月別アーカイブ: 2018年6月

負けながらも何とか決勝トーナメント進出!・ワールドカップ2018

いやー難しい試合になってしまいました。昨日の朝方にスタメン6人入れ替える的な報道があったのは見たんですが、さすがにそこまでは変えないだろうと思っていた中、なぜか報道通りのスタメンになっており(これはこれでかなり問題ではなかろうか?)、しかも試合内容がだいぶ低調で暑さもあったとは思うけどフレッシュな選手にはもっとやってもらいたかったかなと。

武藤は一発を狙っていたのはわかるし、走り回っていたし、奮闘は認めますが、ヨーロッパに行ってその後さらにマインドの変化がかなりの勢いであったのか、だいぶ自己中なFWになってしまいました。
もちろん前線の選手としては自己中くらいが良いとは言え、さすがに現時点の武藤レベルでそうなってくると結果が出ないと評価は出来ないと思いました。前半に宇佐美に出していればほぼ得点という場面でも強引に自分で決めようとして無駄な動きをしていました。強引にいくならせめてシュートをしてくれと思います。

そしてその宇佐美ですが、ボールを持てば攻撃面で何かをしようとはしているのは感じましたが、やはりあのプレースタイルだとゴールを決めないとどうしようもないのではと思ってしまいました。個人的には今大会は宇佐美に期待していたんですが、恐らく何かアクシデントがない限りスタメンは厳しいと思われます。守備時の運動量というかすぐあきらめるというかあまりにも守備面で不安があります。やはりあのプレースタイルであればメッシやネイマールレベルでないと駄目だと思います。ネイマールでさえピンチのときに戻るときは全速力で無理矢理でも体張りますからね…。もし起用するならFWで攻撃専用ですが、やはり前線からの守備も期待出来ないので何とか考え方を変えてもらいたいとことです。

ということで、個人的には6名交代のこの大勝負は結果的にはある意味ある程度成功したのかもしれませんが、かなりリスクがあったし、色々と幸運が重なっただけなのかなと結果論ですが思いました。

もし敗退となっていれば、香川や原口、または本田は不完全燃焼という思いも出たかもしれません。戦略が失敗すれば勝負事なので仕方ないのですが、このポーランドだったらフルメンバーで行けば勝ち切れたと思うほどポーランドも低調だったので。

もちろん、結果的に突破出来たし、さらに香川、原口、昌子を完全に休ませることが出来て突破したのでそこは良かったし、長谷部や乾、大迫もある程度疲労は軽減されたと思います。後半最後はパス回しになったのでほとんど疲れてはいないでしょう。あとは川島が安定してきたという点もプラス材料だし、本田も元々出場時間は少ないのであれですが休めていたのも良いでしょう。

まぁ、最後の他力本願的なパス回しは個人的には突破にこだわるという意味では良かったと思います。(結果論も含まれますが)ギリギリかつ覚悟のいる判断ですが。
ただ、少しその状況になるにははやすぎたような気もしました。後半40分にもなっていないときから開始されていたし、セネガルが追いつく恐れというのはありえたからです。

しかし、このような戦い方をしてでも勝ち上がりベスト16を決めたというのは個人的には評価したいし、何だかんだ結果重視なのでグループリーグ最終戦には負けたけど突破はしたのでホッとしたし非常に良かったです。

欲を言えば1位通過が良かったとはいえ、大会前のことを考えても、また、現状の日本のレベルを見ても苦しみながら2位通過というのは素晴らしい結果をまずは一つ出したと思います。

あとは、ここまできたら何とかベスト8へという気持ちでいっぱいです。


楽天カードでポイントを貯めてくら寿司で食べる(お得な気分を味わえる)

記事タイトルのまんまですが、主に楽天カードでポイントを貯めて、その貯まったポイントで寿司を食べるというのは結構良いです。(個人的にはですが)

くら寿司では楽天ポイントが貯めたり使えたりしますので食べに行って貯まってきたらそれを使うと(単純に楽天ポイントカードでも良い)いうのでも良いんですが、やはり楽天カードって楽天ポイントをかなり貯めやすいです。とにかく支払いを楽天カードにしておけば基本的にざくざく貯まります。

