キャッシュレス時代とはいえポイントカードなどが増える場合がまだまだある

いまはやはり徐々にキャッシュレス時代となっており、財布は小さいのが良いという人が多くなっていたり、そもそも財布的なもの自体持たない人(カード入れとかマネークリップだけなど)も昔より多くいる時代になりつつありますが、そういう時代でもお店に行けばポイントカードというものはどんどん増えている気はします。

例えば、散髪で新しい美容室や床屋に行けばポイントカードを貰うことになることがありますし、それを持っていてスタンプなどを押したりするとそのうちお得になったりするようになっています。つまり、お得になりたいのであれば財布またはどこかに保管しなければなりません。

また、普通の大手のポイントもいくつかあるので可能な限りお得に生活したいのであればそのポイントカードを複数持つことになります。もちろんアプリなどでポイントカードをカードとしてもつ必要はない(スマホのアプリで表示させられるため)ことも多くなっていますが、それでも個人的な体感としてはこのキャッシュレス時代でも以前と同様に日々何らかのポイントカードや割引券などを貰うことは減っていないかなと思います。

財布は小さくなって持つもの、スペースも減っているはずなのに物量は減らないという何とも言えない感じはそのうち改善されるのか?と少しづづ思い始めています。

個人的には、ポイントカードはクレジットカードと一体的なやつと本当に使うもの1、2枚以外は持たないようにしておりますが、やはり持っていけばお得になったということはたまにあるのでこの点はちょっとして悩みどころです。お店にいくときだけ持っていけばよいのですがやはり忘れるので…。

また、似たような悩みとしては病院の診察券とかも引っ越して地域が変わったりするたびに増えたり、いくところによって増えるので似たようなこととしてあるのかなと思います。ただ、診察券はなくても保険証があれば何とかなりますし、診察券自体を自宅でまとめておいて病院に行くときだけ持っていくことで解決はしております。
やはり日々のお店のポイントカードの仕組みを時代に合わせてもっと合理的にしてほしいなと個人的には以前にまして最近は感じつつあります。