U22日本代表、コロンビアに負ける(国際親善試合)

U22日本代表が先程コロンビアU22とホームでの試合をし、0-2の敗戦となりました。

現在のU22日本代表は、まずぱっとみメンツを見てもそうだし、金メダルを狙うと皆本気で言っていそうというのもそうだし、アウェーでブラジルに勝ったりもしているし、U22なのに海外組や国内でも実績のある選手が多いということからみても、ここ最近ではかなり強力なチームになりそうだということでこの試合を期待して観たのですが、正直今回の試合に限って言えば期待はずれとしか言いようがない感じでした。

久保建英と堂安は別格だとは思いますが、やはり中盤はもちろん、CBあたりでボールを落ち着かせられる選手やパス回しのリズムを作る選手がいないと試合としてはこうなるのかなという感じです。さらに言えばワントップもですが。
もちろん田中碧や冨安がいなかったということもあるとはいえ、ここまでリズムが悪いのは結構問題かなと思ってしまいました。

ただ、今の段階で一度こういった負けを経験したというのはまだ良いとポジティブにとらえることも出来るとは思います。いい意味でも悪い意味でも強力なチームになりつつあるということでそういった意識が全体的に(メディア、ファン含め)出そうな感じがちょっと個人的にはしていたからです。一度ここで弱点を洗い出して修正するというのはとても大事だと思います。

はっきりしてきていることとしては、ボランチとワントップの人材なのかなとは一つ思います。上田と小川は良い選手ですし常に一定の力が出せるのであれば問題ありませんが今日のような状態だとやや厳しいです。本当にメダルを狙う(金メダル含め)場合、この2つのポジションにはオーバーエイジも検討するのが良いと改めて個人的には強く思いましたね。
例えば柴崎岳や大迫、吉田麻也、酒井宏樹らが考えられます。(クラブ次第ですが)あとはオーバーエイジではありませんが相馬勇紀も気になります。サイドバックの攻撃面強化として。
また、今の状況で本田圭佑(東京オリンピックを狙うと言っているので)は厳しいとは思いますが、ボランチとワントップは普通に出来るので、五輪時付近にコンディションが良すぎるのであれば検討の余地はあるかもしれません。

いずれにせよ、今回負けはしましたがかなり良いメンバーが揃っているのは確かです。ここまで揃っているのは最近ではたぶんあまりなく(結構前になりますが、シドニー五輪はかなりメンツが揃っていたが)、とても期待できるとはまだまだ全然思います。そのため、繰り返しにはなりますが、ここで一度完敗し弱点が比較的明確に出てきたのはポジティブにとらえてほしいとは思いました。