月別アーカイブ: 2018年10月

ルゴールは意外と良かった(個人的な感想)

8月あたりからつい最近まで比較的忙しくて寝不足が続いたりし、また、9月末あたりからは季節の変わり目と多忙からなのか風邪気味(喉とか)にもなったりしておりました。2年ほど前にも同様の状況(参考ページ・龍角散ののど飴を愛用していたが食べ過ぎには注意かも(個人的な感想))になっていたこともありましたが、今回はさらに症状が酷く、10年ぶりくらいに扁桃腺が真っ赤かつ白っぽくなったときは点滴(抗生物質だと思われる)をしたりして乗り越えました。

それでも忙しくあまり休めなかったので、最後の方はにんにく注射などもして体調を戻そうとしたり色々大変でした。

そして、最近少しぶり返しそうだなと思ったときがあったのですが、病院に行く程ではなかったのでルゴールというものを試してみましたところ、これが意外にも良かったので今後家に置いておこうかなと考えております。

ルゴールって私がまだ小さい時祖母の家にあって、喉が痛いときに塗られた記憶はあるんですが、大人になって使ったことはありませんでしたが、使ってみると何だか懐かしい感じがしました。(笑)

見た目も何だか懐かしいと思えた。(ルゴールの写真です)

ただ、患部にピンポイント塗布が出来るので軽い喉の痛みには今でも使えるんじゃないかと個人的には思ったのです。何より何となく気持ちが良いし、(これは人によるかと思います)何と言っても価格が安いんです。個人的にはコスパは良いと思います。300円台で買ったと思います。喉のスプレーとかであればドラッグストアで1000円程度したので、それを考えたらという意味ですが。

もちろんあくまでも個人的な感想だし、今どきこんな古臭い方法かつ人によっては「オエっと」気持ち悪くなると思われるし、または、こんな自力的なやり方(清潔な綿棒などで自力で押し当てなければならない)なんか出来るか!って人も多いかとも思うので万人にはおすすめできませんが、あまりそういったことが気にならない方は価格も安いので試してみても良いかもしれません。もちろん、一応第3類医薬品なので気になる方はドラッグストアで薬剤師さんとかに相談した方が良いとは思います。

私の個人的な感想(体験談)ではありますが、ちょっと喉が痛い程度であれば結構効果的だったと感じました。また、繰り返しにはなりますが、圧倒的に安いというのもとても良いです。正露丸みたいな感じで家に置いておこう(とりあえず常備)かなと思っています。


牛丼チェーンも健康的なメニューが増えている

学生時代はよく行っていた牛丼屋ですが、つい最近までそこまで行く回数は多くなくなっておりました。ただ、少し前から少々忙しくて急いでいるときなどに最近は牛丼チェーンに行くことが以前よりは増えているのですが、そこで思ったのが予想以上に健康的な感じになっているなという点です。

私は、松屋とすき家が近いので行く回数が多めなのですが、どちらもヘルシーなメニューが用意されております。例えばライスを湯豆腐に変更可能であったり、そもそもご飯の代わりに豆腐を使っているヘルシー牛丼という商品さえあります。また、これは松屋ですが、メニューによっては無添加のようです。(どのレベルの無添加かはわかりませんが、一応のところ無添加を謳っている)

そのため、一人暮らしで忙しい場合であれば牛丼屋でも良いなと思ってきた次第です。もちろん定食屋とかと比較すると機械的だと個人的には思うし、やはり美味しいとは思えないんですが、私が学生時代のよく行っていたときは、安いけど健康的ではなさそうというイメージは多少なりともあったのですが、現在はメニューによっては比較的ヘルシーなので馬鹿にできないなと思ったのです。

上記で挙げた松屋やすき家はSuicaも使えるのでとても便利だし、今では忙しい週とかは結構行っております。そして結構そういったヘルシーなメニューを頼んでいますね。

ということで、コンビニに関してもそういった傾向がありますが、時代が健康志向になっているのでいまはどこに行ってもある程度そのようなメニューが食べられるのかもしれません。これは良いことだと思います。もちろん外食ばかりではお金もかかるので自炊が良いとは思うし、先程もあげましたように、お金がかかってもやはり手作り感や栄養素も豊富、美味しいという意味では定食屋さんとかの方が良いとも個人的には思いますが、
一つの選択肢としては牛丼屋でも良いのかなと以前よりは思えるようになりました。


中島翔哉と堂安律はビッグクラブ行きはあるか?

ここのところ、中島翔哉と堂安律の移籍報道が増えております。部分的には噂レベルもあるのかもしれませんが、彼らの能力、将来性を考えるとさほど不思議ではない状況です。
とくに堂安はまだ20歳なのでここからさらに一気に成長・加速する可能性もかなり秘めていてその期間が長く見れるということもあるのでビッグクラブ行きの可能性も十分あるでしょう。

もちろん中島は現状でポルトガルリーグで手のつけようのない選手となっているようで、しかもとんでもないスーパープレーを連発しています。日本代表でも活躍し始めているので現時点での実力的にもっと上のクラブに行くことになるでしょう。移籍金がどうなるかですが、現時点での活躍を見る限りある程度高くても獲得されるはずです。

いやーワールドカップが終わってからもどんどん楽しみになってきました。新しい世代が一気に目立ってきた上、なかなか骨のあるというか、気合の入っている選手が多い印象があるからです。とくに今回あげた堂安と中島にはかなり期待しています。

ということで、この2人はどのあたりのリーグやクラブが良いんだろうか?ということを個人的な妄想含め考えてみようと思います。

まず、堂安律ですが、身長はそれほど高くなさそうですが、フィジカル的に強い印象があり、十分プレミアリーグでプレー可能だと思います。ぱっと思いつくだけでもアグエロやジェススもそんなに大きくないですがありあまるテクニック+体幹というかフィジカルも通用しているし、当然ながら香川真司も短かったとは言えマンチェスターUで普通にやっていたし、岡崎もレスターで活躍していた時期は比較的あったので、高身長ではないと言っても堂安なら問題なくプレー出来るかと思います。

中島翔哉はどうなのか?って部分ですが、個人的には中島も問題ないとは思います。堂安より身長が低いと思いますが、フィジカル的に比較的優れているし、テクニックも抜群だからです。ただ、個人的には中島翔哉はプレミアリーグよりスペインやイタリア、またはフランスの上位クラブが良いのかなとは思います。さらに言えば、そのままポルトガルリーグのトップクラブでも良いのかなという気もします。ポルトガルリーグに中島翔哉を獲得出来るクラブがあるのかはわかりませんが(金銭面で)、上位クラブであれば魅力的です。何となくラテン系があっている気がするのです。プレースタイル的にも。
ただ、書いていて思ったのですが、中島翔哉を獲得できるクラブってスペインやイタリアでもある程度でかいクラブかってことにもなるかもしれないので、プレミアリーグも可能性はあるかもしれません。プレミアなら比較的中堅でも獲得可能だと思うからです。

何が言いたいのかよくわからない話になりましたが、何れにせよ、この2人は近いうちに移籍となるでしょう。早ければこの冬、遅くとも来年の夏までには決まるはずなので非常に楽しみです。そしてアジアカップもかなり期待感が出てきております。