで落ちたわけですので、一度リセットして(なぜこの時期なのか?ってのはありますけど)チーム一丸となって今大会だけはやり切ってほしいです。その後はサッカー協会だけは一度解体してもらうなり、少なくとも田嶋幸三会長は責任を取るべきでしょう。

なお、西野朗新監督は、22年ほど前に五輪ですがブラジル(セレソンはかなりのメンバーを揃えた豪華なチームだった)を破ったときの監督です。非常に守備的なサッカーをして勝ちましたが、大会中に中田英寿らをまとめることは出来ていなかった印象が強いです。(ちなみにグループリーグ敗退)

ガンバ大阪ではアトランタのブラジル戦とは真逆といっても良い攻撃的な面白いサッカーをして結果を出しましたが、2012年あたりからまともな結果は出ていない印象です。ただ、守り切るやり方は知っているはずなので初戦のコロンビア戦、どのように戦うのか個人的には注目しております。

ちなみに、私がブラジルに行ったのは上記の五輪のわずか数年後だったので、ブラジル人にサッカー関連で小馬鹿にされると「五輪では日本が勝ったけどね」と言い返すことがまだ出来ました。どうでも良い情報ですが。

ということで、色々とどうでも良いことをはさんだ長文になりましたが、かなり特殊な状況下でのワールドカップということになったし納得がいかない面もあるとは言え、応援をすることは変わりはありません。ただ、極めて厳しい大会になるだろうし、惨敗の可能性はも十分あるでしょう。そうなったらはもちろんですが、仮に好転して結果が出たとしても、色々ときめ細かく検証し、いよいよ協会の体質を根本から変える状況だと思います。


激しい寒暖差にはやはり注意が必要

ここのところ急に暑くなりました。昨日は真夏とはいきませんが、夏前に近い状態の時間もありましたし、3月末あたりから暑い日が続いたりしております。(気温の変化があり寒い日もあった)

ところが、現在早朝ですが昨日に比べるとそこそこ寒いというか涼しめです。そして、天気予報をみると日中も昨日ほど気温は上がらず、というか昨日と比較すると10度とかの差がありそうです。さらに週間予報をみてみると最低気温については結構寒い日もありそうでこの一週間はまたも寒暖差が激しいと思われます。

既に、3月の後半あたりから私は体調不良が少し出ております。前にも書きましたが私は過敏性腸症候群になっているのですが、その症状がやや出ております。すぐに薬を飲み始め何とかなってはいるのですが、数日間は症状が断続的にありました。そのため、この一週間はかなり注意したいと思っております。

また、私の場合は元々あった過敏性腸症候群だけしか今のところ出ておりませんが、人によっては様々な症状が出たり、体調不良になる方もいるので十分注意した方がよさそうです。

さすがに、4月半ば過ぎてくればある程度安定するかとは思いますが、ここのところの気温変化や異常気象的なものを考えると何が起きてもおかしくないので日々健康体調管理をしておこうと改めて思いました。

まずはなるべく規則正しい生活と栄養補給、休養をしっかり取るなど、初歩的なことをしっかりやろうと思います。


長時間花粉にさらされる場合はやはり駄目だった

4月に入りましたが未だに花粉症に苦しめられております。ただ、この前書きましたが、目についてはかなり厳しいのですが、鼻に関しては試行錯誤(鼻うがいやバイオネット、あとは病院の処方薬などで)した結果ある程度何とかなっておりました。

ところが、つい最近、長時間花粉にさらされる状況(避けられない用事にて)になったのですが、あとで鼻うがいをすれば何とかなるだろうと思っていたところ、花粉にさらされてからその後数日の間、非常に強いアレルギー症状が続いてしまいました。ここ最近では一番酷い状態となりました。。。

もちろん、その時(長時間さらされるとき)はマスクもしておりましたし、内服薬も飲んでおりました。また、朝に鼻うがいをしていたわけです。しかしながら、その状況下の途中で既にかなり酷い症状になりはじめ、帰りの車の中ではティッシュを鼻につめておかないとどうしようもない状況になってしまいました。途中で応急処置的な感じで鼻にシュッとやるやつもドラッグストアで買うほど厳しかったです。

恐らく、食事や水を飲む時、または何らかのことでマスクを少しずらした時に入ってきたんだと思われますが、通常であれば数時間なので何とかなっていたんですが、この日は何度も書いておりますように、長時間(日中ずっと)花粉にさらされ続ける状況だったのでどうにもこうにもならなくなったようです。当然のことながら目はボロボロ状態です、。

やはり、根本的な解決にはなっていなかったんだなと改めて思った次第です。(やっている対策からして当たり前ではありますが)油断していたわけではありませんが、鼻に関してはある程度対応出来ていたので気が緩んでいた可能性はあります。しかし、こうなってしまった以上、今年はもう上記の状況下になるようなことはありませんが、来年などはかなり注意しようと改めて思いました。ただ、これ以上やりようがないっていうのもあるんですけどね…

注射でそのシーズン花粉症が出ないというやつがあるらしいんですが、即効性からしてその注射と呼ばれているのはステロイド注射によるものだと思われるので個人的には花粉症の対策としてはあまりやりたくはないです。

あとは舌下免疫療法は少し気になっておりますが。

ということで、今回ひさびさにかなりの花粉症の症状が出てしまったので来年の対策には力を入れようと強く思いました。とりあえず、今年の花粉シーズンははやく終わってほしいです。