月別アーカイブ: 2018年5月

国際親善試合・日本対ガーナ、大会直前の状況など

ハリルホジッチ氏が解任になってから最初の試合でしたが、ホームでガーナに対して0-2で敗れました。これについてはそんなに驚きはないです。(負けたということについて)もちろんたぶん昨日か一昨日あたりに来日したガーナですし、日本はホームなので結果としては残念ではありますが、まぁこんなもんなのかなというのが率直な感想です。

ただ、例えばハリルが同じように0-2で負けていたとして、批判はある程度高まるでしょうけど、「親善試合だから手の内を見せていない」的なことや「本番では全く違うサッカーをするだろう」的な意見がコアなファンらからはある程度出ていると思われます。

ですので、西野監督の日本代表にとってもこの点については同様に考えた方が良さそうです。(精神的にも)

しかし、そうはいっても、今日の敗戦でやはりここまで批判が出てしまっているのは、やはりサッカー協会の意味不明ハリル解任から続いているのは確かで、基本的にはほぼ何をしても現時点では批判は高まると思われます。(今日の惨敗でよりそうなった)
本番で勝利し番狂わせ的に勝ち進めば手のひらを返す人も多いとは思いますが、それでもコアファンは複雑な方もやはり多いと今回は思います。こうしてしまった協会については不信感しかありませんね。

個人的には、やはりなんだかんだでどのみち日本代表は応援していきますし、勝てば当然喜びます。日本人として代表が国際大会、しかもワールドカップで勝ち進めば単純に嬉しい部分が大きいからです。

しかし、様々なネガティブな背景から、そうではなくなってしまっている方(もし勝っても全力で喜べないような方も含め)が多いという点においては、やはりサッカー協会、特に田嶋会長の責任はかなり重大だと思っております。

話が逸れましたが、今日のガーナ戦で感じたのは長谷部中央の3バックはやや難しいのではないかなと思ったことです。長谷部のコンディションが完璧であれば面白いシステムだと思いますが、今日レベルの内容であれば厳しいと思うし、長谷部の代わりがいないというのも不安です。3バックをやるとしたら吉田麻也を中央にしても良いのかなと個人的には思います。

あとは、大島僚太は抜群に巧いということを再確認しました。ボランチの1枚を攻撃的にいくとすれば柴崎岳はもちろん、大島僚太も入れておきたいです。どちらがスタメンでも良いレベルです。

そして、本大会ではある程度割り切りが必要でしょう。面白いサッカーではなくても守りきってカウンターを狙うということを徹底するのもありです。とにかくやることを決めてそれに徹底的に集中した方が良さそうです。

また、南アフリカ大会前とは状況的には違いますが(直前で監督が変わっているしメンバーも違う)期待感がほとんどないという点はかなり似ています。ここから「見返してやる」的な気持ちでも良いので強いメンタルを選手には見せて欲しいです。

あのときは川島永嗣を起用したり、キャプテンを変更したり、本田圭佑をワントップにしたり色々と本番で大胆な変更がありました。

今回も思い切りの良いことをしても良いのでは?とも思います。

例えば、怪我の具合にもよりますが、思い切って中村航輔をスタメンにするというのも良いと思いますし、明日の発表でいきなり中島翔哉を呼んでも良いのでは?と個人的には思います。本来なら堂安律も呼んでほしいのですが。(35名に入っていなかった気がするので…)

またも本番で本田圭佑のメンタルや勝負強さ、勢いに頼ることになるかもしれませんが、本当ならその部分(勢い的な・2010の本田のような)は新しい若手が(例えば堂安)出てきてほしかったです。いるにはいるのに入っていないので…。そのうえでベテランと融合してほしかったですが、こればかりは仕方ありませんね。

ただ、時間は少ないですが出来ることはまだまだあると思うのでとにかくやるだけのことは徹底的にやって当たり前ですが少なくとも気持ちでは絶対に負けない状態で大会に入って欲しいです。


AXE(アックス)ブラック、ジェル(ナチュラルポリッシュ アクアジェリーだと思われる)を使った個人的な感想

先日、外出時に緊急的な感じでジェルまたはワックスといったヘアスタイリングアイテムを使用する必要が出てきたのですが手持ちがなかったため、急いでコンビニで適当にAXE(アックス)のジェル(たぶんナチュラルポリッシュ アクアジェリーだと思う)を購入して使用しました。

