久保建英と古橋亨梧をA代表で試して欲しい

記事タイトルのまままですが、久保建英と古橋亨梧をA代表で試して欲しいと強く思ってきました。

もちろん、攻撃的な右サイドは堂安律や伊東純也がおりますし、伊東は調子も良いのですが、それでもそこに入っていけるほどのレベルになっているかなと感じるのです。

あとは久保建英は中央である意味メッシ的に使うことも可能だとも思うので堂安との共存も可能でしょう。実際確かU20では堂安と久保が同時に出ているときもありました。久保は左だったかもしれませんが(※久保が途中から入るなどで)

久保建英はここにきてさらに一気に伸びそうのページで書いたように、フィジカル的に明らかに成長しておりますし、まだまだ伸びそうです。(おそらくまだもう少し身長も高くなる可能性もある)
プレーレベルは段階的に伸びていくかもしれませんが、個人的な感想としては既にA代表レベルで試す価値があると思います。もう少しさらに成長すれば日本代表でレギュラーになれるどころかエースになるでしょう。

やはり、スター扱いまたは過剰に持ち上げすぎてどうのこうのという意見もあることもありますが、久保に関しては性格面でもしっかりした印象がありますし、喋っているのを見ていても賢い人間、精神的にも強いまたはコントロールできるタイプだと思うのであまり心配しておりません。本当に期待したいです。

古橋亨梧についてですが、今季のヴィッセル神戸の試合をよく見ておりますが、なかなかおもしろい選手です。岐阜時代にもかなり活躍をしていたときはハイライトで見たりしていたんですが、J1でも何も問題ないのはもちろん、選手層がとんでもない状態の今のヴィッセルでも前線で2節からはスタメンで出続けているので名将監督からの信頼が感じられます。

スピードに乗っている状態でのトラップも柿谷曜一朗のようにうまく、おそらく両サイド出来る上にゴール&アシストも計算出来るのでとても魅力的な選手だと思います。