歯医者にあまり行きたくないから日々の歯磨きを頑張るようになった

投稿日: 2012年10月3日
※ブログを変更したため、この記事は、前ブログの記事を再度投稿しています。

恥ずかしい話ですが、ボクは歯医者が子供のころから嫌いです。、
他の病院は平気なのに歯医者だけが嫌なのかはなぜなのかはわからないのですが、とにかくあまり行きたくはありません。

そんなヘタレなボクですが、今年初めあたり、急な虫歯で歯医者に行く事になってしまっつたので、あまり好きではない中、毎週のように通わなくてはならなくなってしまいました。

この結構長い期間通わなくてはならなくなるっていうことも、もしかすると嫌いな部分かもしれません。

もちろん、スピーディーに治療してくれる歯医者もありますが。

ということで、なぜ歯医者に行くと治療に数ヶ月、下手したら1年近く行かなくてはならないのか?ってことを考えてみました。

もちろん、半年に1回定期的予防やチェックに行くとかではなく、最初の治療からほぼ毎週や2週間に1回とかそういった部分の話です。

・虫歯が他にも見つかる
・歯石の問題
・歯茎の状態がとても悪い
・1回の治療で出来る範囲が限られてしまう

このようなことが個人的には考えられると思っています。

まず私も他に虫歯が見つかりました。そして歯石を取るということも数回行いました。

さらには最も問題になったのが歯茎の状態です。歯周病に近い状態のようでこれをある程度改善させるまでに時間がかかったようです。

もちろん、日々の歯磨きは毎日していたのですがそれでも歯茎の状態がとても悪いという状態でした。つまり、磨き方が悪かったんですね・・・。

しかも今回、数年ぶりくらいの歯医者だったのでそのようなことも重なったのかもしれません。

そこで、今後なるべく歯医者に行かなくてすむにはどうしたら良いのか?ということを考えると、やはり「虫歯にならないように心がけ、かつ歯茎の状態を意識して歯磨きをする」ということなんだと思います。

これを考えると、今までの歯磨きではダメなので歯医者さんに教えてもらったように磨く必要があります。当然ながら毎日です。

そうなると、面倒ではありますが、1回の歯磨きでおよそ5分以上は徹底的に意識して磨く必要があることがわかりました。私の場合、朝と夜、特に食後はとにかくきちんと磨くようにしています。

結構面倒くさいと思うこともありますが、虫歯や歯周病になってしまい歯医者へまた長期的に通うのはなるべく避けたいので、日々出来ることをやっていこうと思います。

また、ドラックストアに歯石を取るような器具も売っていたのでそれも導入したいと思っているほどです。

たぶんそれでもいつかは歯医者へ行くときは来ると思いますが、歯茎の状態がある程度良ければ今回のように長引かないと思うので自宅で出来ることはやろうと思ってます。

それくらい歯医者通いが嫌いなので・・・^^;