キリンチャレンジカップの日本代表発表・小林祐希も入る

本日、キリンチャレンジカップ2019のコロンビア戦とボリビア戦の日本代表が発表されましたが、以前なぜ全く呼ばれないのか疑問に思っていた(関連記事:乾と塩谷を追加招集・小林祐希はなぜ入らないんだろう?)小林祐希も入っており、その他も見ていくと中々面白そうなメンバーが招集されるようです。

上記関連記事でも書きましたが、小林祐希が全く招集されない理由を色々と勘ぐるほど不思議に思っていたので今回招集されてその個人的な疑問、勘ぐりがある程度解消されたのでひとまず良かったと思っている次第です。

個人的には、鎌田大地と鈴木武蔵も楽しみだし、何気に鹿島の安西幸輝も注目です。安西はプレースタイル的に結構好きです。

あとは、香川真司はもちろんですが、乾も引き続き入ったのと、宇佐美も入ってきたことで中盤の中央と左サイドはどうなるのかという点も注目です。

中島翔哉はカタールやACLでも良さを発揮しているし天才的なセンスの持ち主ではありますが、乾や宇佐美の方がよりチーム内の競争や対戦相手レベルが高い&よりプレッシャーがかかる(サッカー文化・熱狂的なファン)だろうリーグにおりますし(宇佐美は好調不調の波がかなりありますし最近はあまり常時出ていないですが)、とくに乾は中島に劣らないセンス、ドリブル、さらに守備力を持っております。

乾は右でも効果的なプレーが出来ることはわかってきておりますが、右には堂安律もいるためやはり左で起用したいところ。そうなるとやはりポジション争いは激しくなり、

前線のメンツが果たしてどうなっていくかというのは注目だし、競争が増えることで代表の強化には繋がるので良いことかと思います。久保建英も今後一気に出てくる可能性もあるのでかなり楽しみですね。

ということで、小林の話とはかけ離れてしまいましたが、今回の招集メンバーは個人的には結構良さげだなと思いました。いまや絶対かかせない存在の大迫がいない状況で、どのような戦い方、方向性を出すのかも注目です。そういう意味では鈴木武蔵と鎌田にもとても期待しています。