※AXEというのは間違いないですが、「たぶん」と書いたのはもうすでに手元になく、ネットで検索したら見た目が同じという製品があったためです。

使用感は悪くなく、とても良い感じになったかなと思い電車に乗りました。

そして、しばらくすると途中で車内が非常に臭いと感じてはいたのですが一向におさまらない状況が続いたんですが、ふと自分の手(ジェルを付けたあと軽く洗ってはいたんですが)や頭、このジェルを入れた鞄などを気にするとどうやら私からこのにおいが発生しているんだなということに気付いたのです。

この匂いは私には本当に合いませんでした。(※もちろんこれはあくまでも私の感想です。個人的な意見なので人によると思います。当然ながら好みの問題もあるので人によっては良いにおいと思うかもしれません)

あくまでも私の鼻での感想ですが、非常に昔の製品のニオイ的と言いますか、強力な加齢臭と言いますか、とにかく個人的には合いませんでした。※もちろん、単純に私の加齢臭という可能性もありますが、これを付けた後に勢いが増しているためこのジェルのにおいもかなりあると思っています。ニオイの感じ方は人によると思いますが。

ジェルとして使う分には全然良いし質は高いと思ったのですが、このニオイは個人的にはなかなか耐えられませんでした。この日は緊急時で髪を洗うわけにもいかず、仕方ないのでそのまま過ごしました。そしてこの商品を持ち歩いていたことからそこから僅かにニオイが漏れたようで、入れていた鞄のニオイを嗅ぐと途中で気持ち悪くなるほどでした。

ということで、帰宅後、これは今後使うこともないし保存しておく必要もないと判断したため、勿体無いとは思いましたが捨てました。人にあげても良かったんですが、さすがにこのニオイは万人受けするとは個人的には思わなかったのでそれもやめた次第です。

※もちろん、繰り返しになりますが、これはあくまでも私の思った個人的な感想です。好みの問題で人によっては気に入ると思いますし、香りも気にならないかもしれません。

もしこのジェルを使おうと思っている方がいましたら香りに関しては十分に事前に調査(口コミや評価などを見るなど)することをおすすめします。人によっては合わないかもしれないので十分注意してください。

愛用者の方がおりましたら、このようなネガティブな感想で申し訳ありません。ただ、私が今まで使用してきた製品の中では最もにおいが強く個人的には最も合わなかったです。好みは人によって分かれると思いました。

長々となりましが、使用した感想を短くまとめると、

・使用感や使い勝手は良い

・ニオイは個人的には最悪(合わない)

ということになりました。


3試合で全て戦い方が変わる大会になりそう

今大会は直前での混乱も含めて色々と期待できないという面はあるとは言え、ここ最近のニュースを見る限りでは西野監督(コーチ陣)はかなり色々と考えていることはわかります。もちろん大会前なので情報が全て出回るということはないはずですが、公開されている範囲だけ見ても結構守備には力を入れるのかなというのはわかりました。

3バックを検討し、右サイドに原口元気を試している記事を見ましたがこれは面白いと思います。原口元気が攻守にかなり期待できるのは確かで、3バックからの5バック気味になったとしても上下出来る選手なので攻撃の枚数がそこまで減らさないで守りも出来るというメリットがありそうです。

もちろん体力がもたないというのはありえますが、原口ならコンディションが良ければギリギリまでやってくれるでしょう。またもしその戦術で行くとなり、原口が疲れたら酒井宏樹と交代すればよいし、また、最初が酒井宏樹で原口というのも考えられるでしょう。なのでこういったことはオプションとしては良いのかなと。

5バック気味にしつつも原口の上下、あとは柴崎岳や大島僚太をボランチに一枚入れておくということで攻撃力もそこまで落とさないというわけですね。個人的にはボランチを井手口と山口にしてしまいさらに守備的にし、本田圭佑、宇佐美、乾、原口の上下でカウンター狙うというのもありだとも思います。この場合は本田のワントップですが。

ということで、記事タイトルと少しかけ離れた文章になっておりますが、おそらく3試合全て戦い方は変わるはずです。勝敗によって2試合目、3試合目が変わるのはもちろん、対戦相手的にも変えてくるはずです。正直言って初戦が最も大事とはいえコロンビアはかなり強いです。普通にやれば普通に負けるでしょう。なので初戦負けると痛いですが負けても最悪あと2試合で勝負、また何とか守備的にいきつつも引き分けたら良いという引き分け狙い的な戦い方になるかもしれません。もちろん、それで勝つことができれば最高です。

