国際親善試合・日本対アルゼンチン(U24)

連続で代表関連のサッカー観戦が続いていて、こういった状況は久々な感じがしております。

日付変わって昨日ですが、U24の日本対アルゼンチンがありました。結果は0-1で敗戦でしたが、強化という意味では非常に良い試合だったと思いました。アルゼンチンも強化しないとということでかなりガチできていましたし、フィジカル的な面でも日本としては極めて良い経験になったはずです。ここにラウタロらも入ると思われるアルゼンチンはかなり強力なチームで、メダルを狙う日本としてはこの時期にその相手と試合が出来たからです。(五輪が予定通り開催されればというのはありますが、いずれにせよ選手にとってはとても良い経験にはなる)

例えば、三苫がこの試合では持ち味を出しきれないのはJリーグとは全然違うアルゼンチンの守備が原因であるのはおそらく間違いないですし、この体験から三苫は打開策を実行するはずなので経験値は積み重なります。もちろん、試合中にこの強度になれて修正してほしかったのですが、この試合ではほぼ何も出来なかったと見えました。(らしさの少しを魅せた部分はあるので打開してくるはずです)

また、やはりワントップやボランチはやや強度が足りないし、状況によってはここにOAを入れるだろうというのが現実的になってきたと思いました。個人的には大迫と柴崎岳だと思っておりましたが、遠藤航も良いかもしれません。

なお、個人的には旗手怜央はかなり面白い選手だと思いました。昨日は代表(五輪)でもサイドバックでしたが、無難にこなしていたし、技術が高い上にメンタルもタフそうです。身長は低めとはいえフィジカル的にもそこそこ優れていそうだしサイドバックとしてA代表でも計算できると思いました。

そして、相馬は途中から出場して流れを変えられるためメンバー入りは十分ありそうです。