今年のJリーグも非常に楽しみ

日付変わって昨日、ゼロックススーパーカップがありましたが、改めて思ったのが今年のJリーグもより面白そうだなということです。リーグ自体、年々パワーアップしているのがこの2チームだけでもわかります。※また、観客数も5万人超えだったはずなのでそういう意味でも熱いです。

まず、なんといっても川崎フロンターレはレアンドロ・ダミアンです。名古屋グランパスのジョーもそうですが、元とは言え、セレソンに入っていた選手がいるというのは熱すぎます。イニエスタやビジャ、ポドルスキ、トーレスはもちろんとんでもなく凄いのでそちらがより注目されがちですが、各クラブ何気にすごい補強していますよね。鳥栖もクエンカ獲得しておりますし。

話戻ってレアンドロ・ダミアンですが、こちらは五輪代表のイメージが強いかもしれせんが、A代表でも普通に出場していたし、一時はブラジル代表のエース候補だった選手です。私自身一時は、例えばガンソとかと同様にかなり注目していたのでそんな選手が現在Jリーグにいるというのも個人的にはとても楽しみなわけです。2013年以降はあまり聞かなかったとはいえ、数字を見る限り、1,2年前から調子を取り戻している印象だし、今日の試合を見る限り、Jでの得点王候補だとはっきりと思いました。まだ29歳というのも良いです。

あとは、ガンバ大阪にもアデミウソンがおりますし鳥栖にイバルボもおります。怪我がちだったとはいえ、アデミウソンも本来は若手のセレソン候補だったはずだし、才能はかなりのものです。今季こそは爆発してほしいと個人的には思っております。

ということで、今年のJリーグはまたまた続けて非常に楽しみになってきました。J1昇格した松本山雅の選手編成を見ても、中々のブラジル人選手を獲得しておりますし、リーグ全体として補強が面白そうです。

もちろん、今日の試合では両クラブもほぼ日本代表候補レベルの選手が揃っていたし、質に関しても高くなっていると思いました。

やはり、国内リーグが熱いというのは良いことだと思います。海外リーグ組の活躍と合わせて代表の強化につながるし、サッカーが文化として根付くだめには重要かと思います。すでに地域レベルではそれに近い状況になっているのかなと思うこともあります。(浦和はもちろん、松本山雅とか見たときにとくに感じたし他のクラブも同様です)これはJリーグの構想でもあったと思うので着々とコツコツと進んではいると思います。