そして、セネガル戦はガチンコ勝負で良いと思います。セネガルの方が現状強いはずですがコロンビアほどの差はないと思われるし、勝てるとしたらセネガルではないかと思っております。ここはさらに布陣を変えて勝ちに行くべきでしょう。

ポーランドについてはこちらもかなり強敵ですが、意外と僅差というかハマれば好勝負は可能なのかなと予想しております。勝てるチャンスも十分にあると個人的には思います。レヴァンドフスキがいるのでその対策をどうするのかという意味でもまた戦い方、布陣を少しいじる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、ワールドカップ直前なのにあまり盛り上がっていないのは残念だし、ある意味意味不明の解任とかもあったしそれによる色々な憶測含めてネガティブな話も多めなので仕方ないのかもしれませんが、私はそれでも全力で応援しようと思っております。グループリーグ突破の可能性は低いとは思いますが、それでもチャンスはありそうです。楽しみです。


今年はどう対策をしようか少し迷うが結局はほぼ同じに・脱毛関連

ここのところ、少し前までは寒暖差が激しかったのですが、ようやくある程度暑くなってきました。そして、ハーフパンツをはくような感じになりつつあります。そこで、今年の脱毛についてまた考え始める時期になりました。

毎年似たような記事を書いていて、結局いつも似たような対策になります。やはりとくにすね毛に関してはもう面倒なので医療クリニックにて脱毛をしてしまいたいと考えているのですが、今年もそれはしない方向です。もちろん本音ではクリニックに行きたいんですが、費用面や日程面で難しいのです。(ただ、毎年そうなっているのでどこかでもっと本気になって計画的にやらないといつまでたっても同じだとは感じております)

ということで、今年の対策ですが、結局のところ除毛クリームでまずはツルツルにし、その後はカミソリで剃るという感じでいつもと同じです。手に関してはあまり生えていないのでそのまままたは脱色しておく程度だと思います。

あと、今年いつもと少し違う対策をと考えているのが、シェーバー バリカンみたいなものを使うのも良いかなと思っております。どの程度楽になるのかわかりませんが、やはり定期的にカミソリで剃るという作業は意外と面倒だからです。

ちなみに、前にも書きましたがかなり昔には家庭用脱毛器みたいなものを比較的長い間利用していたことがあるのですが、私が使っていた製品についてはほとんど何も効果がなかったので使用するのはやめました。あれも結構時間を取られるので効果がないのであれば時間の無駄だと思ったからです。(もちろん、質の高い良い製品で根気強くやれば違うのかもしれません。あくまでも私が使用していた製品の話になります)

結局のところ、使用する前にはある程度ツルツルにしておかないとならないので、その作業がプラスされてしまうし、効果が体感レベルでわからなければ単純にカミソリで剃る方がまだ楽だと思いやめた次第です。

というわけで、結局今年もほぼいつもと同じ対策になりそうです。

男なのになんでそんなに気にするの?と言われることもあるんですが、やはりハーフパンツをよく履くとうのもありますし、その場合、すね毛は邪魔な気が個人的にはするということ、また、私は長年サッカーをしていて海外にも行っていた経験があるのですね毛ツルツルというのに抵抗がないというか、その方がどちらかと言えば良いと思っているからこうなっているのだと思われます。


小林祐希、中島翔哉、堂安律、森岡亮太らが外れた理由を考えてみる[日本代表メンバー発表・ガーナ戦からのロシア]

ガーナ戦のメンバーが発表され、久保裕也については今後招集の可能性がありそうですが、タイトルに書いた選手らは基本的にはメンバーから外れた可能性が高いようです。

メンバーを見てまず思ったのが、無難に、いかにも日本らしく、まとめてきたなということですが、やはり上記の選手らが外れたことだけは個人的には全く納得できないです。

もちろん誰もが満足するメンバーというのはありえないし、仮にハリルホジッチ監督のままだったとしても今度は他の選手が外れる可能性もあるし色々な見方はあるかもしれませんが、今回は上記の選手が外れた理由を考えてみようと思います。

まず、小林祐希ですが、ボランチ枠を考えると青山敏弘や井手口、三竿健斗、大島あたりとの比較になるのでしょうが(長谷部、山口蛍は確定だったとして)、オランダでほぼずーっと出場し続けている(一時外される時期もあったが復活)選手でハードワークも出来て戦えるし攻撃面でも期待出来る選手が35名にも入っていないというのはおかしいでしょう。少なくとも35名には確実に入るべきです。