今までは貯まったポイントは楽天市場で利用していたのですが、楽天カードはさらに使い勝手が良くなったと感じるでも書きましたように、楽天ポイントが使える店が増えているので非常に使い勝手が良くなっています。

そのため、くら寿司でなくても全然良いのですが、私は寿司が好きで、回転系だとくら寿司によく行くので大変使い勝手が良くなっていてとても満足しております。

先日もお昼に一人でくら寿司に行きましたが、10皿食べてそれを1000ポイント利用したので、ほぼただで食べた気分です。(もちろん、ポイントを利用したので厳密にはただではありませんが、気分的にです)

なお、楽天ポイントをためたり利用することが出来るようになっているからなのか、私が行ったくら寿司は6月1日~30日までの間に3回以上の利用で楽天ポイント6倍というキャンペーンをやっておりました。

もう6月は数日しかありませんが、あと2回行こうかなと考えているほどです。

ということで、楽天ポイントカードでも良いですが、やはり楽天カードを持っている方で寿司が好きな方は(回転寿司でもOKの方)上手に利用してくら寿司でお得に食べるととても良いと思います。

常に意識して定期的に食べに行けばポイントが貯まるしそのポイントで食べることが出来るのでどこかでほぼ無料とかになるし、上で書きましたように、楽天カードは普通に使っていてもポイントが貯めやすいのでそこで貯まったポイントで食べに行っても良いかと思います。


本田圭佑は普通ではない・ワールドカップ2018

昨日のセネガル戦、2-2の引き分けでしたが、非常に良いゲームを魅せてくれました。もちろん勝ち切りたかったんですが、引き分けは悪くない結果ではあります。しかも2回追いつくという逞しさ。ここにきて急速に日本代表には期待しかない状況になっております。

当然、大会後は色々と検証し協会の改善を強く望みますが、こんなにも熱く闘ってくれている選手を応援しないわけはありません。日本人としてとても誇りに思います。

そして、本田圭佑選手。

この男は確実に何か持っていると言わざるを得ません。普段からの尋常じゃない努力からの結果だとは思いますが、それでも普通ではないと思います。良い意味で。あまりにも本番に強すぎます。

大一番でほぼ確実に何かをやってくるということ、これだけ批判にさらされている中、それをはねのけるメンタル。一時は体調面も不安視された時(首の痕からも)もそれをものともしない精神。(とくに何も語らず戦い続けて結果を出す)

また、その様々な発言などから賛否両論はあるのかもしれませんし、誤解もされやすいし、好き嫌いは当然あると思いますが、個人的には本田圭佑は単純に格好いいと思いますね。

こんな人間中々いません。だからここまで上り詰めたのだとは思いますが、普通に本田よりサッカー上手い選手(技術面で)って代表にも多くいるし日本国内にも全然います。しかし、大一番で結果を出すのはなぜか本田だし国際的にサッカーで普通では届かないところまで成り上がったのも本田というわけです。
もちろん平均レベルよりは上手いですが、それより勝負強さやメンタルが普通ではないということでしょう。実際、W杯はもちろん、クラブレベルでも移籍後にすぐ得点したり、ここ一番でほとんど結果を出すので。

ということで、

意外とそこまで簡単なシュートではない(ワールドカップで確実に決めるのは)とはいえ、ある程度普通のゴールでもあった本田圭佑ですが(乾はゴラッソ)、それでもこの男は普通ではないな、単純にマジで凄いなと改めて思った次第です。最近の何をしても批判にさらさるという状況も見ていたのでなおさらそう改めて思いました。結局結果を出すので。


日本、コロンビアに勝利!・ワールドカップ2018

日本時間で日付変わって昨日ですが、日本代表が初戦のコロンビア戦に何と勝利し見事勝ち点3でのスタートを切りました!

