ウルグアイにも大敗する可能性はあるが久保建英にはさらに注目したい

コパ・アメリカが始まっておりますが、昨日のチリ戦は0-4と大敗となりました。

正直、現状のメンバー(急造的に見えざるをえない)で、かつ相手はガチのメンバーで本気の大会(当然ながら場所は南米)なのでかなり厳しいのは確かとはいえ、やはり大敗は辛いものはあります。

昨日の試合を観るかぎりではウルグアイにも大敗(3点差以上など)する可能性は結構あると思いますが、その中でも久保建英にはより注目していきたいと改めて思ってきております。

国内でまずは途中出場でA代表デビューし光る才能を魅せ、さらに昨日のチリ戦ではかなり強度の高い試合でフル出場。昨日の日本のメンバーの中では最も目立っていたと個人的には思いました。

ボールを持てば危険なプレーをしようとして、もちろん数回のボールロストはありましたが、何度か決定的チャンスを作ったりシュートまで持っていっておりました。

普通の巧い選手と違うのがうまいだけではなくゴールに向かっていく姿勢です。(目的がはっきりしている)
海外のとくにクラッキ的な選手はそうですが、まさに久保もそういった選手で、18歳になったばかりでコパ・アメリカの初戦でも普通に出来るということを考えても今後かなり期待できると感じます。数日前にレアル・マドリーに移籍が決まったので、より注目されており、それに合わせて当然警戒されている中なので。

また、久保の年齢、姿勢、しゃべっている内容などを考えても、この3戦で数段レベルアップする可能性も十分あると思いました。そういう意味で、日本の試合自体は色々な意味で意味不明な面もあり、ほとんど希望が持てない試合だったにもかかわらず、次も積極的に観たいとは思っているので不思議な感じです。

もちろん、久保以外にも注目点、注目選手はおりますが、やはりいよいよ久保の才能がプレー内容に出てきているし(今年に入ってからどんどん伸びているしさらに伸びると思う)将来ものすごい選手になる可能性を強く感じるのでどうしても注目せざるを得ません。
騒ぎすぎだという意見もありますが、そのくらいの才能なのである程度仕方ないですし(騒いでいるのは日本メディア、日本人だけでもないわけですが)、久保自体は18歳にしてかなりしっかりしているように見えるので心配はしていません。

もちろん、レアル・マドリーのトップで試合に出るにはまだまだ成長しないといけませんが、とにかく順調に成長して欲しいと強く思いますし、このコパ・アメリカはそのための経験の一つとしてはかなりの大会だと改めて思った次第です。(南米特有の独特な雰囲気や圧力、強度など含め)