こうなってくると、まさかタトゥーが結構目立つ部分に入っているから色々な方面からの印象が悪く、さらにここのところの代表の問題(意味不明な解任からの)などが想定以上というか予想に反して多くあり、これ以上少しでも面倒なことは減らしておきたいとかそんなくだらない感じで外れたんではなかろうなと少し勘ぐってしまうほどです。
もしそうなら極めて日本的なアホらしい選考だといわざるを得ませんが、さすがにそれはないとは思うので、やはりここに来て青山敏弘を入れたこと、柴崎岳もボランチは可能ということ、さらには今野も考えていた、また、井手口は入れておきたいということで優先順位はかなり低かったのだと思われます。個人的には小林は入れてほしかったですね。

次の中島翔哉ですが、これは多くの人が納得出来ない部分かもしれません。どうやら「ポリバレント性のなさ」を落選理由にしているようですが、中島翔哉はトップ下も出来るし、右サイドもやろうと思えば出来るはずです。少なくとも浅野拓磨よりはマシでしょう。(スピードでは劣りますがその他はほぼ全部中島翔哉が上)恐らく浅野は切り札的に入れておきたいのでその点で右サイドは考えられなかったんだと思いますが。

いやー不可解ですね。まぁ、左サイドで検討すると、原口元気は攻守を考えると鉄板だとして、乾貴士との争いとなって負けてしまったというのが正直なところでしょう。その点であればある程度納得は出来ます。ただ、ポリバレント性のなさというのは意味がわからなかったです。トップ下、右サイドでも使えないと判断されたのでしょうか。インサイドハーフも可能だと思うのですが。

次の堂安律ですが、こちらは恐らく経験がないということなんでしょうか。若すぎるとか。もしそうだとするとこれも極めて日本的というか守りがち選考というか、。
これも浅野との比較となり浅野には申し訳ないのですが(オーストラリア戦でゴールを決めてくれたし)、少なくとも浅野よりはあきらかに期待できます。中島翔哉と同様に数字も出しているし、次世代の代表のことを考えたら思い切って入れてほしかったです。

そして森岡亮太でありますが、こちらはある程度予想はしておりました。森岡が素晴らしい選手であるのは間違いありませんが、トップ下での争いになると、香川真司、柴崎岳はもちろん、本田も可能だし宇佐美も可能、大島僚太もかなり良いという中での落選なんだと思われます。しかしながら、予備メンバーにも入ってないっぽいのは意味不明ではあります。

ということで、だらだらと長文になり申し訳ありません。また、書いてて何か少しアホらしくはなりましたがやはり西野監督の人選は無難すぎるというか思い切りが全くないなってのを感じてしまい、ちょっとだけ西野監督に期待していたんですが今はとても残念な気持ちになりつつあります。しかし、結果が全ての大会ではあるのでそれでも何とか日本には結果を出してもらいたい気持ちはあります。もやもやしておりますが、それでも代表は応援していきます。


今大会は宇佐美貴史にも期待したい

ここにきてかなり好調を維持している宇佐美貴史ですが、良い形でシーズンを終えてワールドカップに向かう感じになってきました。(選ばれればという話しですが、現状の活躍であれば普通に入るでしょう)

左サイドに良い選手が多すぎるので右サイドで宇佐美をと起用してほしいなとも思っていたんですが、トップ下(または1トップの少し下エリア)でも良いのかなと最近の試合を見て思いました。

つまり、左右と真ん中さらにはもし2トップをやるとしたらその一角もOKというわけです。

前線ほぼ全部の位置でプレー出来るのは大きいし、負けている時に攻撃専用切り札として途中出場でも流れを変えられる可能性もあります。

元々、才能はかなりのものがあるわけですし、ガンバ大阪でも爆発している時期はJとは言えとんでもないことになっておりましたが、最近は守備もやるし以前より走るように見えるし体もはるし、選手として1レベル上がったと思います。挫折からの這い上がりという意味でも良いし、ワールドカップ直前に好調というのも期待出来ます。

