足で踏んで押すポンプや手をかざして噴射的なアルコール消毒が増えてきた

タイトルのままですが、前(消毒液(アルコール・ポンプ式など)のタイプが色々と増えてきている)にも書きましたが、ここにきてさらに踏むタイプと手をかざして噴射タイプが増えてきました。

まだまだ手で押すポンプも多いと思いますが、私の行動範囲では半数を超えていると思います。

やはり、手で押す必要がないので衛生的にも良いですし、スーパーで商品を買って袋を持っているときでも踏めば出てくるということで簡単に消毒出来るのである意味合理的です。

※もちろん、手で押してもすぐにその手を消毒するわけなので問題ないとも言えますが、わざわざ一回汚れる必要があるのかという疑問は個人的にはありました。

それでも外出時はミニタイプのアルコール消毒を持ち歩いておりますが、店舗入口に上記のようなタイプのアルコール消毒が増えているので自分で持っていくものを使用する頻度が少し減り多少長持ちするようにもなったのでその点も良かったです。

コロナ禍はもちろんのこと、そうではなくても足で踏んで押すポンプや手をかざして噴射されるようなアルコール消毒がこのまま増えていくのは細かいかもしれませんが個人的には良いのかなと思います。