湯船に浸かる方が何かと体調が良い気はする(個人的な感想)

実家時代はほぼ毎日湯船に浸かっていましたし、一人暮らしでも少し前までは風呂をためて入ることもそこそこあったのですが、ここ最近は全くで基本的にシャワーのみになりつつありました。

しかし、年末年始あたりから風呂が綺麗になったこともあってお湯をためて入浴剤などを入れて入るようにしているのですが、これが意外と良いと改めて感じています。

まず、寝る前に入るとポカポカな状態で寝付きが良い気がするというのと眠りも良い気がするというのがあります。もちろん髪の毛をちゃんと乾かさないと寝癖がすごいことになったり風邪を引くかもしれないのでそのあたりは意識したいですが、その点を気をつければかなりメリットを感じています。

そして、湯船に浸かっている状態も非常にリラックス出来るし、出た後の爽快感も結構違います。私のように自律神経バランスが乱れていたり、体内時計がおかしい場合はとくに湯船に浸かるのは良いような気がします。そのような記事や専門的な話を見ることもありますが、実際にやってみると効果のようなものは実感しました。

ですので、一人暮らしでお風呂をためて入るのは少し面倒くさいとはいえ、それ以上のメリットがありそうなのは明らかなので、なるべくならためて入るようにしようと改めて思った次第です。

面倒なら寒い冬だけ中心にでも少しは良いと思うので、とにかく湯船に浸かるのを増やし、夜間はリラックスした状態を増やそうかなと最近は思っております。
過敏性腸症候群もそうですが、メンタル的なことや食生活、生活習慣やリズムが乱れていることで色々体調がやや悪化している場合もあると思うので、少しでもそれらをなくす努力をするようにしたいです。今まではほぼ薬(例えばイリボー)でおさえているだけでしたので今年は生活習慣を意識的に変えるつもりです。

その一つとして「湯船に浸かる」を取り入れようと思いました。もちろんそれだけで色々が改善するとは思いませんが、少しでもリラックス出来る時間を増やすことは確実に体には良いとは思います。この歳になると20代のときには感じなかったようなことが身にしみてわかるようになってしまいました。