ヴィッセル神戸の戦力が強力

最近は毎年のことではありますし、このブログでもちょいちょい書いてはおりますが、今季もヴィッセル神戸の戦力が結構やばいことになっています。アユブ・マシカは既にフィットしつつありますし、リンコンも鹿島アントラーズ戦に途中出場しました。この2人だけでもJの前線では極めて強力だと思うのですが、ここに古橋やドウグラス、郷家友太らもいるし、そもそも中盤やDFラインもかなり強力です。

ぱっと思いつくだけでも、イニエスタはもちろんのこと、サンペール、山口蛍、フェルマーレン、酒井高徳です。また、菊池流帆良いですし、さらには井上潮音、佐々木大樹もからんでくることでしょう。戦力的にはJリーグ屈指ではありますので、戦術がはまって勢いに乗れば爆発する可能性はありそうです。とくにリンコンは試合数を把握した上で15~20点は取りたい的なことを言っていたのでそれを実現してくるとしたら川崎に対抗するクラブとして興味深いことになるかもしれません。

個人的に気になるところとしては、毎年戦力は際立っているし昨年はACLでベスト4になるなど結果を出し始めているが、Jでは最終的にトップ争いは出来ていないという点や前線の戦力が多くうまく使いこなせるのだろうかと個人的には思うところがある点などですが、今年に関してはいよいよ上位進出するのではないでしょうか。リンコンが爆発すれば高い確率で上位進出するはずです。

今シーズンも川崎が強すぎるというのはありますので、リーグ優勝は難しいかもしれませんが、首位争いにからむことは十分に予想出来ます。実際現状も負けは少ない(引き分けが多いが)のでここから勝ち点3を増やしていければすぐに上位に入るとは個人的には思います。

いずれにしても、今季もヴィッセル神戸には注目したいです。繰り返しになりますが戦力はかなり熱いと思います。