月別アーカイブ: 2019年11月

U22日本代表、コロンビアに負ける(国際親善試合)

U22日本代表が先程コロンビアU22とホームでの試合をし、0-2の敗戦となりました。

現在のU22日本代表は、まずぱっとみメンツを見てもそうだし、金メダルを狙うと皆本気で言っていそうというのもそうだし、アウェーでブラジルに勝ったりもしているし、U22なのに海外組や国内でも実績のある選手が多いということからみても、ここ最近ではかなり強力なチームになりそうだということでこの試合を期待して観たのですが、正直今回の試合に限って言えば期待はずれとしか言いようがない感じでした。

久保建英と堂安は別格だとは思いますが、やはり中盤はもちろん、CBあたりでボールを落ち着かせられる選手やパス回しのリズムを作る選手がいないと試合としてはこうなるのかなという感じです。さらに言えばワントップもですが。
もちろん田中碧や冨安がいなかったということもあるとはいえ、ここまでリズムが悪いのは結構問題かなと思ってしまいました。

ただ、今の段階で一度こういった負けを経験したというのはまだ良いとポジティブにとらえることも出来るとは思います。いい意味でも悪い意味でも強力なチームになりつつあるということでそういった意識が全体的に(メディア、ファン含め)出そうな感じがちょっと個人的にはしていたからです。一度ここで弱点を洗い出して修正するというのはとても大事だと思います。

はっきりしてきていることとしては、ボランチとワントップの人材なのかなとは一つ思います。上田と小川は良い選手ですし常に一定の力が出せるのであれば問題ありませんが今日のような状態だとやや厳しいです。本当にメダルを狙う(金メダル含め)場合、この2つのポジションにはオーバーエイジも検討するのが良いと改めて個人的には強く思いましたね。
例えば柴崎岳や大迫、吉田麻也、酒井宏樹らが考えられます。(クラブ次第ですが)あとはオーバーエイジではありませんが相馬勇紀も気になります。サイドバックの攻撃面強化として。
また、今の状況で本田圭佑(東京オリンピックを狙うと言っているので)は厳しいとは思いますが、ボランチとワントップは普通に出来るので、五輪時付近にコンディションが良すぎるのであれば検討の余地はあるかもしれません。

いずれにせよ、今回負けはしましたがかなり良いメンバーが揃っているのは確かです。ここまで揃っているのは最近ではたぶんあまりなく(結構前になりますが、シドニー五輪はかなりメンツが揃っていたが)、とても期待できるとはまだまだ全然思います。そのため、繰り返しにはなりますが、ここで一度完敗し弱点が比較的明確に出てきたのはポジティブにとらえてほしいとは思いました。


日本代表、アウェーでキルギスに勝利・W杯・アジア予選 (2次)

W杯・アジア2次予選が昨日行われ、日本代表はあまりよくない内容ではありましたがひとまず2-0で勝利し全勝状態となっております。

堂安や久保建英は五輪の方へ(冨安は怪我)行っていますし、大迫もいないのですが、とりあえず2次予選といってもW杯予選において内容が悪くても問題はない(勝点・勝ち抜け)という結果を出したところは一定の評価は出来るでしょう。

得点はセットプレーだけだったり、意外とピンチも多かったという面もあるとはいえ、一応はワールドカップ予選なので基本的には結果が全てで良いとは思う(もちろん最低ラインですが)し、内容がだめでもアウェーで勝ちきっているからです。そして、キルギスはアジアカップでもそれなりに戦っていたし弱いわけではありませんので。
まぁ、それでももし負けていたらはもちろん、引き分けたりしていればこの評価は全くできなくなるので本当に内容はあまり良くはありませんでした。

ただ、それと同じくらい個人的に気になってしまったのは日本代表の「ユニフォームのだささです。なでしこジャパンで多少見たときも驚きましたが、さらに昨日も全く慣れませんでしたね。(あくまでも私の感想です)

アディダスのユニフォームというかジャージやシャツって普通の商品はシンプルでかっこいいのもあるのになぜ日本代表のユニフォームになると定期的によくわからないデザインになるのかは不思議です。ユニフォームが変でも強ければ良いという意見はわかりますが、サッカーをやっていたものとしては意外とユニフォームのデザインって気になったりする場合はあります。(これも個人差はあるとは思いますが)当然ながらかっこいい方がよいわけです。
デザイン的なものなので100%全員が満足はしないのは仕方ないですが、あまりにも奇抜かつ変にするのはどうなのかと個人的には思ってしまいました。

今回の日本代表の新ユニについては、カラーの組み合わせ的にはそこまで変ではありませんが、やはりあの柄と柄の位置はどうしても気になりました。。。プラクティス的、練習着な感じであれば全然問題ないのですがホームユニということですので。

最後、話が脱線してしまいました。

ただ、もちろんユニフォームが気に入らなくても日本人として日本代表を応援する気持ちは変わらないのでひとまずは予選は問題なく突破してほしいとは思います(最終予選は厳しい戦いが多くなりそうですが)し全力で応援はしていきます。


