香川真司はまだ代表に必要だと思う

トルコの名門クラブであるベシクタシュに期限付き移籍をした香川真司ですが、早速結果を出しました。びっくりすることに、トルコデビューから数十秒程度でゴール、その後2分でさらにゴールと、途中出場からだいたい3分で2点取ってしまいました。

本田圭佑ではありませんが、今回は持っている男と言えるかなと思います。香川と言えば才能と技術レベルはずば抜けているが、やはり好調と不調の並が安定していなくて、また、こういったデビュー戦で本田のようなメンタルはそこまで期待してはいなかったのですが、良い意味で裏切られました(笑)

1点目のゴールを見ても、完全に吹っ切れているようで、一気にゴールまで持っていく強気な姿勢が見られ、個人技でゴールをもぎ取りました。香川自身少し驚いた様子でしたが、その後さらに珍しいフリーキックもGKの重心を見たのか、GK側に飛んだものの逆を取りつつゴールと、デビュー戦としては非常に凄い結果を出しました。

ここで改めて思ったのが、まだまだ日本代表には香川は必要だなということです。実際まだ29歳です。もうすぐ30歳とはいえ、あと数年は調子が良ければトップレベルのパフォーマンスは出せるでしょう。次のワールドカップ(そのとき香川は33歳とかですかね)に完全主力というのは少しわからないですが、戦力になりえる可能性はありますし、そもそもまだW杯まで3年以上あるのでその間の予選などで確実に日本の助けになると改めて思いました。

いずれにせよ、いまはトルコにて試合勘だったり自分のプレーを取り戻したり、自信を回復(すでに結果を出した)させ、まだまだヨーロッパにて活躍してほしいです。監督やチームの戦術に合えばまだまだ十分に活躍できるクオリティはあると思いました。しばらく注目したいです。