久々に過敏性腸症候群がかなりひどい状態だった

6月に入ってからですが、過敏性腸症候群の症状が比較的久しぶりにかなりひどい状態が数日続きました。(現在も本調子ではないですが)

元々、季節の変わり目や寒暖差が激しい季節にはなりやすい感じでしたが、梅雨入りしてここのところ寒かったりしたこともあるのか、それに合わせるようにかなり悪化しておりました。

もちろん、もう過敏性腸症候群と医師に言われてからかなりの年数が経過しているので、このようなことはある程度慣れてはいるのですが、今回は結構きつめで生活にも影響していた(集中力の低下ややる気が減るなど)ので今一度生活環境含めて対策をしようと思っている次第です。

今回も下痢型の症状でしたが、通常であればイリボーを飲むことである程度安定するのですが、今回は1錠飲んでもほぼ無意味で上限マックスまで飲んでようやく多少マシになるという感じでした。

ただ、そうなると次の日あたりにやや便秘気味になるのですが、その症状もかなり不快で、あれこれしていると今度は夕方あたりに下痢になるという感じで本当につらかったです。(中々おさまらないので最初は胃腸炎みたいな感じかもとも思いましたが、病院に行ったところそうでもないようだし、何だかんだイリボーが多少とはいえ効くし血が出たり吐いたりそういったこともないのでたぶん過敏性腸症候群だと思うとのことです。確かにここ数日寒暖差以外にも仕事などのストレスがかかっているとは感じていました。)

数日前から食事をほぼお粥にしたり消化に良さそうなものにしたり、イリボーを飲んだりトランコロンを飲んだりして何とか今日あたりから多少マシになってきた感じです。

下痢とかそういったのみの記事になってしまい申し訳ありませんが、日記・記録として書いてみました。

とりあえず、梅雨がはやく終わってほしいというのと、これ以上お粥ばかりで体力が落ちそうならニンニク注射でもやってもらおうかと思うほどに疲れております。

そして、やはり過敏性腸症候群はつらいなと改めて感じております。どうにかしたいのですがもう数年前からずっとだし上手に付き合っていくしかないのだと思われます… 上手に付き合うのと同時に生活環境というか食生活や睡眠、ストレス関係にもより気を配ることをもっと意識しないとだめだと改めて思っている次第です。