現在、Newニンテンドー2DS LLは意外とおすすめかもしれない

今年の2月あたりに、Newニンテンドー2DS LLを購入・今のところメリットの方がデメリットを完全に上回る(個人的感想)という記事を書いたのですが、この時点でも比較的おすすめ(Newニンテンドー2DS LLについてが)ではあったのですが、現在さらに個人的には意外とおすすめかもしれないと思っています。

なぜかと言うと、シンプルに価格がかなり安いからです。

普通のお店で見かけると一般的な価格で売られているのですが、なぜかわかりませんがAmazonでは新品が1万円程度で購入可能な状態が続いております。状況によっては9,000円台になっています。ここまで安いとあきらかに良好です。もちろん、ゲームソフトがだんだんなくなってきたり、最新ゲーム機として使えるかと言えば全くそうではありませんが、3dsは過去作でも面白いソフトは意外とあるし中古だとやすかったりするのでそれらが手軽に遊べるのは良いと思うのです。

例えば、ドラゴンクエストXIの3dsも個人的にはかなり面白かったんですが、SwitchやPS4を持っていない方でちょっとやってみたいと思ったとき、とりあえず1万円+ソフト代(Amazonなら2500円くらい?)程度で手軽に遊ぶことが出来ますし、その他のソフトも同様です。

がっつりゲームができない方でも手軽に遊ぶことが可能な機種だと思いますし、その上いまはかなり価格が安いので個人的には密かにおすすめかもしれないと思った次第です。
ちなみに、上記記事内でも書きましたが、Newニンテンドー2DS LLは普通の3DSにある3D機能がないだけで普通に遊ぶだけなら3DSとほぼ何も変わりませんのでそういう意味でも良いです。


久保建英、全得点に絡む活躍を魅せる

昨日のマジョルカ対ビジャレアルの試合に久保建英がスタメン出場し、ゴラッソ含め全得点にからむ活躍をみせましたね!

いやーこれである意味プレッシャーから多少開放されると思うので今後に期待です。

前回の記事でも書きましたが、今までもうまさやセンスは魅せつけていたものの目立った結果(アシストはあった)があまり出ていなかったのでこの日の全得点に関与というのは結構大きいなと思います。もちろん微妙なPK獲得という面もありましたが、その後のPK獲得の最初のプレーに関与していますし(しかも素晴らしいテクニック)、何と行っても「スーパーゴール」といっても良いシュートを決めましたので問題ないでしょう。

少しづつパスも回ってきたり、フォローやサポートも増えているのでまともな出場機会さえ与えられれば継続して結果を出せると個人的には思っています。
FC東京のときも状況はやや違いますが(チーム戦術や周囲、対戦相手など)序盤はゴールが入らなかったがその後は入るときは入るようになりましたし、代表でも近いうちにゴールは決めてくるでしょう。

とにかく能力は極めて高いのはわかっていることなので、あとは結果、数字の積み重ねが重要だと思います。攻撃的な選手なのでとくにそう思いますし、海外リーグではシビアに見てくると思いますので。ただ、久保ならやってくれると期待はありますね。


久保建英はゴールが欲しい・それ以外は現在も非常に素晴らしい

本日の試合においては途中出場もなかった久保建英ですが、基本的には出場すれば何かしらスーパーな技術を披露するし、危険な仕掛けもしますし能力は極めて高いのは間違いありません。
18歳(日本で言えば高校3年生ですが)でスペインリーグでも問題なく出来ますし、A代表でも全く問題ありません。ただ、そろそろゴールという結果、継続してゴールなりアシストなり数字を積み重ねるということをもっと意識してほしいなと思うように徐々になってきました。(久保建英ならそれは可能だと思うからこそです)

もちろんアシストはしているので多少の結果は出ていますが、もっと圧倒的な数字をだして欲しいところではあります。
コパ・アメリカ前のA代表デビューからのレアル・マドリーでのプレシーズン、または練習含めそのあたりからずーっと基本的には良いプレーを魅せ続けていると思うのですが、ゴールが決まらないので、当然かなりゴールへの意識は高いと思いますが、より高めても良いと個人的には思うところです。
今季のFC東京での序盤もすごいプレーを連発していながらゴールが一時入らなかったときはありましたが、1本決まったあとはちょいちょい決めました。いまもややそのときにやや似ており、ゴールポストに当たったり、オフサイドだったり(これはコパ・アメリカ)、その他運がなかったりしている場面は結構あるので1本決めて欲しいなと。あの才能やプレースタイルでゴールやアシストを量産すれば、世界的にみてもかなりの位置にいけるはずです。
下手に焦らなくてはいいものの、やはり数字は強く意識してさらに上のレベルにいって欲しいし、久保建英ならいけると期待しております。日本代表でも1本決まればある程度ポンポン決められるとは思います。まあ、出場時間が短すぎるなど他の問題もあるとも思うのですが…(現状マジョルカでもですが)しかし、ここは自力で打開してほしいです。