いやー結果が全ての面がある大会ですのでこれは素直に大変嬉しかったです。(もちろん日本の勝利と日本サッカー協会のあれこれは別ですが、やはり日本人として日本の勝利は大変うれしいです)

やはり数的優位もあり後半一時的に圧倒していた時間もありましたが、それでも最後までわからないと思っていたのでかなりヒヤヒヤした試合になりました。

非常に日本に風が吹いていた面はありました。いきなり試合開始直後から数的優位になりPK成功(しかも決めたのがメンタル面で不安があると個人的に思っていた香川だったのでそれも大きかった)からのリードしての開始。

そういうこともあったのかクアドラードが前半の途中で交代。
一時はミスが重なったのとファルカオのダイブで追いつかれたとは言え、なぜか後半はコロンビアがあまり出てこないということもあったり、ハメス・ロドリゲスの調子がだいぶ悪いということがあったり、数的優位の日本がやはり意外と簡単に後半も長い間ボールを保持し続けていたり、日本が有利な状況がいくつも重なったような試合でしたが、それでも大迫がきっちりゴールを決めてくれた、最後は守り切ったというのは素晴らしかったと思います。

今回のような試合が何度もあるとは思えませんが、今日はごちゃごちゃ言わず、とにかく勝利したこと、結果が出たことを喜びたいと思いますね。

客観的にみれば初戦はコロンビアには勝てないだろう、または引き分けでもかなり良いと思っていたので、ここでの勝利は個人的にはある意味完全に想定外でこれで本当にこのグループリーグはわからなくなってきました。当然、初戦勝った日本も突破の可能性はかなり出てきたのでこの勢いのまま次のセネガル戦にまずは切り替えてほしいです。

日本戦のあと、セネガルとポーランドの試合を観ておりますが、どうやらセネガルは予想以上に良いチームのようです。かなり難しい試合が予想されますが、次に勝ち点を獲得すればかなり良い流れになるかと思います。もちろん勝利すればほぼ決まる可能性もありえるので、今日のような完全な集中力で試合に入って欲しいです。逆に言えばここを落とすとかなり混戦になりかねないので次のセネガル戦も勝ち進むという意味で大変重要な試合になるでしょう。切り替える必要があります。

いやー勝つと気分が良いもので何だかんだ大会前は色々ありましたが、日本代表のワールドカップが楽しみになってきてしまいました。私は単純ではありますので。(もちろんもし勝ち進んでもサッカー協会のことと、これまでの流れの検証や分析、反省点の洗い出し改善へ向けた取り組みはしっかりするべきですが)


ワールドカップ2018・簡単に予想

いよいよワールドカップが開幕します。4年に一度この時期は大変(観戦と仕事など時間管理)とはいえとても楽しい時期で非常にワクワクしてきました。また、もうブラジル大会から4年も経過したのかという気持ちもあります。

まぁ、そんなことは良いとして、今回は簡単に今大会の予想をしてみたいと思います。

今現在(記事を書いているのが)14日の朝でして寝不足気味かつ開幕までもう時間がないのでベスト8からになりますが今大会の予想は、

ベスト8で、

スペイン、フランス、ブラジル、ベルギー、ポルトガル、アルゼンチン、ドイツ、コロンビアを予想します。ありきたりではありますがやはり強国やタレント軍団が上がってくるのかなと。

ベスト4で、

フランス、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ

決勝が、(非常に悩みましたが)

ブラジル対ドイツ

優勝がブラジル

と予想します。

スペインが何とこの時期に監督が変わったのでここがどう影響するのかというのはちょっと気になったのでポルトガルを1位通過にしたためこの順番ですが、本来は逆かなと思っていました。そのため、アルゼンチンは準決勝まで順調に勝ち上がると予想します。また、ポルトガルもベスト8まで行く可能性がやや高くなってきた思います。(あくまでも予想ですが)

あとドイツも組み合わせ的に考えると、恐らく順当に準決勝までは行くのかなと。ただ、万が一グループリーグで2位通過になればたぶんブラジルなのでそうなるとここがある意味決勝みたいな感じになってしまうかもしれません。

