仮想空間で中古車を選ぶことが出来るサービスが開始

中古車販売で有名なネクステージが仮想空間で中古車を選ぶことが出来るサービスを開始したようです。(UNIVERSE Virtual Showroomというものらしい)※UNIVERSE名古屋のみでサービス提供され、順次、各店でも対応する模様とのこと(状況をみながら)

公式サイトで見てみると、VR技術を活用し在庫車のチェックが出来るとのことです。要は、中古車の内外装の確認を、遠方に行かなくとも、専用のVRゴーグルでよりリアルに確認することが可能という中々面白いサービスです。

参考:https://www.nextage.jp/infomation/news/20190312165159/

在庫があっても車自体は遠方にある場合、写真や文字で確認することが多いわけですが、そのデメリットをかなりの部分で解決出来そうです。
もちろん、在庫がある店舗まで行って実際に目で見て確認すれば良いということも言えますが、かなり遠い場合、やはり何度も行きたくないといったこともありえます。そういったとき、まず最初の段階のチェックでVRを活用することでその場で確認しているような感じにはなると思われるので、初期段階の手間などがかなり省かれてその点はとても良いのかなと思いました。もしかすると状況によっては実際に見なくても良いのかもしれません。(VR技術なので)

公式WEBサイトで確認以外に、YouTubeにて「UNIVERSE Virtual Showroom プロモーション映像」と検索すれば動画で確認出来る(公式YouTubeチャンネル)ので上記サービスに興味がある方は是非チェックしてみると良いかと思います。

なお、多少ですが似たようなサービスで、トヨタの中古車情報サイトにて「360°ビュー機能」というものがあります。PCやスマホから確認が可能で、これも現実に近いかたちでの事前チェックが出来ます。(室内は全方位から見ることが可能)

このようなことをみても、これからの時代は、中古車のみならず色々な商品でどこにいてもリアルに事前確認が出来るようになっていくかと思いますが(不動産なんかも360°パノラマみたいなものがあって既に可能ではある)、今回紹介したネクステージのUNIVERSE Virtual ShowroomはVR技術を活用していることもあり最先端サービスだと言えるかと思いました。

購入側にとってはもちろんですが、販売側にとっても様々な部分でメリットは多いかなと思いました。