寒暖差と花粉に加え過敏性腸症候群の症状も悪化気味になってきた

ここ最近は毎年同じようなことを言っているんですが、昨年11月あたりから現在において結構寒暖差というか気候が変な気がします。

また、昨日あたりからかなり暖かくなってきており、花粉症の症状も酷くなり、あとはよくわかりませんが恐らく寒暖差のためなのか過敏性腸症候群の症状も出てきてしまいました。

もちろん暖かくなったことで寝ているときの寒さによる不快感は少なくなったり、暖房が不要になり電気代が下がりそうだったり良い面もありますが、やはり急激な寒暖差というのは体にはひびきます。昔はこのようなことは気にならなかったんですが、過敏性腸症候群になってから結構反応してしまうようです。

しかも、花粉症までひどくなっているので一気に体調不良になった感じがします。

ということで、愚痴だらけの何の意味もない記事になりましたが、しばらく暖かくなりそうですし、もう3月にもなってさすがに徐々に一定の暖かさになっていくだろうから今のうちに早め早めで色々と対策だけはしておこうと思います。

過敏性腸症候群についてはいまのところイリボーとポリフルで何とかなっているので明日あたりにかかりつけの病院に再度薬をもらいに行こうかと思っております。あとは、ありきたりですが適度な運動とバランスの良い食生活をしばらく心がけようと思っております。

それにしても、過敏性腸症候群は一体いつ治るのか?というのは気になります。もはや一生治らないのかと気持ちが落ちることもありますが、ある程度割り切って上手に付き合っていこうと思います。