この調子で上まで行って欲しい・五輪サッカー

グループリーグが終わり、日本は3戦全勝で突破となりました。確かに今のU24はかなり強めでグループリーグ突破は大丈夫と思っていたは言え、ここまでハラハラ感も少なく順調にいくとは思っていなかったので多少想定外ではあります。やはりフランス、メキシコがいたからです。

そのフランス戦ですが、フランスのやる気がどうなっていたのかは伝わらず不思議な感じでしたが、それでも4-0というのは大きく、酒井宏樹はカードを貰ってしまいましたが、途中で選手を入れ替えたり出来ましたし、ほぼ完璧な流れで終わらせることが出来たかと思います。

個人的には上田綺世と旗手怜央がとても良かったと思いました。久保建英のゴールの前の上田綺世のシュートですが、あの角度から逆サイドに向けてシュートをしており、FWとしてかなりパワーアップしているなと改めて感じました。1本パスミスはありましたが、久々に出場して良いパフォーマンスだったので決勝トーナメントは期待出来そうです。

また、旗手怜央は1戦目のパフォーマンスからこの大会はそこまで出場がないかもしれないと思ったのですが、中盤での昨日の動きはとても良く、この調子なら普通にスタメンもありそうです。

元々静岡学園ですし、フロンターレなので技術レベルは高いですし、その上フィジカルも強くバランスが良いです。昨日は非常に良かったと思います。

こうなると、旗手怜央も問題なく起用可能なのでトーナメントにおいての戦力も維持できるし、日本の総力は高いと思いました。

心配していた冨安も復帰したし、酒井宏樹は次は出られませんが、橋岡も試すことが出来たので良い感じです。

準々決勝もニュージーランドになったので気を抜かなければ準決勝までは普通にいけそうですがまずはその試合をしっかり勝ち、準決勝からはいよいよメダル争いになるのでこの調子で本当に上まで行って欲しいと強く思います。