今年の花粉対策でのマスクの確保は絶望的なのか

今年は比較的マシな方とはいえ、やはり花粉症の症状は出てきています。家の在庫であったマスクも徐々になくなってきているのですがすでにマスクは全く買うことが出来なくなっております。

新型コロナウイルスの感染予防についてはマスクは不要で過度な使用は控えましょう的な記事は見ておりますが、そうは言っても花粉症の場合はやはりマスクは必要なわけで非常に困った状況だとは思います。

もちろん、新型コロナウイルスが収まる気配がなくそちらの方が心配ではありますが、やはりマスクがないのは重度の花粉症としてはきついものがありますし、今後家にある在庫のマスクが0になったことを考えると不安になってきました。

また、マスクやエタノール消毒とは関係ありませんが、トイレットペーパーもほぼ買えなくなっていてこちらも違う意味でこのままの状態が続けば困るはずです。

トイレットペーパーについてはデマによるものなのに数日経過しても買えないような状況なのでほぼパニックみたいな感じになっていてお店に在庫が入ってもすぐなくなるような感じが続くような気もしてきます。少し冷静に考えれば、トイレットペーパーに関して言えば問題ないとは思うのですが、どうしても買い占めちゃう人がいるんですね。この状況は正直なところ頭が悪い人が増えていると思わざるをえません。(トイレットペーパー買い占めが続くことに関して)

いずれにしても、今年は結構大変な年になっていると個人的には思っていますし、これがいつまで続くのかというのが見通せないのもつらいところですね…

現時点での短期的に困っているのはやはりマスク(花粉症用)なのですが、こちらはもはや手に入らないものと思い、他の対策を考えようと思います。コロナウイルスの問題もあるのでなるべく外出しないようにするのが良いかもしれません。