Amazon Hub(ロッカー)が便利だった

Amazon Hubは少し前から把握はしていたのですが、私は自宅にいないことが多いのでほぼ近所にあるクロネコセンター指定して受け取っているので利用はしておりませんでした。

しかし、ちょっと使ってみようかなと思い、最近Amazon Hub ロッカーを「お届け先住所」に指定して実際に利用してみたところ、これはかなり便利そうだなと感じました。(Amazon HubはAmazon.co.jpが発送するとなっている商品に限り使える)

Amazon Hubは現時点では東京と神奈川の一部、あとは埼玉と千葉の一部のみなのですが、2020年以降順次全国に展開予定と書いてあるので今後は全国的に広がり、非常に便利になるような感じがします。

クロネコセンター指定も近所にあれば便利とはいえ、センターの営業時間しか受け取れません。しかしAmazon Hubロッカーはおそらく24時間受取可能っぽかったので近所にロッカーがあればかなり便利です。Amazonは置き配というのもやっていてこれも便利だとは思いますが、やはり不安や抵抗がある人も一定数いるかと思われます。しかしこのロッカーなら利用者は増えそうですし、利便性も良いので高評価になる気がしました。

一年ほど前に、Amazonのカスタマーの質が上がっているがAmazon全体で見るとクオリティが下がっていると個人的に感じる(今までが良すぎたかも)という記事を書きましたが、迅速に改善&クオリティを戻し、さらにその質は以前に増してきそうなところはさすがAmazonだなと改めて思った次第です。

楽天市場の送料無料問題が少し前にニュースになっていましたが、楽天がAmazonに対抗(Amazonには勝てるとは思えないがもし勝つつもりで対抗するなら)するのであれば、自社販売をしてこのような仕組みを構築しなければAmazonには対抗すら出来ないと感じました。というかそもそも仕組み中身がかなり違うからです。

そのため、根本的に戦い方を変えて対抗する、または勝てないとして別のやり方で特徴を出すしかないような気は個人的にはします。

話が逸れましたが、私は今後もAmazon Hub ロッカーを利用していこうと思っています。自宅にいないことが多かったり、受け取るために自宅にいるのが面倒な方にはおすすめです。
※繰り返しになりますが、Amazon Hubは現時点では東京と神奈川の一部、あとは埼玉と千葉の一部のみなのですが、2020年以降順次全国に展開予定と書いてあるので多くの地域で使えるようになるのだと思われます。