ポリフルは個人的に良さそう・過敏性腸症候群の話など

一時、皮膚炎とニキビがが悪化したりしてミノマイシンを飲んでいたためポリフルを飲むのを中断していたんですが、皮膚の方が落ち着いてきたので今度はポリフルを再開しました。

昨日は、梅雨入りからの首の痛みの悪化(あくまでも予想ですが)という記事を書きましたが、ここのところ胃腸の調子もやや悪く、過敏性腸症候群の症状も多少出始めていたのですがポリフルを再開ししばらく経過したら比較的落ち着いております。もちろん一時は酷い下痢の症状が出ていてイリボーに頼らないと駄目な状況でしたが、それは今回は1、2日である程度落ち着き、イリボーからの便秘という流れもそこまで酷くないようです。

ポリフルというのは下痢型にも便秘型にも使用出来るというある意味優れた薬で使い勝手は個人的に良さそうです。効果も現時点では感じているのでこの程度の症状であれば過敏性腸症候群の症状をある程度コントロール出来るのかなと思います。(もちろんイリボーは常に持ち歩いていたり、常備しておりますが)

ということで、今年は季節の変わり目に色々な症状が出てきてちょっと疲れてはいるんですが、過敏性腸症候群まで悪化すると大変面倒なのではやめはやめの対策をしていこうと思っている次第です。

最近の流れだと梅雨時~真夏はそこまで酷くならず、秋あたりに悪化するのでそれも踏まえて食生活や生活のリズムも見直さないとなと思っています。こんな感じで毎年というかずーっと過敏性腸症候群と付き合っている感じになっているのですが、これは完治するのかどうか、というか本当に治るのか?と個人的には疑問が出てきたりします。根本的な解決には、やはりストレスだったり、食生活だったり、生活スタイルだったりを完璧に改善するしかないのでしょう。

完璧に改善というのはやや難しいですが、出来るだけそれ近くを目指しながらも、あまりきにしないとこは気にせず、通院と薬の服用などを含め、季節に合わせて上手に付き合っていこうとは思っています、、、。

最近では「あぁ、またきたよ下痢」みたいな感じである程度事前にわかるし、だいたいの場合薬を飲んでおけば落ち着くのでうまく付き合うのには多少慣れてはきました。もちろん症状がとても酷いときはかなり最悪な状態になりますが、それは年に数回程度(ここ最近は)なので、割り切ってしばらくは我慢しようと思います。