借金で本当にどうしようもなくなったら。[債務整理なども検討]

借金を必要以上にかかえてしまい、本当に自分ではどうしようもない状態に陥ってしまった場合、債務整理を検討するのも一つの手だと個人的には思います。

なぜこのような話をしたのかと言いますと、私の知人で借金問題により人が変わってしまった(駄目な方向に)人がおりまして、その人を見ていると、また電話(お金を貸してほしい)などの対応をしていると、ここまでになるなら債務整理をして欲しいと思うようになったからです。

その方は学生時代の友人で、当時はとても真面目な好青年でした。思いやりもあるやつでとても信頼しておりました。ところが、卒業して就職したあたりから少しづつ徐々に人が変わってしまっていき、今ではもう人としてあまり信用できないレベルまでになってしまっています。(あくまでも私の中でですが)根はいいやつというのはわかっているのでズルズルしてしまいましたが、今ではそのようなレベルまでになってしまったのです。

原因ははっきり言って借金だと私は思っていて、真面目な好青年であるがゆえ、最初は何かのトラブル(騙された的なもの)に巻き込まれて消費者金融などで借金をしたのが始まりだったそうですが、その後、なぜか自らの遊びなどのためにお金を借りるようにもなり、数年で膨れ上がり、最大で300万円ほど(車ローンを合わせれば400万超え)の借金を抱えていたようです。(聞いたのみなので本当のところわかりませんが)

大学卒業後は上場企業に就職し、まずまずの収入を得ていたはずですがなぜかお金がなく、ある時から頻繁にお金を貸して欲しいという電話がかかるようになりました。私は当初は数万円程度ならと思いちょこちょこ貸していました。(1万円とか2万円とかレベルです)もちろんしっかり返してくれますし信頼もあったからです。しかし、しばらくするとお金を返してくれない、正確には返せない状態のようで連絡が繋がらなくなることが多くなりました。ただそれでも学生時代の信頼もありましたし、何より友人なので信用はしていたのですが、そのような状況にも関わらずある時さらにお金を貸して欲しいと言われました。さすがに前に貸したお金も返して貰っていなかったので断ったのですがそこら辺からだんだん気まずい感じになりました。

人間関係の詳細は省きますが、ある時私もむかついてきて「しっかり返して欲しい」ということを言ったら逆ギレ的な感じ&無気力的な感じの雰囲気の態度を取られ、その時あたりから信用が出来なくなってきたのです。今ではかなりだらしないやつだなと思うレベルにまでなっております。(結局お金が帰ってきていない分もあるので・・・)

もちろん私が器が小さいだけかもしれませんしお金を貸すなら上げるつもりでなければと思う面もありますが、お金の貸し借りで友人関係も微妙になるのだなということを思い知らされました。

その後、知人の話によると、就職した会社もやめてしまい、今何をやっているのかもよくわからないとのことでした。私ももう連絡をしていない(電話しても出ないので・・・)のですが学生時代、あれだけ青春をともにしたことを思うと悲しい気持ちと残念な気持ちはやはりあります。

そこで思ったのが、やはり借金問題というのは根深いなということです。私は学生時代から親に非常に強く借金をするなと言われて育っていたので、わけのわからない借金はしないようにしておりますし、なるべくローンなども不必要に組まないようにしていますが(クレジットカードを利用したり、銀行から借りるということはありましたが)、やはり今後も借金には気をつけたいと強く思いました。お金で人は変わる可能性があると思ってしまったからです。※もちろんあくまで私の周囲で起きたことですしこのようなことはそこまで頻繁にあることではないと思いますが。

そして、人に迷惑をかけたり、友人関係を壊すくらいなら、一度真剣に借金と向き合い、返済計画を細かくたてたりし計画的に返済するべきだとも思いました。それでもどうしようもないレベルで追い込まれてしまっているならば、専門家に相談して債務整理ということも検討して欲しいと個人的には思います。合法的に借金を解決するわけですのでもう一度やり直せるチャンスはあると思うからです。

話は少し違いますが、これもまた私の知人ではあるのですが、その方は事業をしており途中からうまくいかなくなってしまい、個人レベルでも借金があったため最終的に自己破産した方がおります。任意整理ではどうしようもない状況だったので自己破産したそうです。もちろん様々な制限があったりデメリットはかなりあるのですが、それでも今は前向きに生きていて、上で挙げた知人とは違い普通に付き合いも出来ています。

これはあくまでも私の周囲での話しかつ少し極端な例かもしれませんが、あまりにも対象的なわけです。

また、別ページにて債務整理について書くかもしれませんが、自己破産以外にも任意整理や個人再生といった方法がありますし、上の知人であれば当時の消費者金融の利息は高かったわけなので過払い請求も出来た可能性だってあると思われます。

そのようなことをしたくない(親にバレたくない、会社にバレたくない)というのもわかりますが、友達に迷惑をかけるならそういった方法も検討していればこのようにならなかったのかもとはおせっかいながら思ってしまいます。もちろん学生時代青春をともにした友人だからこそ今このような関係になってしまってそう思うというのもあるかもしれません。

ということで、記事タイトルと少しずれた長文の体験談的な内容になってしまいましたが、いずれにしてもこのようなことを体験したものからすると、もし借金で本当にどうしようもなくなったら、自分ではどうすることも出来ない状況に追い詰められてしまったら、弁護士や司法書士といった専門家に相談したりすることは一つの手だと強く感じます。

※なお、債務整理の基本的な情報や借金、キャッシングなどの体験談は、以下のサイトおよびその体験談ページにまとめてまとめておりますので一つの参考にしてみて下さい。

侍と学ぶ債務整理の情報と借金の体験談サイト

事例・体験談(借金や債務整理の体験談)ページ(上記サイトのコンテンツ)にて様々な体験談(厳しめの辛い話が多い)や実際の債務整理の体験談を紹介しています。

繰り返しになりますが、上の知人および上記サイトを含め、借金というのは人によっては、借り方によっては身を滅ぼす可能性がありえます。もちろん使い方によっては便利に使えたり、助けられたりすることもあるでしょう。しかし、やはり自制心がある方以外は気をつけた方が良いと個人的には強く思っています。