他にも期待できる選手はおりますが、ここにきて意外と宇佐美貴史がキーマンになるような気さえしてきました。

香川真司は怪我明けですし、柴崎もあまり試合に出ておりませんのでトップ下でスタメン起用もありなのかなと。そうなれば中島翔哉を左サイドで起用も可能かもしれないし、当然乾貴士もいるわけで色々と両サイドの起用に幅が出るかもしれません。

ぜひともここで活躍して一気に駆け上がって欲しいと思います。(本来それ程のタレントですし)

話は少し変わりますが、個人的には、このロシアワールドカップで、宇佐美貴史、柿谷曜一朗、香川真司、柴崎岳、乾貴士あたりの共演を昔は期待していたのですが(下手したら俊輔、小野伸二、中田の時以上に)、やはり全員がスタメンってのは少し難しいのかもしれません。年齢的には最も良い時期ではあるんですけどね。

ということで、最後は話が逸れましたが、

ワールドカップまであと1ヶ月程度という中で、現在の宇佐美貴史の好調ぶり、ある意味復活は最近の暗い話題ばかりの日本代表にとって個人的には嬉しいことの一つです。本大会で期待したいです。


W杯(2018・ロシア)後、日本代表監督はどうなるのだろうか?

ワールドカップがいよいよ迫ってきましたが、今回の大会後の代表監督はどうなるのだろうか?というのはかなり気になっております。

オールジャパンとか言ったりしていたり、大会後も日本人監督でというのを希望している意見が協会内?技術委員会?にあるという記事も見かけたりしたのですが、どうなるんでしょうね。

いくらハリルホジッチ監督の解任の流れが悪かったせい(協会のせい)で今後日本に監督として優秀なレベルの方が来にくくなる可能性が高まりそうだとは言え、現時点で日本人監督で世界と戦えるとはあまり思えません。

もちろん、将来的に、長期的に見たらいつかは日本人監督でというのはわかりますし、私もそれが良いと思っておりますが、現状、世界レベルの日本人監督って見当たらないんですよね個人的には。岡田武史監督くらいでしょう。そんな岡田氏もライセンス返上したので今治の経営に集中するはずです。

今回、もし奇跡的に西野監督で決勝トーナメント進出などという結果が出たとしても、やはり西野監督で2022年までというのは期待感がないです。個人的には。

Jリーグを見渡しても、若い監督で今後期待できそうな人はおりますが、それ以上の年代だと個人的にはあまり見当たらないわけです。

私の周囲やネットの意見、またはサッカーライター的な方の一部には風間八宏氏を推す人は結構おりますが、もし風間八宏氏を日本人代表監督にするのであれば2022年はあきらめて2026年までを考えないと難しいのではと個人的には思います。

下手したら2022年の大会出場自体難しいかもしれません。あのサッカーは完成すればある意味大変魅力的なサッカーではあるのは確かですが、完成までに時間がかかる上にその過程で負けまくるということ、失点が多すぎるということ、強豪国に対してどうなるのかは完全に未知数(実際、親善試合でドルトムントにホームで大敗したりしている)ということ、あのサッカーを完成させるにはそうとう技術レベルの高い選手だけを揃えうまく連携させる必要があるなど、それら含めクラブでも中々難しいのに代表チームとなるとさらに難易度が高いと思われるからです。

4年間と言いますか、実際にはもっと短い間にやらないとならないので、その過程のアジア最終予選で負けてしまうことは十分あると個人的には思います。※もちろん柔軟性があってやり方を変えられる、アジアでは負けないないような戦い方も可能であるならならわかりませんが。ただそうなると今度は風間八宏氏の極めて良い面、個性も薄れる恐れがありますのでバランスが重要になると思われますため今見る限りでは結構難しいのではと個人的には思ってしまうのです。(特に代表では)

現に、現在の名古屋グランパスは、元セレソンのジョーがいるのはもちろん、ガブリエル シャビエルというテクニシャン、GKにランゲラック、DFにホーシャと、中央のラインにかなりハイレベルな外国人が揃っております。また、日本人選手も現役代表選手はいないかもしれませんが青木や長谷川、佐藤寿人や玉田と、若手とベテランの良い選手がそれなりに揃っております。にも関わらず、現在最下位ということなので明らかに問題があると言わざるを得ません。

風間八宏氏を代表監督というのは確かに長期的にみた上で完成まで行ければ、辛抱強く我慢出来れば、もしかしたらとても魅力的なチームになる可能性もありますが、あのやり方を代表に取り入れたら一時的に負けまくると個人的には思ってしまうほど不安定な時期があるわけです。しかもある程度安定しても失点は多めです。(川崎フロンターレの時ですが)

