キャッシュレス化で財布の見直し・小銭問題はキーケースで完全に解決

年末あたりに、キャッシュレス化が進んでくると財布を見直しても良いかもしれないという記事を書いたのですが、あれこれ試した結果、現在は札入れ(カードは入るが小銭入れなしの薄いコンパクトな長いもの)&小銭入れ付きキーケースに落ち着きました。

ほぼキャッシュレス化させ、数枚のお札とカードだけで基本はOKですし、小銭は持たずお釣りが出ても普通のキーケースに工夫して挟んで入れこんだり、ポケットに入れておけば良いとも思っておりましたが、私の生活では確実にキーケースは持ち歩いていることに気付き、そこに小銭入れがあれば良いじゃんという考えになったためAmazonで探して購入しました。

せっかくキャッシュレス化させコンパクトにしても結局小銭入れを別に用意するとなるとやはり本末転倒的なことにもなりかねないのでこの方法はおすすめです。※もちろん超小さい小銭入れもあるし、そもそも小銭を意地でも持たない場合はこの限りではありませんが。

なお、試行錯誤の途中において、一般的なマネークリップに上記で買った小銭入れ付きキーケースまたは下の写真で紹介しているカードが入るマネークリップみたいな財布に小銭入れ付きキーケースという形で落ち着きそうにもなりそうでしたが、お札が意外と曲がったりして汚くなったりカードがあまり入らなかったり(私のスタイルでは)ということもあり、札入れ(小銭入れがない長財布)にしました。

※あと私は過敏性腸症候群でイリボーという薬を持ち歩いているんですが、その薬は基本的には財布に入れていたのでそれも入りにくいというのもありました。

ただ、繰り返しになりますが、カードが入るマネークリップみたいなやつはとても良く、最後まで使用しておりましたが、若干カードが入らなかったためやめた次第です。カードが数枚で良い方であればとてもおすすめです。以下の写真のもので、カードは4~5枚は入るかと思います。正確にはマネークリップではなくてフラットウォレットという名前のようです。

上記の財布は、Amazonにて「薄さ7ミリの二つ折り財布」と検索すれば出てくるかと思われます。結構おすすめです。繰り返しになりますが、カードはたぶん4~5枚、お札はわかりませんが、体感では千円が10枚入っても問題なかったような気がします。

なお、小銭入れが付いているキーケースは下のような感じで、結構小銭が入ります。(写真では少ないですがもっと入ります)

ただ、前にも書きましたが、とりあえずお釣りが出たらここに小銭を入れておき、家に帰ったら全部出して貯金箱に入れてしまいます。なるべく小銭は持たないようにしてはおります。