エアーストレートと縮毛矯正を比較(どっちが「もち」が良いかなど含め)

梅雨も終わろうとしておりますが、この時期には縮毛矯正をすることが多いのですが、ここ最近はエアーストレートというものをしたりしております。

エアストレートというのは、ノンアイロン弱酸性縮毛矯正というものでアイロン(高温)を使用せず出来るだけ自然な感じでストレートにしていくという比較的新しい技術のようです。

近所でエアストレートが可能な美容室があったのでちょこちょこ数回行ってみたので、従来の一般的な縮毛矯正と比較してどうなのか簡単に書いてみようと思います。

エアーストレートのメリットについて

私が考えるメリットは特に以下のことです。

・一般的な縮毛矯正と比較して短時間で可能
・自然な仕上がり
・ダメージが少ないと思われる

この3点が最も大きいです。

縮毛矯正はかなり時間がかかるイメージがあるのですが、エアーストレートはそれに比べて非常に早く終わります。恐らくアイロンの時間が短縮されるからだと思われますが、あっという間に終わるのでストレスが少ないと感じました。

次に、終わったその日から、当日から、非常に自然な仕上がりになります。縮毛矯正をかけたばかりの時期ににありがちなペタッとして不自然なツンツンストレート(場合によっては毛先がチリチリ)ということはありませんでした。

また、高温アイロンを使用しないことやノンアルカリで弱酸性(ノンアイロン弱酸性縮毛矯正)ということから髪へのダメージが少ないと感じました。縮毛矯正の場合、真っ直ぐにはなるものの髪が傷んだなぁとそのうち感じるのですが、そのようなことはほぼなかったです。

エアーストレートのデメリットは

あくまでも私が感じた個人的なことになりますが、以下のようなことを感じました。

・気にならない程度だがそれでも持ちはあまりよくない
・くせが完全には伸びていない

縮毛矯正と比較するとですが、持ちは少し良くないと感じました。他の体験談や美容師さんに聞くところでは、一度伸ばせば基本的には縮毛矯正と同じく伸びているとのことでしたが、個人的にはあまりもちは良くないと思ってしまいました。

ただ、アイロンを使わないので伸び自体が弱く、とても自然なストレートになっているので、単純に今までと違うということで持ちが良くないと感じただけで基本的には同じなのかもしれません。(かけた部分は弱く伸び続けているという意味で)

また、私は部分的に結構やっかいなクセがあるのですが、エアーストレートでもある程度は伸びたとは言え、縮毛矯正をしたときほどしっかりとは伸びませんでした。

ですので、基本的には縮毛矯正よりは持ちというか次までの期間は短くなる気はします。例えば普通の縮毛なら4ヶ月に1回のところ2ヶ月に1回は行きたくなる的な。※あくまでも個人の感想です。

こんな感じの印象ですが、それでもエアーストレートの方が個人的には良いのかなと感じています。私がそこまでクセが強くないというのもあるかもしれませんが、いくら伸びが弱いとは言え、かなり自然な感じになってくれるし、かけたその日から不自然さ(縮毛矯正にありがちなツンツンした感じなどもない)はないのが良いです。そのため、ストレートにしたということも気づかれないレベルで綺麗になる感じです。あとはあまり傷まないという印象なのでその後のカラーなども比較的安心できます。

また、状況によってはクセが強い部分(前髪など)は少し間をあけて部分的に縮毛矯正をしてもらい、他はエアーストレートを定期的にかけていくという方法でも良いかと思います。その場合、部分的には傷みますが、定期的に強い縮毛矯正をかけ続けるよりはマシなのかなとは思うからです。

なお、エアーストレートにはエアーストレートの良い所がありますし、もちろん、縮毛矯正も最近は色々改良されていてとても質の高い(ダメージに非常に気にしてくれるような)ものもあるので、持ちや伸びを考えると良い面も多いです。

ですので、それぞれの髪の毛のスタイルに合わせて選択していくのがやはり良いとは思います。上記のように、状況によってその都度変えても良いと思います。