日本、集中して守ったが延長で失点し敗退・五輪男子サッカー

やはり予想通り緊迫した試合となり、さらに延長までもつれ込む展開となりましたが、最後失点してしまい準決勝敗退となりました。

失点するまで一時的に日本のチャンスが続いていたりしたので、ひょっとするとという思いもあったり、PKまでもつれこめば勝てる可能性もまだあると心では思っておりましたのでやはりあの失点は観てるほうもダメージが大きかったです。

ただ、やはりスペインとのクオリティの差はかなりあり、普通に負けたという展開ではありました。回させているというよりボールが取れないという感じだし、あのスペインに対して前線が林の1枚(交代でも上田の1枚)ということになっていたのでスペインもやりやすかった可能性もありそうです。

しかし、それでもいくつかのチャンスはありました。まず林大地は1点は決めて欲しかったし、久保建英もあと1本はブロックされずに枠に飛ばして欲しかった(久保の能力なら十分可能)し、前田大然も決定的チャンスがありました。もちろんスペインはそれ以上にチャンスがありましたが、日本の守備陣は非常に集中していてGK谷も素晴らしい状態だったので大量失点はしない感じでしたので日本が1点取ることができればというのはありました。

そして、延長に入る前の後半試合終了前に堂安がテクニックとフィジカルで独走っぽくなり、たぶん上田綺世だと思いますが、裏を狙っており、そこに出せば可能性がありましたが、明らかに意図的なファールで止められてしまい、その後すぐに試合が終了しましたが、あそこも無理やりパスを出していればと結果論では思ったりします。※もちろん、審判もあとワンプレーくれても個人的には良かったと思いますが。

また、延長に入って堂安を交代させましたが、これも結果論ですがそのまま起用してほしいところでした。久保建英はこの試合も強力な攻撃力を示しましたが、やはりかなり疲労が見えていたので交代は仕方ないかもですが、堂安をそのまま起用していた方がチャンスも作れたはずです。(※追記:なにかの記事によると堂安の体は限界だったようです。代わって正解だったと言っていたような記事を見ました。)

さらに言えば、前田大然をもっと前線で起用して欲しいとも思いました。上田がいたのでワントップではなかったのかもしれませんが、2トップ気味にしても良かったとも思いました。スペインもさすがに疲れていたので前田のスピードは確実に嫌だったはずなので。

ということで、最後はやはりくやしさからかネガティブな文章になりましたが、それでも率直な思いとしては選手はよく戦ったと感じましたし、気持ちも伝わりました。

ここからメンタルをすぐ立て直してメキシコ戦に向かうのは大変むずかしいと思います。もちろん疲労もかなり蓄積されていると思いますし。

しかし、あと一試合、また、オリンピックなので勝てば銅メダルを獲得出来るのでやはりここは何とかふんばって最後もう一度勝ってほしいと思います。

田中碧は非常に素晴らしい選手ですが、さすがに疲労がマックスだと思われますので、ボランチに板倉滉の起用はありだと思います。あとは思い切って三笘をどこかの時間で起用というのも見てみたい気はします。