まだ様子見で良いとは思う・アジアカップ2019

現在、グループリーグが2戦終わった段階で、グループリーグ突破は決まっておりますが、試合内容の悪さからか、少し前の日本代表を絶賛的な感じではなくなりつつあります。もちろん初戦はかなり良くなかったのは間違いありませんし、オマーン戦も運がプラスして何とか勝ったという印象は否めないのですが、現段階では様子見で良いのかなと個人的には思います。

実際苦戦しているとはいえ、いまのところ負けておりません。ウズベキスタンにも普通にやれば勝つでしょうし、最悪でも恐らく引き分けるでしょう。まぁ2位通過だと初戦がオーストラリアになったりしますが、。

例えば、コパ・アメリカとかのブラジルなどを見ていても、グループリーグでは結構微妙だったりすることは多いです。また、ユーロもグループリーグは強豪が苦戦しているように見えたり1点差で何とか勝つということも意外とあったりします。(ワールドカップは初戦からある程度やってきますが、それでもトーナメントから徐々に上げていく強豪が多い気はします)

そのため、決勝トーナメントの初戦あたりからの内容というか戦い方の方に注目したいと個人的には思っています。森保監督はここ2試合なぜか交代枠を3枚使わなかったりしておりますが、さすがにトーナメントではそれはしないかと思いますし、決勝まで見据えていると思われます。なので、まずは決勝トーナメント1回戦をしっかり勝ち切るところからスタートかなと感じます。

いずれにせよ、カタールかサウジ、またはオーストラリアに勝たないとなりませんし、準決勝あたりからイランや韓国の可能性も出てくるのでそこでどう戦うかに注目です。現状、見た目的に良くない戦い方をしておりますが、優勝すれば問題ないです。ただ、最悪でもベスト4までは行かないといけないかなと思ってはおります。

柴崎岳の試合勘が少しずつ戻り、遠藤航のコンディションを維持できればもっと日本は良くなると思われます。ワントップの戦力が気になりますが、大迫に何とか頑張ってもらい(可能なら決勝まで)、あとは武藤や南野に期待するしかないかなと思っています。乾もいるのでワントップ以外は何とかなるかなと思われます。