コパ・アメリカ、2分1敗で敗退

コパ・アメリカ2019ですが、日本は2分1敗ということになりグループリーグ敗退となりました。

個人的な予想では大会前の状態でも3敗または1分2敗、チリ戦後の感想では3戦ともに大量失点で敗退(とくにウルグアイ戦は大敗予想)も覚悟したので2分1敗というのは結果としては予想を上回りました。

また、コパ・アメリカを舐めるな的な批判や南米だけにするべき的な意見を日本に今言われても困る件についての記事でも書きましたが、招待され、試行錯誤し何とか出場出来たのに批判を言われてしまうという状態の中、ある程度の日本の意地はみせられたし、何より、とくに若手選手にとってはかなりの経験値アップになった大会だったと改めて思いました。色々な意見はあるかもしれませんが、出場したのはプラスにはなると思います。

柴崎岳や中島翔哉、冨安はベストメンバーのA代表であっても主力ですが、そこに久保建英も十分入ることが現時点でも出来るし、板倉や三好も戦力として積み上げになると思います。岡崎も大迫のコンディションが整っていない場合にはまだ数年は戦力計算出来ると思われますし、川島永嗣も重圧のかかる試合には帯同可能(場合によっては出場も)かもしれません。

また、阿部や前田大然、上田も比較的出場をしたし結果や良いパフォーマンスをあまり出せなかったとはいえ恐らくかなり成長自体はしていると思いました。この3戦だけでもこういった強度の大会ではとくに若手は意外にもメンタル含め伸びるからです。

来年のオリンピックはもちろんですが、その先のワールドカップに向けて(予選含め)戦力の積み上げはある程度進みそうだなという印象です。

もちろん、これはあくまでも個のレベルの話が多いので、チームとして日本サッカーの完成度を高める必要はあるとは思います。(戦術や監督含めて)ただ、個という意味ではこのようなビックな大会に出場して出来る限りのメンバーで戦い抜いた森保監督も少なからず監督としての経験値アップはもちろん、課題もより見えてきたので今後の改善に期待したいです。