コパ・アメリカ・ウルグアイと引き分ける

チリ戦後にも書きましたが、もしかするとこれではウルグアイにも大敗かもしれないと思っていたのですが、試合が始まってみれば全体的にバランスが意外と良く、また守備面もチリ戦よりは改善していたことから好ゲームになりました。

この日も久保に期待して観ようと思っておりましたが、久保はベンチで三好、安部裕葵、中島翔哉という感じでとくに三好と中島翔哉はかなり良かったと思います。

三好は2ゴール決めましたし、このレベルでも全く慌てることなくプレー出来ていたし、中島翔哉はルーレットからPKを獲得しそうになったプレーもそうですが、やはりボールを持つと相手の脅威になっていたしドリブルはもちろん、この日は守備もそこそこやっていたので評価できると思います。

あとは、岡崎慎司と川島永嗣というベテランがこの中にいたのも大きかったと思います。

なお、ウルグアイはPK(VARからの)でゴールを決めましたが、あのPK判定は微妙ではありますがまぁしょうがないかもしれませんが、それならば中島翔哉のはほぼ確実にPKだし、VARすらなかったのは疑問です。

南米特有とはいえ、カバーニは植田が足裏できているのをある程度わかった上でわざとあてたような感じにも見えなくないし、そもそもあそこまでころがりこむほど痛くはないでしょう。(もしかしたら本当に痛いかもしれませんが) 解説も言っていたように、足の裏でいったのはまずいのですが、カバーニはPKをもらいにいき、もし取れなくてもVARまで狙っていた感じに見えたので。

話が逸れましたが、いずれにせよ、コパ・アメリカでウルグアイと引き分け、しかもこのメンバーで2点取って引き分けたというのは評価できると思いました。エクアドル戦も厳しい戦いにはなると思いますが、グループリーグ突破の可能性が出てきたのは良かったし、またかなりの経験を積むことが出来るかと思います。
ただ、勝負にこだわるのあら岡崎慎司をスタメン起用はしてほしいし、安部を最初からより久保スタメンで良いのかなとは個人的には思います。また、ここまで結果を出した三好はこのままスタメンで良いでしょう。
経験値アップ重視という場合であればまたがらりと変えるかもしれませんが、ここはベテランと若手を融合、連れて行っているメンバーの中のベストメンバーで挑んで欲しいと思うのが正直なところではあります。