準決勝の予想はとても悩ましいです。アルゼンチンがドイツを倒す可能性もあります。もちろんフランスもかなりタレントが揃っておりますのでブラジルに勝つ可能性もあるでしょう。(10試合やれば今のブラジルが勝ち越すと思いますが、数試合はフランスも勝つかと思います)ただ、まぁ今回はブラジルはかなり強いので普通に決勝までは行くのではないかと個人的には思います。

ネイマールが何らかの事情(怪我や累積警告など)でどこかで一時的にいなくなったり、前回大会みたいに途中離脱になったとしても今回はチームとしても強いです。(もちろんタレントも豊富です)

チッチ監督は日本ではそこまで超有名名将としては知られていないかもですが、結構な名将だと個人的には思っていて特に守備が崩れにくいのでここ最近では最も状態の良いセレソンかなと。そうなると前回のこともあるので(大敗のくやしさ)ここでそろそろ圧倒的な強さを魅せ王国が優勝を予想します。

ちなみに、日本ですが、客観的かつ冷静に予想すると予選リーグ敗退になってしまいますが、今回のこの予想記事においてのベスト8を出す前に頭の中で色々と当てはめていく中で、どうしても勝ち上がりを期待したくなったので(希望的観測)ベスト16でベルギーに負けると予想しました。(書いてありませんが)
まぁもっとよく言えば(完全なる希望的観測)もっと上にまで行って欲しいですが、今回はさすがに難しいと思っております。

話が逸れましたが、あとは、予想通り「ブラジル対ドイツ」をファイナルで観たい気持ちはやはりありますが、それより「ブラジル対アルゼンチン」を観たい気持ちが強いですね。これも希望ですが。ただ、ヨーロッパ開催で決勝が南米対決になるのかということもあるのでそうなったら熱いですが、中々見れないのかなとは予想しました。

そしてメッシも今年で31歳になるので、優勝するならここが最大のチャンスというかもしかしたら最後のチャンスの可能性もありえるので個人的にはアルゼンチンの優勝も見てみたいとも思いました。

ということで、何だかんだごちゃごちゃ書いてしまい予想がどうなっているのかはっきりわからなくなりましたが、一応まとめると優勝は「ブラジル」と予想します。


国際親善試合-パラグアイ戦・勝利したのは良かった

昨日のパラグアイ戦ですが、ワールドカップ本戦までのラスト試合ということで恐らく負けて最悪の状態でのコロンビア戦であろうなと予想していたのですが、何と4-2で勝利しました。
もちろんパラグアイの状態があまり良くなさそうだったということや守備があまりにも弱かったというのはありえるんですが、ここまで負けまくっていた(ハリル時代から合わせれば今年に入って勝ちがない)わけですし、意味不明の解任からの連敗ということもあった中、周囲の批判含め色々とネガティブ状態が続いていたのでここにきてどういう状況であれ勝利したというのは結構大きいと思います。

1勝というのは応援する側にも好影響を与えるようで、多少ではありますがスイス戦前よりは気分もポジティブになりました。単純ですが(笑)

ただ、どちらにせよ、本番は厳しい戦いが続くと思うし、普通に考えれば3連敗、良くて1分け2敗というところの実力なのは確かです。しかし何があるのかわからないのがサッカーですし、ワールドカップは基本的には結果が全てといっても良いので勝利して勝ち進めば評価は上がると思います。(しかし、日本サッカー協会と田嶋会長については別です。どういう結果でも解体&改革が必要でしょう)

ということで、ひとまずラストマッチで勝利して本戦にいけるのは勢いや雰囲気の改善という意味ではとても良かったと思いました。

そして、今日の試合を見て、またコロコロと変わりますが、期待したいスタメンを考えてみました。本当に試合の度にコロコロと変わっておりますが(笑)

大迫(本田・武藤・岡崎)
乾(原口)香川(柴崎) 原口(宇佐美・武藤・岡崎・本田)
山口蛍(長谷部・遠藤)柴崎岳(大島)
長友(酒井高)槙野(植田)吉田 (昌子)酒井宏(長友)
川島(中村・東口)

