久保建英・ここにきて助っ人として大きな仕事

久保建英がスーパーゴールを決め、ここにきて助っ人としての大きな仕事をしました。

大きな仕事と言うのはやはり残留を決める1点だったということで書きましたが、チームが苦しい状況の中、途中出場でゴールを決めて残留を決めたので、今シーズンは久保自身も非常に苦しんだもののかなり評価の出来る結果をここにきて出したと個人的には思いました。(今までうまく進んでいなかったとしても、レンタル選手がこういった試合で決定的な結果を出せば一気に評価は変わってくるという意味でも)

日本人選手かつ海外リーグの試合であの距離からあの位置に弾丸を決められる選手というのはあまりいないので、決定力が足りないと思っていた反面、やはりシュート技術はあるのだなと改めて思いました。もちろん、気持ちも入っていたことも合わさってのゴールだったとも思います。

次の試合も恐らくチャンスはあるかと思われるので、最後にもう1点とかアシストとかして今シーズンを終わらせてほしいですね。4月後半から5月頭までの起用方法、出場時間やチームの戦い方を考えると今シーズンはかなり厳しい(リーグでのゴール0など)状況で終わることも考えはじめていたので、今日の結果は率直にとても良かったです。大仕事をやってのけたということで終わりよければすべて良し的に考えることも出来なくもないし、いずれにしてもかなり評価が出来る結果を最後にだしてきたと思いました。とくにヘタフェファンからしたらまさにヒーローになったと言える歴史的な一撃だったと思います。