話がだいぶ逸れましたが、やはり日本人監督で是非この方に日本代表の監督になってもらいたい!と強く思える方が個人的には今の段階では正直おりません。

なので、どうしても現時点では代表監督は優秀な外国人を呼ぶというのがベターではないのかと改めて思っております。世界のサッカーは日本サッカー協会が思っている以上に加速度的に進んでいるし、あのブラジルですら守備からのカウンターを磨いたり、組織的に戦う時は戦います。

少なくともしばらくの間は外国人の戦術家寄りの監督を呼ぶのが良いと個人的には思います。

まぁその前に何より田嶋会長にやめてもらう方が重要かもしれませんが。


モテる意外なクレジットカード的な記事を見た感想

クレジットカード関連のニュースで目に付いた記事があったので最初流し読みで見たのですが、記事内に「銀座最年少ママの桐島とうか氏が1位に選んだ」というのが書いてある中、さらにダサいカードに楽天カードが出てきていて結構ボロクソに書いてありました。

楽天カードはダサい!? モテる意外なクレジットカードTOP3(日刊SPA!)

それを見て、

「おいおい、学習院大学を出ている銀座最年少ママともあろう上品だと思われる方が、こんな下品な言い方をするもんなのか?」と一瞬思ってしまいましたが、しっかり見てみると銀座最年少ママの発言ではなく、歌舞伎町ガールズバーの店長の女性の評価でした。

その点(銀座のママの評価ではなさそうという点)は納得したのですが、この楽天カードの評価についてはいつも残念に思います。

この記事では、その歌舞伎町ガールズバーの店長の女性によると、学生じゃないんだから夜の店でポイントを貯めようとする庶民感情がダサい的なことを言っているんですが、そんなに駄目ですかね?

銀座のクラブは別として、歌舞伎町ガールズバーはどちらかと言えば庶民的だと思っておりましたが。(もちろん店にもよりますが)

また、これだけ楽天カードが普及していて、さらにお得に使えるわけです。前にも楽天カードはさらに使い勝手が良くなったと感じるのページで書きましたが、どんどん使い勝手が良くなっております。ポイントを貯められて使えるお店もかなり増えていますし、結構幅広い層が持っているなという印象はありますよ。確かに使い分けをしている人が多いとは思いますけど、個人的には恥ずかしいとかはほぼないです、これだけ普及していて皆持っているので。

確かに見た目は格好良いとは言えないとはいえ、これだけお得にポイントを貯められて上手に使えば日々の生活が良くなる(ポイントで色々買えたりする)のでうまいこと活用しているほうが逆に経済観念があると個人的には思ったりもします。

もちろん人によるとは思いますし、これは夜のお店でモテるカードという記事なのでその気持はわかる部分も確かにありますが、ここまでボロクソに書かれていると逆に楽天カードをどんどん使いたくなってきますね。夜の店で得をしたって良いだろうと(笑)。
支払う金額も高くなりがちだしポイントが貯まるのであればより貯まるクレカ(出来るだけ高還元率)を使用した方が賢いとも言えるでしょう。(※あくまでも個人的な意見ですしそうなると楽天カードではなくても良いですが)

ただ、私はこういったお店(店長の女性の店のような場所のことで銀座のクラブは別です)ではクレジットカードはあまり使わない派なのでそもそも楽天カードを使うこともないとは思いました。

また、質の高い銀座のクラブのママであれば、例え庶民的な楽天カードだろうと恐らく全く馬鹿にはしないだろうなとも個人的には思います。まぁ、確かに使わない人が多いとは思いますが。

なお、記事内で出てくる「ラグジュアリーカード」はとても良さそうです。こちらは納得です。


花粉症は落ち着いてきたが今度は皮膚炎と過敏性腸症候群が悪化

毎回似たような症状の記事を書いておりますが、現に過敏性腸症候群というのは中々やっかいで年間通して季節の変わり目などに症状が悪化します。

ただ、ようやく花粉症が落ち着いてきたし、ここのところ暑かったり寒かったりしていたのもようやく落ち着いてきたかな、ようやくひとまず安定するかなと思っていたところ、おとといあたりから寒くなっております…そういうのもあるのか、コロネルを飲まなくなったからなのか、過敏性腸症候群の症状が再発してきました。