非常に見えにくいですが、基本的にはこんな感じが個人的には良いなと思いました。()以外がスタメンです。見えにくくてすいません。

ここにきて本田圭佑はワントップしかポジションはないのかなと個人的には思います。もしかしたら右サイドもありえますがトップ下は難しいと思います。また、やはり本番に強いということもあるし、負けているときに途中から攻撃専用で投入もありでしょう。ただ、パラグアイ戦のように前線からプレスをかけていく場合、本田圭佑は現時点では大丈夫かなと言う不安はあるのでここにきてもしかしたらサブになるのかなと。今回のパラグアイ戦で前線の選手が良かったためですが。

あとはもしかしたら長谷部もサブというのもありえるかもしれません。もちろん3戦全部サブというわけではなくコロンビア戦のみかもですが。山口蛍と柴崎岳の2ボランチは意外と良かったです。柴崎岳は攻撃面でもやはり極めて質が高いのはもちろん、あの冷静沈着なところは本大会で期待出来そうです。ここは大島僚太でももちろん良いですが、コロンビア戦は柴崎岳で良いかなと。負けていたら攻撃的にいくことになるので柴崎と大島の2枚もありかもしれません。あとは山口蛍はコンディションが戻ってきているようで、組織的守備は期待出来ませんが、はりついていく守備は期待出来ます。コロンビアは中盤に個のタレントがいるので山口蛍でも良いかなと。

トップ下は香川真司で確定かなと。また、左は香川真司と相性の良い乾、この2枚はセットで絶対使いたいところです。そして右サイドはコロンビア戦は原口で良いと思います。

途中からであれば宇佐美、岡崎、武藤がいるのでどこかに入れることは可能です。

あと、左サイドバックは長友佑都で良いんですが、酒井高徳が左になると意外にもかなり良かったので、対戦相手によっては酒井高徳が左で長友佑都を右というのもありかもしれません。セネガルのマネがどこを中心に攻めてくるかにもよりますが、なるべくなら長友佑都に任せたいところです。そうなると左は酒井高徳でも良いのかなと。

槙野と植田は非常に悩みます。コロンビア戦思い切って植田でいくのももしかしたら良いかもしれません。植田は中々肝っ玉がすわっているというか覚悟があるというか若いのにとても強いようです。高さもありますし、ここで3戦出来れば次の代表にも繋がるでしょう。

長文になってきたのでこのへんにしておきますが、いずれにせよ、今日勝てたのは良い流れでコロンビア戦をむかえられるという意味では本当に良かったとは思いました。正直言いまして、西野監督の日本代表はガーナ戦からポーランド戦まで全敗の可能性はもちろん、得点0ということも最悪予想していたので、パラグアイがかなり弱かった(なぜかは謎ですが)とはいえ、ここで一つ勝利したのは色々と良かったです。


一応は本戦前の国際親善試合・スイス戦「本田圭佑はワントップが良いのでは?」

日付変わって今日ですが、国際親善試合のスイス戦が行われ、0-2で敗れる結果となりました。やはりかなりの批判が出ておりますし、ガーナ戦に引き続き状況が良くないように見えるのは間違いないのですが、あくまでも親善試合なのでとりあえずのところ、本戦を観てみないとわからないと思うようにしようと思っております。

今回のスイス戦での敗戦ですが、恐らくハリルホジッチ前監督であればもっと色々試すだろうし、手の内は見せないと思われるので、同じように負けていた可能性は結構あるのかなと思われます。(力関係的にも普通にやれば負けますし)そうなってくると、やはり多少の批判は出ていたと思いますが、「ハリルは本番まで手の内は見せない」「ハリルは策士だからコロンビア戦で全く別のチームになるはず」というところでここまでの批判にはなっていなかったことでしょう。確かにハリルなら本番は確実に違うはず何かあるだろうという多少の安心感もあったと個人的には思います。

もちろん状況が大会直前での意味不明の解任からの批判も加味されているので今回の西野ジャパンへの批判は違う面もありますが、個人的には本番まではこのまま(試合内容は低調や試したりして負ける)でもある程度様子見なのかなと思っています。コロンビア戦で何も変えずに同様な感じ&闘志も見せずに大敗となればさすがに変わりますが。(もちろんどうやってもコロンビアには負ける可能性が高いとは予想しておりますが)

