苦戦したがあと2つ・五輪男子サッカー

昨日のニュージーランド戦はPKまでもつれこむ大苦戦でしたが、勝ちは勝ちでいよいよメダル争いに食い込んできました。
あと2つ勝てば金メダル、とにかく一つ勝てばメダルではあるのですが、ここまできたらやはり目標の金を徹底的に目指してほしいです。このようなチャンスはあまりなく、今回は準決勝がスペイン、決勝がブラジルかメキシコとはいえあと2つというところまできているので何とかものにしてほしいと強く思います。

昨日の試合では大苦戦し、延長を戦った上でのPKということ(疲労)や、冨安が出場停止になるなどネガティブな点もあるのですが、酒井宏樹が復活するはずですし、板倉もいるのでそこまで崩れないはずです。遠藤や田中がカードを貰わなかったのも大きいでしょう。

あとは恐らく、スペイン戦では上田をスタメン起用する可能性もあると思いますが、そろそろゴールを期待したいです。

いずれにしても、次のスペイン戦は昨日より苦戦するのは間違いなく、また、テストマッチを見てもわかるように日本よりレベルが上です。しかし、圧倒的すぎる絶望的な差があるわけでもなく、勝つ可能性は十分あるとは思います。恐らく緊迫した試合になり、ギリギリの1点差勝負、または延長、さらにPKもありえると思われます。

個人的にははどこかで三笘を起用し勝負に出ても良いのかなとも思いますが、左サイドは相馬か旗手をスタートで起用し、途中からという方向になるかもしれません。ただ、ニュージーランド戦でそこまでの働きはなかったとはいえ、瞬間的な輝き、独特なタイミングはやはりありましたし、決定力もあるので個人的には三笘には期待したいところです。

なお、昨日の試合では意外にも日本のメンタル面の強さを感じこのU24の選手も逞しいなと思い始めてきました。