アジアカップ2019・準優勝に終わる

アジアカップはカタールに負けてしまい、結局準優勝に終わりました。この結果については単純に残念です。最悪でもベスト4と思っていたし、それ以上にはなっているのである程度の結果は出したとは思うのですが、やはり決勝で負けて2位というのは大変くやしいし、内容自体も完敗といって良かったので残念だなと思った次第です。

敗因は色々とあると思うのですが、大きいことの一つに、カタールの徹底した日本対策なのかなと思いました。要するに監督というかチーム力(戦術・組織)のレベルの差という部分。個人レベルで言えば日本の方が上だったとは思いますが、とくに前半にかんしては日本が疲れていたというよりも、うまくいかないように戦わさせられた的な感じかなと。

修正もよくわかりませんでしたし、後半は押し込んだりはしていましたが、そもそも交代を切るのがあまりにも遅いというのは大会通して変わりませんでした。2-0で負けている状況で後半に入っているし、ラスト1試合なので後半開始から何かしら変えても良かったとも思うし、伊東と乾をなぜもっとはやくに投入しないのかという点も疑問がありました。個人的には。正直残り数分で乾が出てきてもさすがにどうしようもないのかなと思います。

もちろん、2-1になった時点で日本が押し込んでいたので同点に追いつくまたは逆転を見据え、延長になることも考えていたのでしょう。そういうことから交代を切る時間も計算したりしたのだろうけどやはり思い切った采配をしてもらいたかったです。結果論ですが。

ということで、決勝ではきっちり日本の強さを示して優勝してほしいと強く思っていたので大変残念な結果になったかなと思います。

ただ、カタールは強かったです。組織化された良いチームであるし、チームレベルが日本とは違うなと率直に思ってしまいました。10回やれば日本が数回は勝つ可能性はあるとも思いますが、以前より差はないというか、戦術レベルではカタールが上だったと認めた方が良いのかなと個人的には思いました。

もちろんまだまだこれからだし、とくに若い選手はこのくやしさを忘れなければまだまだ成長すると思います。とにかくクラブに帰って結果を残し続けていって欲しいと思います。