久保建英・レンタルでも長めの期間も視野に入れても良いかもしれない

今シーズン、残りの試合で結果を残すこと&チームに貢献(残留など)することに集中することがまずは最も大事なことですが、来シーズンについてはある程度腰をすえてレンタル移籍しても良いのかなと個人的には思いはじめてきました。

もちろん、スペイン以外でも良いですし、スペイン内であっても1年以上、例えば2年とかそういった形も視野に入れても良いのかなと。2年間レンタルでも22歳であることを考えるとその選択肢もありだとは思います。途中で大活躍すれば違う道も出てくる可能性があるようなことはもちろん、やはり2年であれば1年目の起用もチームとして監督も前向きになるはずだと思われるからというのもあります。

やはり、行くとこ行くとこで最初の数試合起用され助っ人としてあまり結果を出せなかったり、守備面での課題が出てくるとスタメン起用が少なくなります。
守備面やフィジカルは久保の課題とはいえ、試合に継続的に出場すれば結果をだしてくると個人的には思います。それがやはり助っ人レンタル選手ということですぐに結果が必要になるわけですし、チームとしても今シーズンしかいない可能性が極めて高い選手であればあまり結果が期待出来なければ自チームの選手を起用するのはある意味当然の流れです。

これがメッシやクリロナ、ネイマール、またはイブラらであれば数試合で結果を出し、さらにゴールをかさねていきチームに貢献するだろうし、そこまでの要求はいまの久保には出来ないとしてもやはりチームの助けという意味では攻撃的選手なので数字が必要にはなってきます。

話がそれましたが、来シーズンもレンタルで修行となると恐らく1年になるのだろうと思われますが、個人的には繰り返しになりますがある程度腰を据えても良いのかなと上記の理由から思うようになってきました。マジョルカの後半戦のパフォーマンスを考えると、下手したらレアル・マドリーでプレー可能だとも思うほどでしたが、ビジャレアル、ヘタフェではあまり思うようにいっていないのはあきらかです。

ゴール数が足りない、アシストが足りない、守備が不安と言われてしまえばそれまでですが、やはりある程度腰を据えて戦えば久保であれば結果は出てくると個人的には思っています。

ただ、まずはヘタフェでチャンスをもらったら結果を出すことに全集中し、最終的にある程度の数字を残してチームも残留してほしいと思います。