梅雨になると痛くなる傾向がある

タイトルのまんまですが、毎年書いているかもしれないこととして、この時期になると首の状態が悪化してきます。もちろん気のせいかもしれないとは言え、毎年梅雨時期、つまり雨や曇が多くなると古傷というか昔の事故でのムチウチ、からの仕事などの姿勢の問題からのストレートネックがの症状が悪化するわけです。病院の医師に聞くとそのような人は多いとのことで気圧の問題なんだろうと思われますが、いずれにしても私も毎年何らかの症状が悪化してくるのです。

ただ、今年に関しては、それを予想して、5月から意識的に治療に通ったり、仕事を無理しないようにしたり、ゲームを長時間続けてやらないようにしたりしておりまして、それもあるのか今のところ多少の悪化程度ですんでおります。もちろん、前に書いているように、昨年から腰を据えて首の治療をしているのでその結果として今年はいつもよりマシなのかもしれません。

ただでさえ、この梅雨は雨ばかりで鬱陶しい季節(個人的にはです)ですし、体調不良まで続くとなると毎年憂鬱なのですが、今のところはいつもよりはマシなので良かったです。

しかし、これも毎年思うことなんですが、この症状の悪化とかは一生続くんではないか?ってことですかね・・・。腰を据えて治療をしているがやはり多少は悪化しますし、普通ではないのは確かです。もはや上手に付き合っていくしかないのかとあきらめるときもあるくらいです。

まぁ、昨年のこの時期は首を回すことも出来なくなったり、長時間の車の運転ができなくなったり、最悪な状態でしたのでそれに比べればかなり改善されているので良くはなっているとも言えるかもしれませんが、どのみちこの季節は痛くなる傾向があるのは変わりはありません。

でも私のように元々首が悪い状態ではない友人らも、この時期は頭痛が多かったり、何となくだるかったり、肩こりが出てきたり、欝気味になりがちという話も聞くので、やはり全体的に雨が多かったり、曇ばかりが続くとそのような傾向があるのかもしれません。もちろん意味があって梅雨という時期があるわけなのでないと色々と困るのはあるはずなので仕方ないのですが、はやく夏になって欲しいなと今は思います。まぁ夏になったらなったで暑すぎるということで早く秋にと思うので自己中だなとも思います・・・。

というわけで、どうでも良い話になりましたが、今年は昨年のようにならないように、しっかりと対策して乗り切りたいなと思います。