風呂の床対策(垢など)掃除には重曹とクエン酸が良さそう

年末年始ということで大掃除ネタいつもを少し書きますが、今回は風呂の床掃除についてです。

お風呂のカビ対策については、一回ゴシゴシ洗ったり、カビキラーのような製品で綺麗にし、その後は定期的に「防カビくん煙剤」を使用したりすれば比較的何とかなるものですが、個人的には床にこびりついたようなものについては中々取れず非常に困っておりました。

定期的にやっている掃除の時に色々やっているのですがほぼ取れません。唯一効果があったとしたら1円玉のようなものでひっかけてこすりながら少しずつ取っていく方法ですが、広範囲になるととてもやってられません。また、下手をすると床を傷つけるのでそういう意味でもあまりよくない方法だと思っていました。

そのため、いつも一応最低限綺麗にみえるように床掃除とカビ対策だけをして見て見ぬふりをしていたのですが、今回の大掃除では気分を変えて徹底的に取ってやろうと思い、色々調べた結果、重曹とクエン酸を使ってみることにしました。

すると、この方法でもかなり苦労はしたものの、何とか垢を取ることに成功しました!時間はかかりましたが、今現在は床がとても綺麗になり、風呂に入るのが少しだけ楽しくなりました。

ということで、簡単ではありますが、垢取りの方法を紹介します。(より具体的なやり方はインターネットで詳しく解説している他サイトやYouTube動画を見るととても参考になると思います)

まず、重曹とクエン酸を買ってきます。それ程高くないですし、なんでも良いと思います。

そして、換気をしてから、風呂の床にまず重曹をふりかけ、その後にクエン酸をかけます。割合としては重曹の方が倍程度多めにしました。クエン酸をかけると発泡しますが基本的には気にしなくて大丈夫です。

その後、多少の汚れであればすぐにスポンジとかでこすっても取れるとは思いますが、私の場合、長年の間にこびりついたような垢でしたのでこれでも中々取れませんでした。僅かに取れた程度です。

※注意点として、風呂の床によってやこする製品によっては床に傷つける可能性がありえるのでその点は最初に確認しておくと良いと思います。また、クエン酸には混ぜるな危険と書いてあり塩素系のタイプの製品と一緒に使うのは毒ガス(塩素ガスですが)が発生して危険なので注意して下さい。

あまり取れなかったんですが、期待できそうではあったのでもう一度最初からやり直し、重曹とクエン酸がまざって発泡している状態のときに今度はサランラップをかぶせました。まずそれから30分放置しました。すると先程より垢が取れました。しかし、まだまだダメそうだったので、これはかなり時間をおいた方が良さそうだと思い、2時間程度さらに同様なことをしてから放置し、その後、ややかためのスポンジで擦ったらようやく垢がきれいに取れはじめたのです。その後丁寧に洗ったら完全に綺麗になりました。

非常に頑固な汚れだったためこのような長時間放置しましたが、繰り返しになりますが普通程度の汚れや垢ならすぐ取れる感じはしました。

ということで、今回、重い腰を上げて風呂床の垢取りをしたのですが、何とか綺麗になったので今後は定期的にこの対策をしていこうと思いました。次からははやめにやればラップを使う必要もないかもしれないのでなるべく定期的にやろうと思います。

また、同様の悩みがある方がいましたら、「重曹、クエン酸、風呂の垢」などで検索し、いくつかのサイトを参考にすると良いと思います。この記事よりあきらかに有益かつ具体的にやり方が書いてあります。私も色々と参考にしました。