状況次第では堂安トップ下という手もあるかなと思う・その他色々

日本代表はなんだかんだで1位突破を決め、いよいよ決勝トーナメントに進むわけですが、ここからは本当に総力戦ではあります。今回のような休養とコンディション、連携上げをあわせた戦い方ではなく、本当に勝利しかないという試合になってくるので選手選考は重要かなと思います。

やはり、累積はもちろん、怪我、連戦(決勝まで考える)によるコンディション不良などがあるのでベストメンバーのみで全て戦えない可能性があります。

個人的には、前線の組み合わせは堂安律を中央で伊東純也を右というのもありなのかなと思います。もちろん、通常は上から大迫、原口、南野、堂安で良いのでしょうが、北川を起用するのは決勝トーナメントではですがやや無理がありそうだからです。グループリーグで北川はかなり出場したし、国際試合の経験はつめたとは思いますし、ウズベキスタン戦はだいぶ良くなりましたが、それでも現状ではワントップはもちろん、中盤の中央でも厳しそうだし、2トップ気味にするのが活かし方かもしれませんが、グループリーグではそこまで試されておりません。(トップ下的にして飛び出しはしておりましたが)

そして、経験をつむというのは大事ですが、ここから優勝を狙うにはやはりそんなことだけを言ってられず、結果的に経験をつめたということが良いことであり、まずはベスト布陣で挑むべきかと個人的には思います。

大迫のコンディションが気になるところですが、武藤もまだやや微妙ではあるけど、もうそこのサブは武藤で、その武藤も何かしらのアクシデントがあれば、0トップ的な感じで乗り切るしかないかもしれません。その場合南野には期待できるかもしれません。ただ、それほど北川のワントップは現段階では個人的にはあまり期待できないと思ってしまっております。(もちろん要所でポテンシャルはやはり感じるので今後に期待しておりますが、今回優勝を狙うメンバーとして見たとき)

森保監督がなぜここまでこだわるのかはわからないですが、なにかに期待しているのでしょう。(見えない動きの部分など)しかしながら、やはり鎌田大地がいたらとか個人的に思ってしまいますね。
ただ、北川を途中投入含めて粘り強く起用することで、決勝トーナメントで極めて重要なゴールを決めたりする可能性もひょっとしたらあるかもともちょっと思います。何が言いたいのかわからなくなりましたが。

話しが逸れましたが、記事タイトルに戻しますと、前線については堂安は真ん中も出来るはずだし、かなりのパフォーマンスは出せると思います。また、南野も右は出来るでしょう。原口もワールドカップで右サイドでしたので何とかなるでしょう。乾の体力面は気になりますが切り札としては期待出来ます。そして、堂安を真ん中に起用することで右に伊東という形も考えられます。状況次第では伊東の投入は効果的だと改めて思い始めました。

なお、守備面ですが、ボランチで塩谷が良いパフォーマンスだったこともあるので遠藤航を含め計算できる選手はここにきて意外と揃えてきたなと思います。無理やり富安をボランチに使うこともなく、スタメン・サブ含めてある程度決勝トーナメントでは安定してくると思われます。そして柴崎のコンディションが上がればさらに攻撃面でもあつみが出てくるはずです。

何とかこのメンバーで優勝してほしいと強く思います。