コパ・アメリカの日本代表メンバーが決まる

コパ・アメリカの日本代表メンバーが発表されましたが、予想通り混合メンバーというか若手中心の急造的に見えざるをえないメンバーとなりました。個人的にはコパ・アメリカには現状の最強メンバーで行ってがっつり戦って欲しいところですが、やはり招待国としては仕方ないのでしょう。ヨーロッパに主力が多くなっている現状では無理かもしれません。

ただ、来年の東京オリンピックでのメダルを目指すという意味での強化としては中々良いとは思うので目的意識を強く持ってこの大会は無駄にしてほしくはないと強く思います。(伊藤翔などが入らず大学生の上田が入っているのはそういうことなのでしょう。)そして、ベテランや中堅も入っているので戦い方次第では総合的な日本代表の底上げにつながるとも思うのでひとまずはポジティブに捉えたいと思います。

そして、メンバーを見てですが、意外と結構面白いと思う面もあります。例えば中盤は柴崎岳、三好、中島翔哉、安部裕葵、久保建英、伊藤達哉がいるので意外にも攻撃面だけ見れば結構強力です。そして、よくよく見ればDFも富安と植田直通がおりますし、板倉滉もいるので真ん中は比較的強いかなとも思ってきました。柴崎と誰がボランチを組むかにもよりますが、それなりにはなるかもしれません。(もちろん、南米はガチなのである意味ワールドカップにこのメンバーで行くようなもので、そう考えると厳しいですが。)
発表されたメンツを見ると上田のワントップになるのかもしれませんが、勝負に拘るなら普通に岡崎慎司で良いのかなとは思います。

グループにはウルグアイとチリがおり、エクアドルは普通のA代表であれば勝てる可能性もなくはないとも思いますが、やはりこの急造メンバーで場所が南米ということを考えるとかなり厳しい大会にはなるとは思います。しかし、出る以上はこのメンバーで勝ち上がるくらいの底力を見せて欲しいとは思います。良い試合ができれば、または結果が少しでも出れば、おっ!と驚かせるような内容を出せれば、日本代表の底上げには間違いなくかなりなると思います。