強迫性障害に関する記事を読んでみた感想

先日Yahooニュースの中にあったと思いますが、強迫性障害に苦しむ漫画家の記事を読みました。(Yahooニュースとかってリンクすると後で記事がなくなっていることが多い「指定されたページを表示できませんでした。記事がありません。すでに削除された可能性があります的な感じで」からリンクはしておりませんが、強迫性障害・漫画家などで検索すれば出てくると思います。たぶんhttps://twitter.com/miyazaki_aa この方だと思います。Twitter)

その記事の内容ほどの確認を繰り返すということはしませんが一部私も似ている点がありました。

例えば、出かけるときに写真(たぶんスマホ)をとるという部分です。

私の場合、毎回写真をとるわけではなく、長期的にどこかに行くときとかにこの症状が出てきます。鍵をしめた状態を写メ的な感じで撮っておくわけです。そうすることで「あれ?ちゃんと鍵閉めたっけ?」と不安になったら写真を見れば良いということで不安解消になるのです。私の場合は実際に後で写メを見るということはほぼないですが。

また、この漫画家の方はヘアアイロンでのお話をしておりましたが、私の場合はドライヤーを気にします。(これも長期的に外出する時だけですが)コンセントから抜いたのかどうかがやたらと気になったりするからです。

この漫画家ほどの悩みまではいっておりませんが、以前は旅行前とかは結構大変でした。一度出てから高速に乗ったのに不安になって戻ってみたり、家から出てすぐ部屋に戻って色々確認してみたりと、出かけるのに結構時間がかかってしまうんです。ただ、写メをとることでこの不安はほぼ解消されるようになりました。

まぁ、色々と調べていて恐らく軽めの強迫性障害なのかなと以前から少しは認識しておりましたし、一度過敏性腸症候群の相談をしたときにクリニックの先生にもこういった症状を相談したことがあって、そこまでの症状ではないようだけどそういった傾向があるかもねみたいなことを言われたこともあります。

ちなみに、日常生活にはほとんど支障は出ていません。先程書きましたように、長期的に外出するときにたまに症状が出たりするといった程度です。

ただ、これも人に言うと不思議がられることが多いんですが、歯磨きをした後に歯ブラシを除菌しないとやや不安になったりします。歯を磨いたら歯ブラシが汚れて細菌まみれになっていると思ってしまうためというのもありますが、そもそもそのまま置いてあるわけなので菌などが付着するんじゃないかと思っているからです。(例えばお風呂で歯磨きするのが日課の人がいるとしてそのままお風呂場に歯ブラシを置いているとしたら私だったら確実にその都度アルコール除菌しないと気がすまないと思われます。)

そのため、1日1回はアルコール除菌しております。また2、3週間に一回は歯ブラシを交換しております。これは幼いときから結構不安になっていたんですがアルコール除菌の方法を知らなかったので熱湯をかけたり太陽にあてたりしていました。今は良いのか悪いのかはよくわかりませんが、普通にドラッグストアで購入出来るプッシュ型のアイテム(エタノール)でアルコール除菌しています。ただ、手を洗い続けたりすることは逆にまったくなく、私の場合は歯ブラシだけなのでよくわかりませんが、神経質だとか潔癖症とかとはよく言われますし小さいときから言われておりました。

ちなみに、アルコール除菌をしてどの程度効果があるのかは正直わからないです。それよりその行為をすることで多少の安心感があるということでやっているだけかもしれません。非合理的ですが。

あとは、PC机の位置やLANケーブル向きというかねじれがやたらと気になるというのがよくあります。酷いときはそれを自分が納得している位置になっているか何回も確認したりすることがあります。これについては強迫性障害なのかなと以前から思っておりますが、あまり日常生活に支障は出ておりませんのでとくに何も対策や治療はしていない状況です。

話がそれましたが、冒頭の記事を見て、やはり強迫性障害に悩んでいる方はかなり多くいるようですし、もしかしたら大小あるとはいえ、私もその傾向があるのではないかと再確認した次第です。いまのところ、確認に数時間費やして日常生活に支障をきたすというところまでにはなっていませんし、それほど悩んではいないんですが、一度専門家に相談した方が良いのかなという気もしてきました。

ということで、このブログは意識しているわけではありませんがなにげに何らかの症状というか病気や怪我関連の記事がよく出てきておりますが(過敏性腸症候群や花粉症、皮膚炎、首の痛みなど)、今回は強迫性障害についての記事になってしまいました。