※ただ、西野監督は思い切ったことをする人なのか?何か秘策があるのか?というところがここにきてやや不安になりつつあります。岡田武史氏ならそういう意味でまだ期待は出来るのですが。

基本的にはコロンビア戦まではある程度あまり見せない感じで良いのかなとは思います。もう次のパラグアイ戦しかありませんが、ここでも恐らく負ける可能性がかなりあるとは思いますが、もうジタバタせず、怪我をしないでコンディションやメンタル、連携、守備面の約束事や組織化を高めてほしいです。

ということで、スイス戦についてですが、正直本田圭佑はワントップが良いのではないかと改めて思いました。大迫でさえ恐らくスイスレベルの守備だとまともにキープ出来ないわけなので本田も厳しいかもしれませんが、大迫のコンディションが悪いのであれば本田のワントップでも良いのかなと思います。武藤でも良いですが、ここは本番でいきなり本田ワントップという作戦(南アフリカ大会と同じような形になってしまいますが)でも良いでしょう。

正直、本田もやはり落ちています。トップ下で多少の良さは魅せますがやはり全盛期よりだいぶ動きが落ちたなと個人的には思います。(少なくとも昨日の試合ではそう思った)そうなってくるとワントップでどしっと攻撃に専念してもらい、(前線からの守備は必要ですが)キープや相手の引きつけ、ゴールだけに集中してもらうというのが良いのではと個人的には思います。

もしトップ下のあるシステムで行くのであれば、そこは香川か柴崎岳で良いのかなと。

あとは、大島僚太は守備面でももしかしたら山口蛍よりマシの可能性があるとも思いました。そうなるとボランチを思い切って大島僚太と柴崎岳で行くという手も現実的にありえそうです。(この2枚だと守備面では大変不安ですから負けているときになるかとは思いますが)

そして、パラグアイ戦では恐らく中村航輔が試されると思いますが、良いコンディションであれば思い切ってGK交代もありかもしれません。

また、なぜ酒井宏樹の立場が下がっているのか謎ですが、酒井高徳ではかなり厳しそうです。やはり酒井宏樹がスタメンで良いでしょう。

本田
乾香川原口
大島長谷部
長友槙野吉田酒井宏
中村

または

本田
原口(乾) 宇佐美
大島(柴崎)  遠藤航(柴崎)
長友         酒井宏
槙野吉田長谷部
中村

3バックだと香川はスーパサブ的になるかもしれませんが、昨日の動きを見る限り、もう少しはやく投入すれば流れを変える可能性もありそうです。気合も入っているようだったしコンディションも上げてるっぽかったのでやはりキーマンにはなりえると個人的には思います。

ただ、こう見ているとやはり両サイドのどちらかに途中投入でも良いから中島翔哉と堂安は必要だったと思ってしまいます。とくに中島翔哉は絶対に入れておくべきでした。入っていないのでもうどうしようもないし今大会についてはそれを考えても意味がないのですが…。


ポリフルは個人的に良さそう・過敏性腸症候群の話など

一時、皮膚炎とニキビがが悪化したりしてミノマイシンを飲んでいたためポリフルを飲むのを中断していたんですが、皮膚の方が落ち着いてきたので今度はポリフルを再開しました。

昨日は、梅雨入りからの首の痛みの悪化(あくまでも予想ですが)という記事を書きましたが、ここのところ胃腸の調子もやや悪く、過敏性腸症候群の症状も多少出始めていたのですがポリフルを再開ししばらく経過したら比較的落ち着いております。もちろん一時は酷い下痢の症状が出ていてイリボーに頼らないと駄目な状況でしたが、それは今回は1、2日である程度落ち着き、イリボーからの便秘という流れもそこまで酷くないようです。

