今年のこの時期は過敏性腸症候群が比較的落ち着いている

首の調子は相変わらずあまり良くないのですが、過敏性腸症候群の症状については比較的落ち着いているようです。普通なら季節の変わり目からこの時期にかけて若干悪化してくるのですが、今回は目立った状態にはなっておりません。もちろん、イリボーやトランコロンを飲んだりしているってのはありますし、薬がなければ恐らくなるのでしょうが、ここ最近のこの時期としては良いのかなと思っております。

良い原因としてはあまりわかりませんが、食生活の改善と生活リズムの改善も多少あるのかもしれないです。夜ゲームなどをやっていて寝るのが遅くなることはたまにあるのですが、それでも比較的一定の時間に起きるように心がけておりますし、次の日は早く寝たりしています。あとは食生活を自炊またはほぼ定食屋(手料理的な)に行くようにしております。もちろん、それが良い方向の原因かはわかりませんが。

あとは、イリボーを半分にして朝と夜飲むようにもしているのも、もしかしたらちょっと私には合っているかもとも思います。

どういうことかと言うと、私はイリボーOD錠2.5μgを飲んでおりますが、それを薬の錠剤カッターで切って朝と夜に分けて飲んでいるのです。医師にそのように飲んでみても良いかと相談したところ「別に良いのでは?」とのことだったのでそうしております。ただ、薬用のケースに入れてきちんと保管はしております。

イリボーって基本的には1日1回でOKの薬なのでそのようなことをする必要は通常はないと思いますが、私の場合、分けることによって血中濃度がある程度保たれ、あまり症状が出ていないということも可能性としてですが考えております。もちろん、医学的な詳細はわかりませんし、素人判断ですが。

というのも、いつも朝飲むことが多かったのですが、夕食の後に腹痛がくることも度々ありました。つまり、朝飲んだイリボーの効果が多少落ちているんじゃなかろうかと思ったのです。それで2回に分けることで1回の量は減りますが朝も夜も比較的効いている状態を作れるのではと思った次第です。

ただ、いずれにしても原因は不明だとは思います。しかし、良くなっていることは個人的には嬉しいのでこのまま冬をこえるまで落ち着いていてほしいですね。恐らくまた春になる頃の季節の変わり目あたりが怪しいのでそれまでは落ち着いて欲しいです。