日本代表・ポジション争いは熾烈

現在の日本代表は今まで以上にポジション争いが熾烈だと感じます。

前線はもちろん、中盤からDFラインまで良い選手が揃っていてスタメン出場するのはかなり大変な状況かもしれません。

まず前線で言えば、先日のミャンマー戦は、大迫、鎌田大地、南野、伊東でしたがここには堂安律や久保建英、原口、三苫といった選手もおりますし、今回呼ばれていない選手もいます。久保建英や堂安といった若い期待の選手でも、客観的にみてスタメンで出場するのはかなり大変なことがわかります。もちろん、いま出ている選手も常に結果が必要で久保や堂安が来シーズンヨーロッパで大活躍すれば一気に変わる可能性もあるし、その他の状況も十分にあるでしょう。

また、ボランチも遠藤航と守田英正はかなり良いのは確かですが、やはり柴崎岳もいますし、橋本も結果を出しています。板倉もボランチも可能ですし大島や田中碧もいます。さらに言えばセンターバックは冨安と吉田が鉄板と思ってしまうとは言え、板倉はかなり良いです。サイドバックも酒井宏樹はもちろんですが、長友佑都もまだまだ全然戦力として計算出来るのでこの部分もポジション争いは熾烈だと思います。

こう考えると、日本代表のメンツというのはかなり強力になりつつあると改めて思った次第です。もちろん、ここからW杯で上位に入るのはまた別の話ではあるのですが、戦力がかなり充実しているのは大きいです。
今後代表のスタメンがどのようになっていくのか、とくに久保や堂安の大成長はあるのか、もし来シーズン以降大活躍となればまた前線はどのようになっていくのかという点に関してもかなり興味深いところです。