ポリフルというのは下痢型にも便秘型にも使用出来るというある意味優れた薬で使い勝手は個人的に良さそうです。効果も現時点では感じているのでこの程度の症状であれば過敏性腸症候群の症状をある程度コントロール出来るのかなと思います。(もちろんイリボーは常に持ち歩いていたり、常備しておりますが)

ということで、今年は季節の変わり目に色々な症状が出てきてちょっと疲れてはいるんですが、過敏性腸症候群まで悪化すると大変面倒なのではやめはやめの対策をしていこうと思っている次第です。

最近の流れだと梅雨時~真夏はそこまで酷くならず、秋あたりに悪化するのでそれも踏まえて食生活や生活のリズムも見直さないとなと思っています。こんな感じで毎年というかずーっと過敏性腸症候群と付き合っている感じになっているのですが、これは完治するのかどうか、というか本当に治るのか?と個人的には疑問が出てきたりします。根本的な解決には、やはりストレスだったり、食生活だったり、生活スタイルだったりを完璧に改善するしかないのでしょう。

完璧に改善というのはやや難しいですが、出来るだけそれ近くを目指しながらも、あまりきにしないとこは気にせず、通院と薬の服用などを含め、季節に合わせて上手に付き合っていこうとは思っています、、、。

最近では「あぁ、またきたよ下痢」みたいな感じである程度事前にわかるし、だいたいの場合薬を飲んでおけば落ち着くのでうまく付き合うのには多少慣れてはきました。もちろん症状がとても酷いときはかなり最悪な状態になりますが、それは年に数回程度(ここ最近は)なので、割り切ってしばらくは我慢しようと思います。


首の治療を再開

関東地方も梅雨に入ったようですが、やはり首の痛みがやや悪化しはじめました。もちろん梅雨のせいではないかもしれないし、気のせいの可能性もありえますが、この1週間ほど前から悪化していると感じているので首の治療を再開しました。

再開と言っても、単純に以前通っていた整形外科にまたいきはじめていまのところは電気治療やら牽引をやっているだけではあるのですが。
また、PC作業中やゲームをやるときは頸椎カラーというやつを使用しております。首に装着するサポーターみたいなものですがこれを使用するとだいぶ楽です。ただ、長時間使っていると気分が悪くなるのでバランスが大事っぽいす。(個人的には)

いやーせっかくここ最近は首の痛み(昔の交通事故のむち打ちなのかストレートネックなのかという感じで言われております・レントゲンではストレートネックというよりさらにやや逆に曲がっているとのこと。)がおさまっていたのに、やはり根本的な解決にはなっていなかったということを再確認しております。毎年梅雨時には同じことになるのですが、現状うまく付き合っていくしかなさそうです。

しかしながら、現状は整形外科クリニックにある程度通院して電気治療や牽引を継続的にやったり、たまに注射、あとは処方してもらった内服薬だけでもある程度おさまるのでまだ良い方なのかもしれません。前にも書きましたが、2年ほど前のこの時期は非常に酷い状態(首を回せなかったり長時間の運転も辛いなど)になり、かなり長期的に通院していたので、、。現在はそこまでの症状にはならなくなるレベルまでにはなっているようです。

ただ、根本的な解決には普段の生活スタイル(姿勢や仕事で長時間PC作業、あとはゲームなど)の見直しもやはりかなり大事だと思いますが、気付いたらやるだけですぐ忘れたり元に戻るといった感じで中々思うようにいっていないので、この点も意識的に気をつけないとなと思っております。

いずれにせよ、ただでさえこの時期は雨ばかりで憂鬱なのに、さらに首の症状が悪化するということで最近では基本的に最も嫌いな季節になってしまいました。花粉症の時期も相当嫌ではありますがそれ以上に嫌な時期かもしれません…。


強迫性障害に関する記事を読んでみた感想

先日Yahooニュースの中にあったと思いますが、強迫性障害に苦しむ漫画家の記事を読みました。(Yahooニュースとかってリンクすると後で記事がなくなっていることが多い「指定されたページを表示できませんでした。記事がありません。すでに削除された可能性があります的な感じで」からリンクはしておりませんが、強迫性障害・漫画家などで検索すれば出てくると思います。たぶんhttps://twitter.com/miyazaki_aa この方だと思います。Twitter)