なぜ、コロネルを飲まなくなったのかというと、皮膚科で貰ったミノマイシンとの相性がどうやら悪いらしいからです。(ミノマイシンを止めたら再開すると思いますが)併用注意でもし併用すれば薬の作用を減弱するおそれがあるってことなのでひとまず皮膚炎の方が現状どうにもならなかったのでそちらを優先しました。

前にも書きましたが、(参考ページ:脂漏性皮膚炎のその後等)皮膚炎で皮膚科に通っていたことがあり、その時は最終的に脂漏性皮膚炎ということになりそれに伴う治療をしていたところ比較的良くなっていたのですが、ここ最近似たような症状+赤みとニキビが出てきてしまいまた皮膚科に行ってきました。

すると、今回はステロイドクリームを使わないで様子を見るという感じになりました。(赤みが脂漏性皮膚炎やその他アレルギーでないものであればステロイドは逆効果になるからと思われる)

そして炎症もあるしニキビもあるので飲み薬と塗り薬が出ました。

その飲み薬がミノマイシンでして、一定期間飲むとかなり効果が出ているようです。しかし、先程書きましたように、コロネルとの併用注意としてテトラサイクリン系抗生物質(ミノサイクリン)があげられており、一時的にコロネルをやめている感じなのです。併用可能かもしれないのですが、その場合薬剤の作用を減弱するおそれがあるとのことなので。

また、それが原因なのかそれともここのところの寒暖差など季節の変わり目的なことが原因なのかはわかりませんが、今度は過敏性腸症候群の症状も出ているのです。もちろんこの他が原因の可能性もありえますが。

そんなわけではやく皮膚炎が治って欲しいのですが、この赤みの炎症が「酒さ」のようなことだったら面倒だなとちょっと思いはじめました。まだ様子見の状況ですし、専門家ではないのでわかりませんが、少し調べたら可能性はなくもないのかなと。そうなると、コロネルが飲みにくくなるのはもちろんですが、私はアレルギー皮膚炎もあるのでステロイドクリームを使えないといったこと、あとは前のときは脂漏性皮膚炎だったのでそれとの区別が個人的には出来ないという感じで面倒くさいのです。

もちろんこれは自己判断などをせず医師の判断に全て任せますが、心配性の私は現時点でもやや不安になってきました。とりあえず次回病院に行った時にもう少し相談したりしてみようかと思います。

 


家で飲む水(ミネラルウォーター)であれば2Lで買うのがお得でおすすめ

私は飲料水については基本的に購入しております。昔は500mlとかのペットボトルを箱買いとかしていたのですが、今は家で飲む場合は2Lで買っています。なぜかと言うと安いからです。もちろん、持ち運びが面倒くさいとか重いとか場所をとるとか色々とデメリットはありますが、単純に2Lあたりの価格で見ると安いはずだからです。※私は1日に2L近く水を飲むのでそういう意味でも出来るだけ安い方が良いと思っております。

スーパーで購入すれば私が購入している水はだいたい2Lで70円程度ですし、コンビニでも何と100円です。500mlあたりにすれば安いのです。

500mlの箱買いとか24本買いとかも安くはなりますが、それでも2Lの方が安いようです。(私が飲んでいるものではありますが)ちなみに、コンビニの場合、2Lより500mlの方がやや高い場合もあります。

そのため、もし大きさが気にならなかったり、持ち運びがそこまで気にならなかったりする場合は2Lの購入がお得です。家に持ち運んだ後はその都度コップに入れて飲めば良いですし、場所を取るとは言っても500mlの箱買いでも結構とりますからね。

ただ、外出時はやはりでかくなりますので500mlの方が良いでしょう。また、常に冷えた水を飲みたくて冷蔵庫にストックさせておきたい場合や、家での仕事などでデスクの上に置いておきたいとかの場合はやはり500mlの方が良いでしょう。要は飲み方、使い方次第です。当たり前ですが。

ということで、単純に安さだけを考える場合で、家で飲むケースであれば2Lを購入がお得だと考えております。私は夜中水が切れた場合でもコンビニの近くに住んでいるので100円の2Lのやつを購入しております。500ml4本を購入するより圧倒的に安いのは確かですが、先程も書きましたが500を1本買うよりも2Lの方が安いからです。

以上、知っている方は多いと思われるある意味当たり前のどうでも良い話、ちょっとしたお得情報しでしたが、ふと思いついたので書いてみました。