月別アーカイブ: 2021年6月

過敏性腸症候群がやや悪化

昨年の10月頃には多少改善しており、少なくとも2、3月あたりまではマシな状態でしたが、ここにきて症状が悪化しております。毎年梅雨になるとかなり悪化することが多いので恐らくそのような感じだと思われます。

今週は久しぶりにかなり酷い状態が続いていて色々な薬を量を増やして飲んでいますが、さすがにしんどいです。イリボーを飲むと一時的には改善しますが、飲みすぎると副作用的なことなのか今度は便秘気味になりがちでそれはそれで不快感があります。

定期的に通っている病院も薬の処方はありますが、やはり結局は対処療法的なことになるのでやはり生活改善やストレスの軽減を本当に意識して行う必要があるのだと思います。ただ、これも頭ではわかっているものの中々完全に改善が出来ないのが実情です…。どこかで腰を据えて徹底的に改善しないといけないかもしれませんが、そうなるとまた別の意味で生活に影響が出そうなので本当に困ったものです。

現在の症状としては、とくに朝から昼にかけてひどく、夕方までは単発的になり、夜は落ち着くという感じです。寝ているときは何もないようです。

そのため、朝からかなり憂鬱になり、昼から夕方までそのことが頭から離れない感じで悪循環のようです。

このような状況でも健康診断等ではとくに他の異常を指摘されないので(言われてもガスが少したまっている感じくらいです)、精神的なことがたぶん大きく、それが継続しすぎていることから頭に固定されてしまっていて中々治らないのかもしれませんが、季節の変わり目(今回であれば梅雨?)あたりは意識的に気をつけていても調子が悪いです。

今回も愚痴ばかりになり申し訳ありませんが、今後は出来るだけポジティブに考えられたらと思います。


移籍情報・原大智と田中碧

起きてからニュースを見ていたら原大智と田中碧の移籍の情報がありました。

これを見て思ったこととして、やはり2人の今後には期待が大きいということなのですが、原大智はステップアップと言えるかと思うものの、田中碧はどうなのだろうと率直に思ってしまいました。そして、U24のFWが上田綺世のサブがあまり計算出来ない(個人的な感想ですが)状況の中、やはり前にも書きましたように原大智を招集して欲しかったと改めて思った次第です。(現状、上田綺世だけという状況だと個人的には思います)

田中碧については、もちろん決断を尊重しますし、本人が考えて選択した道なので応援したいです。また、能力的にここからステップアップしていくだろうと思っています。ただ、ニュースを見たときの素直な感想としては、現在の川崎フロンターレの強さを考えると、ドイツ2部というのは挑戦ではありますが、ステップアップとは個人的には言えないじゃないかと思ってしまったところです。
もちろんデュッセルドルフは良いクラブですし、田中碧の能力を考えると2部であればかなりの活躍が期待でき、試合にもおそらく常時出場するはずです。
海外での強度に慣れるのはもちろん、当然ながらデュッセルドルフまたは経由で1部は狙えるでしょう。また、デュッセルドルフから他の国へということも活躍次第ではありえます。欧州でプレーすれば2部でも活躍次第ではかなり評価が高まるので。(※しかし、個人的には現在の川崎フロンターレはかなり強いチームだと考えており、川崎で主力の選手はヨーロッパで普通に評価されて良いと思っています。)

何が言いたいのかわからなくはなりましたが、田中碧はまだ22歳なので何れにしても今後ヨーロッパでの活躍に期待は出来ます。(最終的には1部で活躍すると個人的には思います)

何れにしても、この2人の移籍は興味深いです。


大迫不在時のワントップ候補・オナイウ阿道も可能性ある

タイトルのままですが、大迫不在時のワントップ候補としては鈴木優磨は考えられると思っていますが、昨日の試合を観てオナイウ阿道も可能性はあると思えてきました。

もちろん、日本代表のワントップにおいて大迫の存在はかなり大きく、いるといないとでは観ている側の安心感も違うのですが、やはり不在時も考えておかなければなりません。また、大迫も31歳とまだまだ全然活躍は可能ですが、世代交代もいつかはおきてくるのでそういった状況になったときに選手がいなければやはり戦術を変えるしかない可能性もあるからです。

話が逸れましたが、昨日のオナイウ阿道のプレーは前線でおさまるという意味でも非常に興味深く、以前見ていたときのオナイウより個人的にはかなり印象が良く見えました。マリノスの試合はあまり観ていなかったのですが、あのレベルのプレーが出来るのであればワントップとして可能性はあると個人的には思います。身長はワントップの世界レベルと比較するとすごい大きいというわけではなさそうですが、身体能力は高いですし、繰り返しになりますが意外とおさまるなと思ったので大迫不在時に戦術変更をしなくともいけなくもないと個人的には思います。

是非とも今後の活躍を期待したいですし、リーグでの調子が良ければ継続的にA代表に呼んでほしい一人だと思いました。