その記事の内容ほどの確認を繰り返すということはしませんが一部私も似ている点がありました。

例えば、出かけるときに写真(たぶんスマホ)をとるという部分です。

私の場合、毎回写真をとるわけではなく、長期的にどこかに行くときとかにこの症状が出てきます。鍵をしめた状態を写メ的な感じで撮っておくわけです。そうすることで「あれ?ちゃんと鍵閉めたっけ?」と不安になったら写真を見れば良いということで不安解消になるのです。私の場合は実際に後で写メを見るということはほぼないですが。

また、この漫画家の方はヘアアイロンでのお話をしておりましたが、私の場合はドライヤーを気にします。(これも長期的に外出する時だけですが)コンセントから抜いたのかどうかがやたらと気になったりするからです。

この漫画家ほどの悩みまではいっておりませんが、以前は旅行前とかは結構大変でした。一度出てから高速に乗ったのに不安になって戻ってみたり、家から出てすぐ部屋に戻って色々確認してみたりと、出かけるのに結構時間がかかってしまうんです。ただ、写メをとることでこの不安はほぼ解消されるようになりました。

まぁ、色々と調べていて恐らく軽めの強迫性障害なのかなと以前から少しは認識しておりましたし、一度過敏性腸症候群の相談をしたときにクリニックの先生にもこういった症状を相談したことがあって、そこまでの症状ではないようだけどそういった傾向があるかもねみたいなことを言われたこともあります。

ちなみに、日常生活にはほとんど支障は出ていません。先程書きましたように、長期的に外出するときにたまに症状が出たりするといった程度です。

ただ、これも人に言うと不思議がられることが多いんですが、歯磨きをした後に歯ブラシを除菌しないとやや不安になったりします。歯を磨いたら歯ブラシが汚れて細菌まみれになっていると思ってしまうためというのもありますが、そもそもそのまま置いてあるわけなので菌などが付着するんじゃないかと思っているからです。(例えばお風呂で歯磨きするのが日課の人がいるとしてそのままお風呂場に歯ブラシを置いているとしたら私だったら確実にその都度アルコール除菌しないと気がすまないと思われます。)

そのため、1日1回はアルコール除菌しております。また2、3週間に一回は歯ブラシを交換しております。これは幼いときから結構不安になっていたんですがアルコール除菌の方法を知らなかったので熱湯をかけたり太陽にあてたりしていました。今は良いのか悪いのかはよくわかりませんが、普通にドラッグストアで購入出来るプッシュ型のアイテム(エタノール)でアルコール除菌しています。ただ、手を洗い続けたりすることは逆にまったくなく、私の場合は歯ブラシだけなのでよくわかりませんが、神経質だとか潔癖症とかとはよく言われますし小さいときから言われておりました。

ちなみに、アルコール除菌をしてどの程度効果があるのかは正直わからないです。それよりその行為をすることで多少の安心感があるということでやっているだけかもしれません。非合理的ですが。

あとは、PC机の位置やLANケーブル向きというかねじれがやたらと気になるというのがよくあります。酷いときはそれを自分が納得している位置になっているか何回も確認したりすることがあります。これについては強迫性障害なのかなと以前から思っておりますが、あまり日常生活に支障は出ておりませんのでとくに何も対策や治療はしていない状況です。

話がそれましたが、冒頭の記事を見て、やはり強迫性障害に悩んでいる方はかなり多くいるようですし、もしかしたら大小あるとはいえ、私もその傾向があるのではないかと再確認した次第です。いまのところ、確認に数時間費やして日常生活に支障をきたすというところまでにはなっていませんし、それほど悩んではいないんですが、一度専門家に相談した方が良いのかなという気もしてきました。

ということで、このブログは意識しているわけではありませんがなにげに何らかの症状というか病気や怪我関連の記事がよく出てきておりますが(過敏性腸症候群や花粉症、皮膚炎、首の痛みなど)、今回は強迫性障害についての記事になってしまいました。