日本代表の前線のポジション争いはかなり熾烈になりつつある

最終予選(オマーン、中国戦)のメンバーが発表されましたが、率直に言って前線のメンツがかなり揃っていてポジション争いはかなりレベルが高いと思います。
もちろん、最終予選ですので、日本が勝ち進んでワールドカップ出場がまずは最も大事なので誰が出ていても勝てば良いのですが、どのような布陣になっていくのかは興味深いところです。普通のメンバーであれば、大迫、左から南野、鎌田、伊東という感じではあるのですが、久保建英、堂安、古橋亨梧も起用したいからです。
伊東を左にして久保を右に起用するのも考えられますし、鎌田を左気味にして堂安と久保を同時起用というのもやり方次第では可能でしょう。また、古橋亨梧のワントップはなさそうかもしれませんが、個人的にはありだと思っており、その場合大迫が外れる可能性もあるかもしれません。あとは南野も調子は良さそうですが試合に出場していないので久保や古橋、堂安の調子次第では絶対スタメンといえるかはわかりません。もちろんリヴァプールでポジションをつかむほどの高難易度ではありませんが、現在の日本代表の前線も上記の通りかなりメンツが揃っていてそれぞれに特長があるので安泰というのはあまりなさそうです。

個人的な考えで言えば、久保建英と古橋亨梧はスタメンで良いと思っています。伊東はジョーカーまたは左も可能だと思うし、鎌田は両サイド&トップ下全部可能だと思われるのでその組み合わせも試してほしいとは思います。

ただ、最終予選であり、絶対的に落とせないゲームしかないので、ある程度安定したスタメンを組んでくるのだろうとは思いますので最初はいつも通りなのかなと予想されます。

繰り返しになりますが、特に前線はかなりの強力なメンツが揃っていると言ってもよく、ベンチから途中出場を含めて中々頼もしい布陣になりそうですが、森保監督がどのような采配をするかはやはり興味深いところです。